Ayuさんの映画レビュー・感想・評価

Ayu

Ayu

名探偵コナン 緋色の弾丸(2021年製作の映画)

3.0

今回も破壊の神となったコナンですが終盤のスパイダーマンみたいなシーンからの展開がめちゃくちゃ過ぎてリアリティが一切なく最高、破壊のギアが入るまでと犯人がわかってからの展開がちょっと長かった以外は概ね満>>続きを読む

ゴジラvsコング(2021年製作の映画)

3.0

お祭り怪獣アクション大作としてはしっかり合格点だけど前作KotMに引き続き人間ドラマパートの脚本がめちゃくちゃ弱い、特に小栗旬の扱いは不憫に感じるほどでもったいなかった、思わぬキャラたちの登場やフルC>>続きを読む

プロミシング・ヤング・ウーマン(2020年製作の映画)

4.0

もう途中から見ていて辛くて辛くて最後ちょっと悲しくて泣いちゃったし、キャリー・マリガンの演技と演出とサントラが素晴らしくて出来が良さすぎて逆にもうなんかめちゃくちゃ辛い、誰一人幸せにならなくてライアン>>続きを読む

竜とそばかすの姫(2021年製作の映画)

3.0

細田守カラーが薄めだったせいかアニメーションのCG具合も進化しており思ったより良かった、歳を取ったのか全力で青春されると涙腺に来てしまう不思議、成田凌の忍くんが登場シーンから最後の瞬間まで美味しい役過>>続きを読む

フリー・ガイ(2021年製作の映画)

3.0

キャラ設定からストーリー展開まで何もかも王道過ぎて安心して観られる115分、現実世界とゲームの世界の行き来のひねりのうまさがしっかり効いていて最後まで飽きないし、途中のカメオと小ネタが最高でテンション>>続きを読む

ワイルド・スピード/ジェットブレイク(2020年製作の映画)

3.5

相変わらず破壊の神のごとく何もかもが壊れ吹き飛び非常に景気が良くストレス発散に向いているシリーズ、男も女も皆平等に強いのがより良いし個人的にミアが大活躍で嬉しい、ヘレン・ミレン様の華麗なカーアクション>>続きを読む

サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)(2021年製作の映画)

3.5

1969年ブラックミュージックのオールスター揃い踏み、中盤のゴスペルにウルっと来つつも終盤のニーナ・シモンの迫力に圧倒されるなど、過去と現在の映像の行き来のバランスが上手く117分と少し長いけど歴史を>>続きを読む

ドライブ・マイ・カー(2021年製作の映画)

3.5

全人類が大好きなタイプの岡田将生のスタイリングです白パーカー最強、ビジュアルが画面に映っている間常に最高で役柄も程よく下衆で非常に良いです、179分みっちり内容詰まっていて中盤村上春樹特有のやれやれ節>>続きを読む

シャン・チー/テン・リングスの伝説(2021年製作の映画)

3.5

この監督の作る映画全てが私に満塁ホームランなので今作も最高であった、冒頭のバスとマカオでの近距離戦のアクションが良く、後半は半分ハリーポッターの世界なので賛否は分かれると思うけど嫌いではない、モーリス>>続きを読む

オアシス:ネブワース1996(2021年製作の映画)

4.5

ファッキン最高な究極のファンムービー、参加したファンの回想とファンを積極的に映したライブ映像の織り交ぜが素晴らしく、とても素敵な思い出として皆の記憶に残っているのが伝わってきてあの時代のオアシスを好き>>続きを読む

アナザーラウンド(2020年製作の映画)

3.0

お酒は一長一短ですよと丁寧に教えてくれる117分、マッツ・ミケルセンのナヨナヨしたおじさん教師が徐々に変貌していく演技を筆頭に、同僚3人それぞれのキャラクターも展開も程よくドラマティックでわかりやすい>>続きを読む

TOVE/トーベ(2020年製作の映画)

3.5

とにかくポスターと劇中に登場するインテリア全てが可愛い、トーベ・ヤンソンの心の動くままに生き駆け抜けた日々をムーミンの誕生の前後をベースに切り取った103分、トーベが1人で本能のままに音楽に合わせて踊>>続きを読む

草の響き(2021年製作の映画)

3.5

舞台挨拶付き、だんだん静かに少しずつ良くなり同時におかしくなっていく主人公、ラストシーンは救いなのかそれとも新たな絶望か、個人的に今作の東出昌大は役に合っていて当たりだと思うし奈緒の終盤の諦めと解放の>>続きを読む

DUNE/デューン 砂の惑星(2020年製作の映画)

4.0

ティモシー・シャラメがただただ美しすぎて155分画面凝視余裕だし完全にお顔がIMAX案件、冒頭から宇宙船の造形美に見惚れると同時にCGに合計いくらかかったんだろうと思うと胃が痛いしジェイソン・モモアと>>続きを読む

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(2019年製作の映画)

3.5

ディテールは時代に沿ってアップデートされながらも古き良き娯楽作としての007に仕上がっていてとても良かった、スパイメカが好きなので惜しみなく出してくるのも楽しいし新米エージェントパロマちゃんの存在が尊>>続きを読む

そして、バトンは渡された(2021年製作の映画)

3.0

原作既読、がっつり原作と時系列の流れを変えているものの、主人公の優子を演じた永野芽郁ちゃんが素晴らしく芽郁ちゃんが泣くともらい泣きしてしまう始末、石原さとみはワンシーンでとてもインパクトに残る演技をし>>続きを読む

燃えよ剣(2021年製作の映画)

