Ayuさんの映画レビュー・感想・評価

Ayu

Ayu

映画(1234)
ドラマ(1)

82年生まれ、キム・ジヨン(2019年製作の映画)

3.5

原作未読、cocoさんのオンライン試写会にて鑑賞。予告とFilmarksのあらすじで読んで挑んだけど見事に号泣。

私は87年生まれだし結婚はしているけどまだ子どもはいない。なので妻であり母であるジヨ
>>続きを読む

セックス・アンド・ザ・シティ(2008年製作の映画)

4.5

ドラマ3周くらいして映画も劇場で3回は観てるのにレビュー書いてなかった系(なので鑑賞日は初回鑑賞日)Netflixで1時間残して配信終了したのでアマプラで残りを鑑賞。久しぶりに観たことで熱が再燃し、ア>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.0

祭りには初日から乗るスタイルなのでネタバレ食らう前になるべく情報を遮断してレイトショーで鑑賞。やっぱりノーランはIMAX用のフィルムで撮ってるんだから観るならIMAXだよねと思い近所のIMAXレーザー>>続きを読む

ミッドウェイ(2019年製作の映画)

2.0

戦争映画は個人的には好きなジャンルだし、第二次世界大戦というか太平洋戦争はハワイに幼少期住んでいたこともあってどちらかと言えば身近な存在だと思っている(真珠湾には社会見学とか遠足で数回行くし、クラスの>>続きを読む

娼年(2018年製作の映画)

1.5

珍しく原作既読、初期の石田衣良は一通り読んでいたけどこの作品は「おじさんが書いた自己満足的な官能小説」という感想しか持てなかった記憶。月日は流れあれよあれよという間に舞台化、映画化が進み賛否両論(私の>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

3.0

1年前の9月はジェイク・ギレンホールとトム・スターリッジの舞台を観にニューヨークまで一人旅に行った記念(最高の舞台で号泣したし、出待ちしてもらったサインとセルフィーは家宝)にジェイク強化期間としてNe>>続きを読む

行き止まりの世界に生まれて(2018年製作の映画)

3.5

同スクリーン同じ席3本マラソンのラストはこちら。オバマ元大統領の2018年の「年間ベストムービー」リスト入りしたのもあり、かなり期待していた今作。

まず最初に、今作はハッピーエンドでも、誰かが大成功
>>続きを読む

グッバイ、リチャード!(2018年製作の映画)

2.0

同スクリーン同じ席3本マラソン2本目はこちら。ジョニー・デップの久々現代人役ということで若干期待していたけど(昨日のキーラ・ナイトレイと同じくだいたいファンタジーか時代劇か人間じゃない何かを演じている>>続きを読む

幸せへのまわり道(2019年製作の映画)

3.5

本日は観たい映画3本マラソン(しかも休憩時間が効率良いスケジュールを組んだ結果全部同じスクリーンだったので全部同じ席で観た)1本目はスルーしようかと思ってたけど評判が良かったので(あとアカデミー賞のオ>>続きを読む

Reframe THEATER EXPERIENCE with you(2020年製作の映画)

3.5

本日の映画2本目は旦那さんと出会うきっかけになったPerfume(ライブでたまたまタクシー相乗りした赤の他人のお兄さんに後日紹介してもらったのが旦那さん)への感謝の気持ちも込めて鑑賞。私たちがどれくら>>続きを読む

オフィシャル・シークレット(2018年製作の映画)

3.5

私はJ-WAVEの午前中のヘビーリスナーなのですが(在宅勤務になってからほぼ毎日勤務時間は会議中以外は聞いてる)LiLiCoさんの番組でメッセージを読まれペアのムビチケが当たったので予告を見て興味を持>>続きを読む

アルゴ(2012年製作の映画)

3.5

観たはずだけど覚えてなかったシリーズをNetflixにてまたもや配信終了ギリギリに鑑賞(あと1時間で終わる)2013年のアカデミー賞3部門獲った本作、たぶん劇場で観たはずなんだけど記録がないな。この前>>続きを読む

