Danさんの映画レビュー・感想・評価

Dan

Dan

映画(12)
ドラマ(0)

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

4.2

あらすじだけ見ると「仕立て屋の主人公が一人の女に堕ちるまで」ぐらいの解釈しか出来ないが、実際に観るとそのあらすじを超えた細かい心理描写があり見応え十分。なんと言ってもラストシーンで全ての場面が伏線だっ>>続きを読む

パティ・ケイク$(2017年製作の映画)

3.5

ラ・ラ・ランドのヒップホップ版だと考えるとよい。
ストーリーは極めて単純でラストシーンも丁度いい感じに収まる。
とりあえず、とにかく無難な映画。
おばあちゃんがかっこいい!

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

1.5

社会風刺でシニカルな笑いを誘うと聞いていたが、実際それほどでもなかった気がするし、その表現の仕方も単純で荒っぽさがある。
なによりも主人公に共感する余地がない。彼が美術館のキュレーターである理由が何一
>>続きを読む

アラバマ物語(1962年製作の映画)

3.0

映画公開時はアメリカで公民権運動が盛り上がっていた時期なので、そういった世相を反映した映画だとした上で観るとよい。
この映画における「平等」とは「法の下の平等」であり、決して法を超越したものではない。
>>続きを読む

地獄の黙示録(1979年製作の映画)

4.0

戦争において「正義」は存在しないということを見せつけられるような映画だった。
我々のような若い世代にとってはベトナム戦争は遠い存在になっているので、この映画を通して知るリアルは多かったように感じる。(
>>続きを読む

戦場のメリークリスマス(1983年製作の映画)

4.5

坂本龍一のピアノ曲から映画の存在を知ったが、この映画を観たことであの曲が名作たらしめんとする理由の一端を知ることが出来た気がする。
日本の戦争映画の中では少し特殊な内容を扱っている。戦争映画と言うより
>>続きを読む

希望のかなた(2017年製作の映画)

3.5

確かに難民をテーマにした映画は素晴らしかったし日本ではあまり紹介されない難民申請の話も取り上げられ新鮮だったが、結局映画の中で何を伝えたかったのか理解しかねた。
それに、正直ムダな描写が多かった。その
>>続きを読む

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

3.0

正直、期待したほどではなかった。
コナンの映画であそこまで内容を複雑にする必要があったのか疑問があるし、ラストシーンは不必要だったようにも感じる。
確かに最初の爆破シーンの爆音は物凄かったしカーチェイ
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.0

恋愛映画の鉄板ネタとミュージカルを合わせたような感じ。それもただ闇雲に合わせたのではなく、相当練り込まれていたと感じる。
ネタや描写の古さは意図的なものなのだろう。アカデミー賞の偉業はほぼ必然だったに
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.5

スピルバーグ監督の才能が輝く渾身の一作。
迫力のアクションシーンから恋愛、社会風刺、メッセージ性までまるで「この世の映画の全て」を観ているかのような感覚になった。
カメオ出演するキャラクターたちやオマ
>>続きを読む

花筐/HANAGATAMI(2017年製作の映画)

5.0

この映画を一言で表すとしたら、「嵐の前の静けさ」そのもの。
戦争直前の不穏な空気を不気味なほど鮮やかに描いている。
これほど生々しい戦争映画があるだろうか。
そして美しい唐津の風景と優雅な音楽がこの不
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

4.5

「デモ」とは何かについて第三者の視点から見届けるというスタイルがとても斬新。
映画雑誌の評論にあるように、前半と後半で話の雰囲気がまるで違う。
本来であれば映画にテーマの一貫性がないと指摘されるのかも
>>続きを読む