こしあんさんの映画レビュー・感想・評価

こしあん

こしあん

今年の目標:★しかつけてない作品のレビュー更新
みなさんのレビュー、とても参考になります!
ありがたし!

【好きなジャンル】ミステリー、ホラー
★4.5以上…文句ナシ!
★4.0〜4.4…好きーーー!
★3.5〜3.9…けっこう好き
★3.0〜3.4…ヒマがあれば
★2.9以下…うーーん、、、

映画(629)
ドラマ(76)

インビジブル・ゲスト 悪魔の証明(2016年製作の映画)

4.0

オシャレで上質なスペイン・ミステリー。
二転三転と話が転がり、ちょっとずつ明らかになっていく事件の裏側。

こいつ、クズすぎー!
それも嘘やったんかーい!
ほんと、クズー! 想像以上にクズー!

そん
>>続きを読む

スケア・キャンペーン(2016年製作の映画)

3.6

『水曜日のダウンタウン』ホラーバージョンみたいな。
なんとなく展開は読めるけど、どこまでがドッキリなの〜? という面白さがあり、二転三転する展開に、最後まで飽きずに楽しめた。
80分という短さも◎。
>>続きを読む

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

4.7

埼玉ポーズかっけーーー!!
ムダにやりたくなる、っていうか、映画観ながらも帰り道も家に帰ってからも、何度もやっちゃったけど。

オープニングからエンドロールまで、ずーーーっと笑える🤣
『カメラを止める
>>続きを読む

パラドクス(2014年製作の映画)

4.5

だいぶ前に観たのだけど、あまりの衝撃でレビュー書いてなかった😅
『ダークレイン』同様、むちゃくちゃ好みの作品。
この監督、本当にスゴイ! 何なの、頭の中どうなってんの?
きっちり作りこまれた脚本、ま
>>続きを読む

スキャナーズ(1981年製作の映画)

3.8

序盤の頭ボーン! でハートをわしづかみ。
何回もそのシーンをリピートしてしまう。

終盤のスキャナーたちのジワジワとした静かな対決も最高。特殊メイクすごいぃぃぃ。

オープニングから全編通して、不安感
>>続きを読む

友罪(2017年製作の映画)

3.7

とにかく、瑛太の演技がゾッとするほど素晴らしい。
他人をなかなか寄せつけず、人との距離感が独特でコミュニケーションが取りづらく、常に何かを抑えながら生きていて、理屈じゃない不安感を醸し出す人。
もはや
>>続きを読む

殺人ゲームへの招待(1985年製作の映画)

3.5

謎めいた洋館に集められた数名の男女。それぞれに秘密を持っていて、招待された理由は不明。
ディナーの後、一人一人に、ロウソク台、ロープ、ナイフ、ピストルなどの凶器が渡され、次々と誰かが殺されていく。
>>続きを読む

インド・オブ・ザ・デッド(2013年製作の映画)

3.2

なぜ、インド映画なのにゾンビと一緒に踊らないんじゃい! みんなそれを期待していたはず!

離島のビーチリゾートでのパーティーが舞台なので、ゾンビがみんなパリピっぽいのは笑える。最後の倒し方も斬新。
>>続きを読む

CURE キュア(1997年製作の映画)

5.0

人間の心を不安にさせ、不快感をあおる描写が抜群にうまい作品。
セリフで説明せずに映像と空気感で見せるうまさに「おぉぉぉ」ってなる。

刑事役の役所広司が、ファミレスで黙々と食事をするシーンとかも、なん
>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

3.6

なんだろう、前作よりオタクっぽさが消えてあか抜けてしまい、魅力が半減してしまった印象。
重厚感とか手作り感が足りないのかなぁ。ちょっとスタイリッシュになっちゃった感じ。もっと野暮ったくて泥臭いところが
>>続きを読む

劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ(2018年製作の映画)

5.0

もうね、内容どうこうじゃなくて、ただただ幸福感で胸がいっぱい。

おかえり! おかえり!

