kaitoさんの映画レビュー・感想・評価

kaito

kaito

大学生、おとこ。Timothée Chalametを崇拝しています。Disney,Pixarがすき。ホラーが苦手、こわいとかじゃなくて。ベストムービー2018

映画(283)
ドラマ(2)

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年製作の映画)

4.4

いやー映画好きにはたまらないんじゃないのこの映画。2015年アカデミー作品賞に選ばれるだけあるよ。すごく興味深い作品。

「バードマン 無知がもたらす予期せぬ奇跡」タイトル長っ!これこの映画に対する第
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.0

ファンタビ 途中からネタバレあり
最初に褒めたいのがジョニーデップ。一目でジョニーデップだとわかったとしても彼は役の陰に隠れるのが上手い。つまり、演技が上手。改めてジョニーデップすごいなと思った。ニュ
>>続きを読む

レスラー(2008年製作の映画)

3.9

パッケージからスポ根ものかと思っていたがこれはある一人のヒューマンドラマだ。

わりとセッション的なものを期待してたけど、これはプロレスラーのプロレスにフォーカスを当ててるわけではない。セッションはと
>>続きを読む

アナイアレイション -全滅領域-(2017年製作の映画)

4.0

途中ネタバレ

アナイアレイション観ました。SFって本来こういうものだと思ってます。「人間」をテーマに作品を作るものだと思ってます。ex.メッセージ
世界観がすごく好きでした。ビジュアルはすごく美し
>>続きを読む

悪魔を見た(2010年製作の映画)

3.4

悪魔を見た で悪魔を見ました。婚約者を殺されことでその犯人に復讐をしていく話。これ韓国映画初挑戦の弟に見せてしまった笑 ごめんよ、弟。

ニーチェだっけ、はいこの映画ニーチェです。悪魔を倒す当本人まで
>>続きを読む

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

4.6

途中からこの映画の考察・ネタバレ
冒頭は映画の表面的な話をしてます。


久しぶりに劇場で素晴らしい映画を観ました。「A ghost story」です!いつも観ている映画館では公開してなかったので他の
>>続きを読む

パンズ・ラビリンス(2006年製作の映画)

3.7

ネタバレなし
今年公開のギレルモ・デルトロの作品そしてアカデミー作品賞を受賞した「シェイプオブウォーター」(多分2018年ベストテンに入る)を観て、彼の世界観が好きになった。デルトロはおとぎ話のような
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.9

I decide who I am.
俺が生まれた時にはフレディーは死んでいて、音楽だけ知ってる状態、そして彼はこの世界で偉大であり伝説を残したことを知ってる。
映画の感想・すごくよかった、そして最後
>>続きを読む

プレステージ(2006年製作の映画)

4.7

ー若者は何かに取り憑かれるー
クリストファーノーラン監督作品「プレステージ」を観ました。ここ最近面白い洋画に出会えていなかったので韓国映画にシフト気味だったのですが、プレステージに出会えて心から良かっ
>>続きを読む

グエムル -漢江の怪物-(2006年製作の映画)

3.0

環境汚染を盛大に皮肉った映画。
「グエムル」ポンジュノ作品だけどこれだけまじで避けてきた映画。パッケージのインパクトはすごいし、なんだか気持ち悪いし観てていい心地はしないだろうと思ってた。想像してたよ
>>続きを読む

オクジャ okja(2017年製作の映画)

3.4

「オクジャ」ネタバレなし短文感想
ついについにだ!Netflix加入!!
ってことでずっとずっと観たかったポンジュノ監督作品「オクジャ」を鑑賞。
ポンジュノ監督は色々なトーン、雰囲気を1つの映画にまと
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

2.6

映画の感想(ネタバレあり)に入る前に、映画鑑賞マナーとそれについて自分が思うことを話させてください。(フィルマークスユーザーにはいないだろうけど。いないと信じたい)

映画上映前にもある通り、鑑賞マナ
>>続きを読む

母なる証明(2009年製作の映画)

3.9

「母なる証明」途中からネタバレあり
今作もポンジュノワールド炸裂。ポンジュノのイメージは、シリアスなシーンもあればその中にユーモアも取り入れてくるそんなイメージがある。

今作は、嫌いな作品。でも素晴
>>続きを読む

1987、ある闘いの真実(2017年製作の映画)

3.5

1987、ある闘いの真実
学園祭準備とかなんたらで学校がなかったため、新宿シネマートまで行ってきた。シアターは昔っぽく古臭さがまたよくて、年配の方々の中にまじって1人でポツンと座って観てきた。映画の
>>続きを読む

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

4.2

スティーブンチョボスキー2作目。チョボスキーのイメージは何かとハートウォーミングな作品を作るイメージ。今年観た「ワンダー 君は太陽」はすごく観てて心地いい作品だったし、何より天才子役ジェイコブトレンブ>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

5.0

デイミアンチャゼルは天才だと確信した。
この映画、ぶっちゃけ二回目です。高校二年生の頃かな、お父さんが観てるのを横目にチラチラ観ていたくらいなんだけどしっかり観ようと思い鑑賞。
結論から言ってオールタ
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

3.6

ノクターナルアニマルズ
全体的に美しい作品かつ深い。官能的ですごく居心地の悪い作品。主演はエイミーアダムスとジェイクギレンホール、この2人は俺の好きな役者。エイミーアダムスは、メッセージで素晴らしい演
>>続きを読む

ショーン・オブ・ザ・デッド(2004年製作の映画)

4.1

LEOさんが映画好きのための場を設けて下さり、今日はその集まりに行ってきました!その際に観たのがショーンオブザデッド!レビューします!