真夏の夜のジャズ 4K(1959年製作の映画)

3.0

一応中高吹奏楽部でトロンボーンを吹いており、ジャズバンドにも入っていたのですが(というか人数が少ないので金管は強制的に入らされる)全然上手くならないまま、詳しくならないまま辞めてしまったので今は楽譜も>>続きを読む

クレイジー・フォー・マウンテン(2017年製作の映画)

2.0

Netflixの毎月の月末大量配信終了に入っていたのでなんとなく気になっていた今作を鑑賞、比較的短いしドキュメンタリー映画は好きな方なので微妙に期待していたけど可もなく不可もなくという感じ。ちなみに登>>続きを読む

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019年製作の映画)

4.5

日本公開を心待ちにしていた本作、案の定最高な出来で今年ベスト10入りは確定!優勝!(もしかしたらベスト5暫定かも)日曜日のレイトショーで観るにはぴったりの軽さなのに凝縮された旨味のような素敵なストーリ>>続きを読む

セントラル・インテリジェンス(2016年製作の映画)

2.0

どうもなんか最近日々集中力が散漫でもやもやするので、軽いコメディーでも観てケラケラ笑ってすっきりしたくてNetflixで配信終了間際に鑑賞。

ロック様ことドウェイン・ジョンソンとケヴィン・ハートのバ
>>続きを読む

窮鼠はチーズの夢を見る(2020年製作の映画)

3.5

原作漫画は未読。元エイターとして(担当は違えど)キャストとあらすじ発表から個人的にざわついていた今作、試写会に当選したので昨日に引き続き会場での試写会に参加(やっぱり大きなスクリーンで観られるのは嬉し>>続きを読む

ようこそ映画音響の世界へ(2019年製作の映画)

4.0

お仕事系ドキュメンタリーが大好きでよく観るので日本公開決定が決まった瞬間からとっても楽しみにしていた本作。SNSレビュアー限定試写会が当たったので久しぶりに外での試写会に参加。期待していたので対になり>>続きを読む

(2020年製作の映画)

2.0

菅田将暉を人質に取られたのと備考の出来を見届けるために鑑賞。どうも薄々私はひょっとして瀬々敬久監督が苦手なのかも疑惑があったのですがそれが確信に変わった今作、演者は頑張ってるんだけど監督と相性が悪いね>>続きを読む

2分の1の魔法(2020年製作の映画)

2.5

今週来週は観たい映画大渋滞なので珍しく近場で字幕版(アナ雪ですら全て吹き替え版上映だった劇場なのに…しかもレイトショー!嬉しい!)が上映だったので仕事をやっつけて初日に鑑賞。期待値が高かったからか満足>>続きを読む

ファヒム パリが見た奇跡(2019年製作の映画)

3.0

実話ベースの子どもが頑張る映画が大好きなお母さんに見せたくて有休取ってランチ食べてからの鑑賞、結果公開規模の小ささがもったいないくらいのとても素敵な作品だった(比較的移民・難民問題についてもジレンマな>>続きを読む

アルプススタンドのはしの方(2020年製作の映画)

4.0

Filmarksで評判が良かったのとポスターの青さがとても印象的だったので、今年は夏の甲子園もないし野球観戦もいつもみたいに行けないし、と言うことで疑似体験だけでもと思い鑑賞。予告編も予備知識も入れな>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.0

Netflixで明日配信終了だったので慌てて鑑賞。1人だと怖そうだったので旦那さんをほぼ半強制的に付き合わせたのを観終わったあとちょっと申し訳なく思ってしまったくらいの衝撃、これ劇場で観てたらちょっと>>続きを読む

ハニーボーイ(2019年製作の映画)

2.5

Filmarksさんのオンライン試写会で期限ギリギリに鑑賞(視聴期限15分前とかに観終わった、間に合わないかもと思ってドキドキしながら観ていた)『ワンダー 君は太陽』からノア・ジュプくんの最早ファンな>>続きを読む