オープニングですでにウルッときちゃって、エンドロールでこらえきれずに静かに泣く。
「Get Wild」からの
>>続きを読む

アクアマン(2018年製作の映画)

2.8

「海のスターウォーズ」「海のバーフバリ」みたいな内容なのに、なぜだろう、全然ハマらなかった……涙
観る前はワクワク楽しみにしてたんだけど……。
途中、気がつくとウトウトしてた(-_-)zzz
普段から
>>続きを読む

プリデスティネーション(2014年製作の映画)

3.8

パッケージに「時空へ逃げても追い詰める」ってデカデカと書いてあるから、もっと派手なSFアクションかと思ったら、全然違った!笑
でも、ものすごく面白かった! 良い意味で予想外!

バーテンダーがとある客
>>続きを読む

ハイテンション(2003年製作の映画)

3.8

フランスのホラー観たのってたぶん初めてだけど、こういうの、すごく好きー。
血どばどばだし、グシャってなるし、凶器とかもエグいのに、どこか芸術的に感じる。音楽もカッコいい。
カメラワークとか、見せ方がと
>>続きを読む

チャーリーとチョコレート工場(2005年製作の映画)

4.5

冬になると観たくなる映画。

悪ふざけとイマジネーションの応酬。
私の好みのど真ん中。次々と投げられる、不思議さ満点、あやしさ満点の変化球に、「もっとちょうだい、もっとちょうだいーーー!!!」てなる。
>>続きを読む

ライク・サムワン・イン・ラブ(2012年製作の映画)

3.5

なんとも言えない不思議な空気感が漂う作品。
そして、一番大きなポイントは我が静岡がロケ地のひとつになっているということ。
JR静岡駅前のロータリーで撮影が行われたそうです。
家康公の銅像がね、出てるん
>>続きを読む

世界にひとつのプレイブック(2012年製作の映画)

3.5

主役の二人がとっても魅力的な映画。
特に、ティファニー役のジェニファー・ローレンス!!!
ものすごく“美人”というわけではないけれど、人を惹きつける魅力のある女性だと思います。コケティッシュっていうん
>>続きを読む

ある戦慄(1967年製作の映画)

4.0

タイトルでドスンと胸をつかれた作品。
ちなみに原題は『The Incident』で、“出来事”とか“小事件”とかそんな意味。

この邦題をつけた人、センス良すぎ!って思いました。
こんな短い言葉なのに
>>続きを読む

CUBE(1997年製作の映画)

4.0

公開当時、斬新なアイデアと仕掛けに衝撃を受けた作品。よくこんなの思いついたなぁと感心しまくりでした。

ウルトラ・ハードモードの「リアル脱出ゲーム」みたいな!間違えたら命とり!
密室系パニック・ミステ
>>続きを読む

ダイアリー・オブ・ザ・デッド(2007年製作の映画)

3.3

オープニングはすごくワクワクして良かったんだけど、どんどん失速していった感じ。

時代に合わせたPOVゾンビものってことで、監視カメラの映像、テレビ映像、ネットに上がっている動画など、いろんな映像を組
>>続きを読む

ランド・オブ・ザ・デッド(2005年製作の映画)

3.3

ゾンビに知性があるのかぁ、うーん…て、最初は思ったけど、『死霊のえじき』を観たあとでは、学習することは自然な流れなんだな!と納得。これはこれでアリかなと。
だって元は人間だし。チンパンジーとかも学習す
>>続きを読む

アイデンティティー(2003年製作の映画)

5.0

すばらしく練られた脚本で、最後の最後まできっちり良くできてる。
地味ながら、大好きな映画。

嵐の夜のモーテルに集められた人達の共通点……なるほど!
最後にすべてがつながる爽快感、たまらないです。そう
>>続きを読む

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

3.8

初めて観たときはポップでなんかオシャレ!って印象が強かったけど、7〜8年ぶりくらいにもう一度観たら、サマーの言動にだいぶイラッとした…(._.)
で、終盤になると、主人公の行動もどうなのかぁとも感じ、
>>続きを読む

死霊のえじき(1985年製作の映画)

