かおりさんの映画レビュー・感想・評価

かおり

かおり

地獄の黙示録 ファイナル・カット(2019年製作の映画)

4.6

もはや普通版を観たのがいつだったか覚えていないくらいですが…
劇場の大画面で鑑賞したい映画の筆頭でしょう。
ということで名画座へ…滑り込みでした。

よもや映画というよりもアトラクション!
地獄のアト
>>続きを読む

バベットの晩餐会(1987年製作の映画)

4.0

デンマーク産の名作とのこと。

お腹へっちゃうのかなぁと軽い気持ちで観始めましたが、胸がいっぱいになる素敵な作品でした。

ラストシーン・エンドロール前に、ぞわわーっと良い意味での鳥肌が立つような。
>>続きを読む

これが私の人生設計(2014年製作の映画)

3.5

クセの強い人しか出てこない、ドコメディ。

女性の労働状況をメインに据えていて、イタリアらしい題材とユーモアで、深いながらも楽しく観れました。

壬生義士伝(2002年製作の映画)

3.0

浅田次郎原作×滝田洋二郎監督×音楽は久石譲×中井貴一主演!
はいー!もう絶対面白いでしょ!
普段の南部弁まるだしのイモ臭い立ち振るまいと殺陣のときのカッコよさのギャップ萌え~!

とかってミーハーまる
>>続きを読む

ピートとドラゴン(1977年製作の映画)

3.7

1977年に作られた実写onアニメ-ションによるディズニーのミュージカル合成映画

確かにこれ、夢の国のエレクトリカル・パレードにいますね!緑のでっかいピカピカ!エリオットだったんですねぇ。
そして、
>>続きを読む

ピートと秘密の友達(2016年製作の映画)

3.7

デヴィッド・ロウリー監督なので観てみましたが、「ピートとドラゴン」という1977年公開ディズニーのミュージカルアニメ映画のリメイクのようです。

この作品の最もな魅力が、なんといってもドラゴンのエリオ
>>続きを読む

エンツォ レーサーになりたかった犬とある家族の物語(2019年製作の映画)

4.0

ワンコ目線のヒューマンドラマ

やはり人ではない目線は俯瞰でみれてスッと心に入ってきます。
悟っているうえに純心なエンツォ君目線なので、フィルターに曇りがない!

副タイトルから、レース中心のお話なの
>>続きを読む

ザ・クレイジーズ 細菌兵器の恐怖(1973年製作の映画)

3.5

細菌兵器系パニックもの。
ナイト~とドーン~の間にあたる時期に作られた、ジョージ・A・ロメロ監督初期の作品といって良いでしょう。

監督らしい設定や提示の仕方ですが、曲がいまいちコミカルに聞こえたのだ
>>続きを読む

東京リベンジャーズ(2021年製作の映画)

3.3

機内鑑賞
映画をDLしてあるiPadを荷物棚に仕舞ってしまい…選択肢なしに、やや渋々観ましたが…けっこう楽しめました。

少年漫画原作らしいワヤワヤした感じの設定と演出ですが、さすが原作が人気なだけあ
>>続きを読む

天使の入江(1963年製作の映画)

3.8

まずオープニング!ドゥミ監督ですねぇこの撮り方。そしてルグランの音楽でグッと掴まれる感じ。既にたまらない。

正直、キャラクターには共感もなにもできない、カジノでびゅーした真面目なサラリーマンとギャン
>>続きを読む

ローラ(1961年製作の映画)

3.7

ジャック・ドゥミ監督の長編デビュー作

画はもちろんのことセリフが素敵すぎる
デートの前に服を着替えるんじゃなくて靴を変えるのね
おフランスだわ

バロン(1989年製作の映画)

4.0

ほら吹きバロンの冒険譚
小ネタまみれで目まぐるしい!

絵本が動き出したかのような世界では、爆発も首チョンパも楽しい演出に。
月の王様とか一体どんなキャラ設定なのよ。
アリスさながらなトリップファンタ
>>続きを読む

競輪上人行状記(1963年製作の映画)

3.9

西村昭五郎の監督デビュー作
今村昌平がらみの脚本ってことで、コメディではあるものの重厚なような一周回って軽いような、不思議な雰囲気に包まれていました。

冒頭いきなりムチ打ちー!が始まるので、普通でな
>>続きを読む

関ヶ原(2017年製作の映画)

3.0

ながら見です。原作は未読。

日本一有名な合戦。きっと運動会でやる(最近はやらないとか?)騎馬戦とかも関ヶ原を想像しながら作ったものなのでしょう。知らないけど。

なかなか五月蝿くない合戦映画でして、
>>続きを読む

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!(2007年製作の映画)

4.1

スリー・フレーバー・コルネット3部作の2作品目!