コンフィデンスマンJP プリンセス編(2020年製作の映画)

4.0

ドラマも前作も全部観て好きなシリーズの一つでもあり、今作もとても楽しみにしていた一作。絶対大きなスクリーンで観たくて初週のレイトショーで鑑賞。

今回は前作のロマンス編と比べてわかりやすい仕掛けやトリ
>>続きを読む

劇場(2020年製作の映画)

2.5

『火花』に引き続き原作未読。招待券をペアで頂き、アマプラでも観れるけどせっかくだから映画館で観るかと思い旦那さんを連れて2人で鑑賞。前評判は賛否両論だったのと山崎賢人の関西弁がやばいという情報だけ頭に>>続きを読む

はちどり(2018年製作の映画)

2.5

前評判が良かったので鑑賞を決めた今作、特にあらすじも読まずにFilmarksのレビューを読んだのみ。結果私はあまりハマらなかったかな、と言うのが素直な感想になってしまう。

2018年製作の作品だけど
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2017年製作の映画)

4.0

今日は気分が乗っていったので寝る前にもう一本、前評判とレビュー評価がとても良くて気になっていたものの、劇場公開を見逃しリバイバル上映を見逃し、Netflixのマイリストに眠っていたのを発掘して鑑賞。>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

3.5

我が家の父はVシネマニアなのですが(高倉健さんが好き)そんな父がレンタル後すぐ観て「まあまあだったな」と褒めてるんだか貶してるんだかわからない感想を言っていたのでNetflixで配信開始になったのを狙>>続きを読む

エジソンズ・ゲーム(2019年製作の映画)

2.0

公開延期になって無事公開したものの、ずるずると観るタイミングを失っていてこのまま観ないまま終わるのかと思ったけどなんとか仕事終わりのレイトショーにて滑り込み鑑賞。公開前から邦題がひどいと思ってたんだけ>>続きを読む

ヘアスプレー(2007年製作の映画)

4.0

Netflixで復活していたのでなんか天気も気持ちもモヤモヤしてるしパーッとしたくて鑑賞。実家にDVDがあるはずだけど家族の所有物なので持ち出せず、久しぶりに観たけどいつ観てもハッピー系ミュージカルの>>続きを読む

WAVES/ウェイブス(2019年製作の映画)

2.0

予告編以外の情報を一切入れずに映画館へ一直線だった今作。今作、観終わったあと思うのは綺麗に予告編作ったなという印象、肝心な本筋は観るまでまったくわからないと言うトラップを生むと思うけどお客さんを惹きつ>>続きを読む

SKIN/スキン(2019年製作の映画)

3.5

比較的ジェイミー・ベルの出演作品は観ていると思う(『ジャンパー』と『スノーピアサー』の時の役が好き、もちろん『ロケットマン』も)ので今作はイギリス人のジェイミーがアメリカ人のレイシスト役(しかも顔面が>>続きを読む

SKIN 短編(2018年製作の映画)

4.0

長編の前の上映にて鑑賞。YouTube?で事前に観られるのは知っていたけどスクリーンで観たかったので短編付き上映まで待っていたのでした。

さすがアカデミー賞短編映画作品賞も納得のクオリティー。終わり
>>続きを読む

レイニーデイ・イン・ニューヨーク(2019年製作の映画)

3.0

私はティモシー・シャラメと菅田将暉の出る映画はなるべくスクリーンで観ると決めているので今作は世界的に結構騒動になったし(何故か日本ではスルー)ティモシーは今作を撮ったあとにギャラを寄付しているし(ええ>>続きを読む

ぶあいそうな手紙(2019年製作の映画)

2.5

シネマカフェさんのオンライン試写会にて鑑賞。最近英語圏以外のミニシアター系作品をあまり観ていないなと思ったのと、ブラジル映画ってほぼ観ない(と言うか日本公開が少ない?)のでポスタービジュアルも可愛かっ>>続きを読む

>|