3.8

ジャケ写にもある、壁から無数の手が出てくるシーン、とても印象に残ってたけど、確か公開当時、テレビCMでガンガン流れていて、今だったら、絶対クレームくるよね!笑

地上がほぼゾンビで埋め尽くされた荒廃し
>>続きを読む

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

3.5

「姉さん、事件です」って高嶋政伸出てきそうなエピソードてんこ盛り! このドラマ観たことないけど…笑

原作を読んだのはもう5年以上前なので、ぼんやりとした内容しか覚えておらず、ガッツリ真犯人も忘れてい
>>続きを読む

10 クローバーフィールド・レーン(2016年製作の映画)

3.4

前作『クローバーフィールド』は、バカでかいカイジュウに襲われるPOVで酔ったなぁ…くらいしか覚えていなかったのですが、今作単体としても十分楽しめました。

疑心暗鬼系ドキドキサイコサスペンス。シェルタ
>>続きを読む

ナイト・オブ・ザ・リビングデッド/死霊創世紀(1990年製作の映画)

4.0

ロメロ監督自身が脚本を書き、別の監督でリメイク。オリジナルは白黒ですが、こちらはカラーなので見やすいかな。
大まかなストーリーは同じで、ラストにあるエピソードが追加されています。

オリジナルよりゾン
>>続きを読む

ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド ゾンビの誕生(1968年製作の映画)

3.8

ロメロ監督のゾンビ3部作の第1作目。ゾンビの原点。

白黒なので、おどろおどろしい感じが出ていて雰囲気抜群なんだけど、最初の墓地のシーンで、ゾンビと人間の区別がつき難いというのが意外な発見でした…笑
>>続きを読む

アンブレイカブル(2000年製作の映画)

3.3

『ミスター・ガラス』にそなえて再見。あんまり面白くなかったっていう印象しかなくて、内容をだいぶ忘れていたけど、やっぱりそうでもなかった(^_^;)

大筋のストーリーは良いし、カメラワークとかも好きな
>>続きを読む

東京ゴッドファーザーズ(2003年製作の映画)

4.5

序盤はアニメーションならではの、わりと大げさなドタバタ喜劇ですが、中盤で一転、「えっ!?」となるようなシリアスな展開に。
とてもよく練られたストーリーに、ドタバタ感とシリアス具合が絶妙にブレンドされ、
>>続きを読む

サマータイムマシン・ブルース(2005年製作の映画)

4.5

タイムマシンを、こんなにドタバタとおもしろおかしく、なおかつ、くだらないことに使ってしまう作品は観たことない!

始まってすぐは意味不明なシーンが多く、展開もちょっと退屈ではあるのですが、くれぐれもそ
>>続きを読む

ザ・ボーイ 人形少年の館(2016年製作の映画)

4.0

よくある人形ホラーだと思いきや、急にハンドル切って2車線越えて右折された感じ。
想像をはるかに超える面白さ!
いやぁぁぁ、よくできてますね。この展開は読めませんでした。
あまり情報を入れずに観たほうが
>>続きを読む

渇き。(2013年製作の映画)

3.0

クズ、ちょいクズ、クズ中のクズ、悪魔的クズ……登場人物の9割がクズ。いろんなクズたちのエレクトリカルパレード…笑
ずっと不快で本当にイヤな気分になりましたが、飽きさせずに見せる映像や音楽、演出はけっこ
>>続きを読む

ゾンビ/米国劇場公開版(1978年製作の映画)

5.0

この映画が「ゾンビ」という概念を地球上に広めたわけで、それはもう、神みたいな存在ですよね。
やっぱりゾンビは、この顔色でノロノロした動きがいいんですよ! かわいいです。
今観ると、青白いドーランの塗り
>>続きを読む

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

3.7

『フレンチアルプスで起きたこと』と同じく、オシャレ感のある気まずさと風刺がたまらん!

でも、想像してたのとちょっと違ったなぁ。スクエアの中で何かが起きるのかと思ってたんだけど……。なんかバラバラと
>>続きを読む

アリス・スウィート・アリス(1977年製作の映画)

3.7

『赤い影』をオマージュしたという作品。あちらは赤いレインコート、こちらは黄色。
『赤い影』が高級ホテルの有名シェフによるイタリアンだとしたら、こちらは『サイゼリヤ』。
作品を観ただけの感想は、こちらの
>>続きを読む

>|