ネタバレあり!

ゾンビものって誰でも作れたり、題材が題材
>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

2.9

最近大学やら勉強やらバイトやらと多忙な毎日を送っていてなかなか映画を観ることができないなか、これは観たい。と奮起させてくれた映画がバッドジーニアス。そう、タイの映画に初挑戦。あらすじは簡単に、解答をカ>>続きを読む

チェイサー(2008年製作の映画)

4.2

殺人鬼、そしてサイコパスはこうでなくてはと思わせてくれた「チェイサー」
大学終わって109シネマで何か観ようと思って立ち寄ってみたものの自分が観たいジャンルがなくて、Amazonプライムでチェイサーを
>>続きを読む

インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌(2013年製作の映画)

3.7

カラーの白黒映画って感じだなって思った。
「インサイドルーウィンデイヴィス」
相変わらずコーエン兄弟のさりげないカットや演出が好きなんだよなあ。雪の上を歩いた後、ダイナーのシーン。靴の裏から水が滴る感
>>続きを読む

アイアン・ジャイアント(1999年製作の映画)

4.2

子供も大人も楽しめるアニメ映画。
アイアンジャイアント ブラッドバード監督
はミスターインクレディブルの監督として有名だが、今作「アイアンジャイアント」はレディプレイヤー1の影響を受けて鑑賞することに
>>続きを読む

ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります(2014年製作の映画)

4.0

こういった映画がステキな映画であると思う。
「ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります」
主演は僕の大好きなモーガン・フリーマン。本当にいい役者だよね、まあ周知の事実だわ。映画自体、ある夫婦の何気ない日常
>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

1.7

サメ映画レビュー
たくさんサメ映画を観てきたわけではないが、好きなサメ映画はもちろんある。「シャークネード」だ!シャークネードはエンタメに精をつくし映像などの技術面をそこでカバーしてる。
今日観たのは
>>続きを読む

ダンボ(1941年製作の映画)

3.4

レビューがおくれてしまったあああ。
ディズニー映画「ダンボ」です!昔の作品にも手を出してみようと思いディズニー映画には着々と鑑賞しているといった感じです。さてダンボ。普通によかったです。自分の目の前か
>>続きを読む

GANTZ(2010年製作の映画)

2.4

GANTZ
二宮和也松山ケンイチコンビです。原作は見ていないが、映画を観ることに…。ただただ普通に楽しめる映画だとは思う。服のデザインもいいし、世界観は嫌いじゃない。ただもうひと押しふた押しくらい足り
>>続きを読む

ドニー・ダーコ(2001年製作の映画)

2.7

この映画を観て感じたことは、好き嫌いがかなり分かれそうな作品であるということ。そして俺は好きになれなかった。ジェイクギレンホールは役者の中でも五本の指に入るほど好きな役者だったが、この映画の中ではイマ>>続きを読む

メーターの東京レース(2008年製作の映画)

3.2

単純で意外と面白いんだよねカーズのショートムービーって!

her/世界でひとつの彼女(2013年製作の映画)

3.9

Amazonプライムも結構名作が多くてですね、「her」を鑑賞。いいラブロマンス映画だね。映像、音楽がかなり好みで。主役ホアキンフェニックスの演技がほんとに最高だった。映画の中の細かい演出もその人の人>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

3.3

ニノ吉高ペアよく見る気がする。久しぶりの邦画鑑賞!度々映画館に行っては気になる予告編でねえ、観たくなる気持ちを高めてくれる映画「検察側の罪人」。
こういった重くてシリアスなトーンで進んでいく映画の方が
>>続きを読む

50/50 フィフティ・フィフティ(2011年製作の映画)

3.7

純粋にいい映画。タバコも酒もやらない俺がガンに!?があらすじ。親友がいいねえ。ガンと闘病する前と接し方も変えず、でも裏では色々やっていてくれてて。
主人公と親友2人は役者がピッタリはまっていた気がする
>>続きを読む

Mommy/マミー(2014年製作の映画)

4.7

母親はいつまでたっても母親だ。
filmarks始めて以来ずっと気になっていた映画パッケージ、タイトル「mommy」。
結論から言って良かった。スクリーンの比が一般的な映画と比べると独特で、正直最初は
>>続きを読む

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

4.0

「セブン」「ファイトクラブ」「パニックルーム」そしてフィンチャー映画4本目「ゴーン・ガール」。これでフィンチャーは好きな映画監督となった。「パニックルーム」は微妙だけど、ほか三本はどれも好き。

「ゴ
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

4.9

初ドゥニヴィルヌーヴ映画。多分、この監督好き。自信を持って言える。今日観た映画「メッセージ」。
どう言葉にしたらいいんだこの興奮。
SF映画っていう枠で括っちゃいけない映画だよこれ。もう人類とかヒュー
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

4.5

記念すべきmark250本目「ムーンライト」
なんて美しい映画パッケージなんだ…

ムーンライト鑑賞。こんなにも演技力・演出でせめてきた映画は初めて。1つの1つの発言もかなり重みがあったんだけど、行動
>>続きを読む

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

4.4

差別だらけの世界でもがいて生きる人たちへ
「チョコレートドーナツ」(原題 any day now)を鑑賞。とても素晴らしい映画を観ました。あらすじを簡単に言って仕舞えばゲイのカップルがダウン症の子供の
>>続きを読む

>|