3.0

原作未読だけど歴史エンタメとしてスケールがでかくて面白すぎる、とにかく岡田准一が終始最高過ぎて(土方の殺陣も自分で振り付けたのね)山田涼介も思ったよりちゃんと沖田総司だったし148分ぎっしり中身が詰ま>>続きを読む

ビルド・ア・ガール(2019年製作の映画)

1.5

105分終始展開が読めるし、ビーニー・フェルドスタインが今回はイギリス英語喋ってるだけのほぼブックスマートと大元のテーマが同じで周囲の登場人物の濃さと魅力を薄めただけで残念、特出した何かがあるわけでも>>続きを読む

エターナルズ(2021年製作の映画)

4.0

皆魅力的なのだけどクメイル・ナンジアニとバリー・コーガンの使い方が満点ですさすがクロエ・ジャオ💯若干強引なプロットを絶妙なユーモアと圧倒的な映像美と個々のキャラクターの掘り下げで上手く包み込んでしまう>>続きを読む

ディア・エヴァン・ハンセン(2021年製作の映画)

3.5

全てが自分に刺さりすぎてマスクの中が涙と鼻水でびしょびしょになるほど泣いてしまった、主演のエヴァン役が舞台と同じ俳優なので演技の自然な説得力がすごく、メイン曲よりジュリアン・ムーアの曲とパフォーマンス>>続きを読む

クライ・マッチョ(2021年製作の映画)

2.5

語りたいテーマはよく分かるんだけど、イーストウッド演じるマイクのほのぼのロードムービーと化してしまっていて演出にメリハリがなくて少し残念、イーストウッドが動いてスクリーンに映ってくれているだけでも御の>>続きを読む

キングスマン:ファースト・エージェント(2020年製作の映画)

2.0

いやずっと絵面が地味だな?第一次世界大戦の開戦からの歴史の知識がないと置いていかれるしチャイコフスキーわからないと唯一まともな戦闘シーンの面白味が半減するしでエンタメなのに教養を求められて辛い、キャス>>続きを読む

ラストナイト・イン・ソーホー(2021年製作の映画)

5.0

【エドガー・ライト監督にリモートだけど直接質問出来ちゃった記念日】
映画は相変わらずのペースで観ているけど、約半年ぶりのFilmarksレビュー!復帰作は自分史の最高を塗り替える出来事(少なくとも20
>>続きを読む

Mr.ノーバディ(2021年製作の映画)

4.0

最近仕事はやりがいはあれど細かい仕事を続けてやって微妙に体調悪いし神経すり減っている中で昨日上司に小言をチャットで飛ばされ、こうなったら!アクション映画!破壊!と19時スタートの回があったので残業もそ>>続きを読む

グーニーズ(1985年製作の映画)

3.0

恥ずかしながら初見、映画好きなのにこれ観てないの?と言われる作品の1本であった(いい加減そろそろ『ゴッドファーザーPART II』は観ないといけないと思っている)金曜ロードショーにて放映が決定したので>>続きを読む

アメイジング・グレイス アレサ・フランクリン(2018年製作の映画)

3.5

最近音楽のライブ・パフォーマンス作品の公開が増えてきて嬉しい。アレサ・フランクリンは有名曲はglee(私の90年代以前の洋楽の知識はだいたいgleeからです 笑)でこれもアレサの曲なんだと知ったり、父>>続きを読む

るろうに剣心 最終章 The Beginning(2021年製作の映画)

3.0

ワーナーブラザーズさんよりご招待頂き「The Final」に引き続き試写会にて鑑賞。原作一切未読、アニメも観ていない(観ていたのかもしれないけど全く覚えていない)ので実写化にあたり前情報もなく、特に思>>続きを読む

アメリカン・ユートピア(2020年製作の映画)

4.0

2019年にブロードウェイのハドソン・シアターで上演されたミュージカルとも舞台とも違うライブパフォーマンス。2019年の9月にニューヨークに一人旅に行きジェイク・ギレンホールの舞台を最前列で観た劇場で>>続きを読む

クルエラ(2021年製作の映画)

4.0

ディズニーとシネコンは頑張って折り合いをつけて、お客さん入るんだから公開はもちろん従来通り規模を大きくして欲しいという祈りからスタート(ディズニープラス、腰が重くてまだ入っていないので…)101匹わん>>続きを読む

ファーザー(2020年製作の映画)

3.5

公開前から評判が良く、アカデミー賞主演男優賞もしっかり獲ったし(個人的にはチャドウィック・ボーズマンではなくアンソニー・ホプキンスだと思っていたので鑑賞してより納得)ストーリー情報をあまり入れず期待値>>続きを読む

天国にちがいない(2019年製作の映画)

3.0

何か映画観たいなとぼんやりしていた旦那さんが検索してたどり着いた本作、初めましての劇場のシネマ・ジャック&ベティ(スクリーンに入るまでは大学時代バイトしていた今はなき新宿ミラノ座の2番/3番スクリーン>>続きを読む

5月の花嫁学校(2020年製作の映画)

2.5

こちらも予告編を観て興味を持ち、cinema cafeさんのオンライン試写会にて鑑賞。1967年、フランスのアルザス地方にある花嫁学校を舞台に繰り広げられる生徒と経営陣たちのウーマンエンパワーメントを>>続きを読む

やすらぎの森(2019年製作の映画)

2.0

予告編を観て興味を持ち、cocoさんのオンライン試写会にて鑑賞。これは予告編とポスターの作りが上手くて観るまでこんな内容だなんて良くも悪くも思わないので予想外な展開。原題は「Il pleuvait d>>続きを読む

>|