いちいち色々と可愛いんですよね。
とんでもないスピード感。
とんでもないオマージュラッシュ。
オマージュは正直わからないものも沢山。モリモリすぎる。
>>続きを読む

ビッグ(1988年製作の映画)

3.7

当たり前ですが製作時である80年代アメリカテイストなオモチャがたっくさんでてきて、オモチャ好きには眼福でもあります。きっと今ではレアなものも沢山…あああ。ガチャガチャしていて最高です。なんならパジャマ>>続きを読む

イル・ポスティーノ(1994年製作の映画)

4.2

風景や台詞がとにかく素晴らしく、ずっと観ていられる系の映画です。

◎ストーリー
ナポリ沖合の小さな小島を舞台に、貧しい純朴な青年が、島を訪れた詩人との友情を通して次第に自己に目覚め、愛を知り、人間と
>>続きを読む

オデッセイ(2015年製作の映画)

3.4

火星に取り残された植物学者が、自給自足生活に奮闘するお話。

観ているときは面白かったですが、うーん…個人的に特に心に何も残らないってタイプの映画。
16進法はインターステラーでも伝達手段に使っていま
>>続きを読む

悪魔のいけにえ(1974年製作の映画)

3.9

今以上にホラー耐性なかった頃に初めてみたけど、古いというのもあるでしょうが怖さは全然ないです。

お家の中の小道具やインテリアがとにかく素晴らしい。

お話は…いまさら説明するまでもないですが、これが
>>続きを読む

ソング・オブ・ザ・シー 海のうた(2014年製作の映画)

3.4

トム・ムーア監督による「ケルト三部作」の二作目

◎感想
ケルト神話が大好きなので世界観はまぁ良いのですが、キャラクタが…もれなく誰も好きになれず。
神話特有な闇感もしっかりありますが、ちょっと可愛ら
>>続きを読む

ノスタルジア(1983年製作の映画)

-

よーし!タルコフスキーに挑戦しよう!

以前、「惑星ソラリス」をソラリきるのに3日くらいかかったという経緯もあって、挑戦はしたいのだけれどナカナカ…
これも意味わからんくても映像綺麗そうだし!と思って
>>続きを読む

ムーミン谷とウィンターワンダーランド(2017年製作の映画)

3.3

色々と違うところはあるけど、これはこれ、で楽しめました。

クリスマスさんをおもてなそう。

メソメソは出てくるけどスティンキーが出てこないよ…しょぼん

サンタクロースになった少年(2007年製作の映画)

3.6

フィンランド産のサンタクロースの半生を描いたような作品。

本当にこんな人がいた…いや、いるんじゃないかと思えるようなところが、とても良いです。子供がこれ観たら信じるんじゃないかな普通に。こんなオッサ
>>続きを読む

パンズ・ラビリンス(2006年製作の映画)

4.3

美しくも悲しいリアルなダークファンタジー。
ギレルモ・デル・トロ監督を好きになったキッカケとなった作品です。

間違いなくファンタジーなのに、これをファンタジーと呼んで良いのか…と思うほど、現実部分が
>>続きを読む

マリグナント 狂暴な悪夢(2021年製作の映画)

4.0

なんやかんや観てはいるのですが、ジェームズ・ワン監督作品は、とにかく音の演出が苦手で。
なので少なくとも劇場では観る気なかったのですが…
予告みて…気になる!みなさまのネタバレなしレビューみて…超気に
>>続きを読む

囚人ディリ(2019年製作の映画)

4.0

今年は予定があわずIMWにも行けず…このディリもいつ観れることやら…。
新作インディアンムービー欲がずぇんずぇん満たせれずでムラムラしていましたところに。
なんとディリたん全国一般公開!ううう嬉しすぎ
>>続きを読む

LEGO(R) ムービー(2014年製作の映画)

3.5

子供から大人まで色んな楽しみ方があるレゴならではなストーリー!

「スパボン」にはなるほど~!でした。
楽しかったです。

ミラノカリブロ9(1972年製作の映画)

3.7

終盤めちゃくちゃ面白かった!

音楽と合わせたカメラワークが最高にカッコよい。
ダンスシーンすてき。

タランティーノ監督に影響を与えたというのがふんだんに分かる格好良さでした。

アラビアン・ナイト(1942年製作の映画)

3.5

アラビアン・ナイトから、シャハラザードの物語。

アラジンやシンドバッドが脇役で出てきたり、コメディタッチで面白かったです。

ビューティフル・マインド(2001年製作の映画)

3.6

アメリカの数学者、ジョン・ナッシュ氏の半生を題材とした映画。

ちょうど半分くらい開始1時間たった頃に、思わずニヤけるほどの面白さ。
ラッセル・クロウの凄み。エド・ハリスの視線萌。

かたつむり(1966年製作の映画)

3.5

ルネ・ラルー監督による初期短編作品

変なテンションのときに観ると爆笑できる。
夢の中の楽しいお話みたいなノリだけど、この短さで人間の業をみごとに描いています。
恐ろしくも楽しい作品。

ファンタスティック・プラネット(1973年製作の映画)

4.1

約半世紀前に作られた、ルネ・ラルー監督による切り絵アニメーション作品。
アニメーション作品史上初めてカンヌで賞をとった作品でもあります。
初めてみたのは中学生の頃でしたでしょうか。
今年、初のDCP上
>>続きを読む

バンデットQ(1981年製作の映画)

3.7

ファンタジー全開な冒険活劇で子供向けかと思いきや、哲学的だったり神話的な要素も多くあり。かといって難解だったりするわけではなく。
ラストの解釈含めて色々な楽しみ方のできる作品ではないかなと思います。
>>続きを読む

ラーヤと龍の王国(2020年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ディズニーらしいディズニーディズニーしたディズニー映画でした。
はい…お話が…好きじゃないほうのディズニーディズニーです。

みんなを信じて!力を合わせて!みたいな…少年冒険もの感が好きなら響くのかも
>>続きを読む

ニュージーズ(1992年製作の映画)

3.9

実話に基づいたお話で、重めな題材ながらも、軽やかなミュージカル感動作品。

一緒にぴょんぴょんして口ずさみそうになる楽しさ!
お肌ピッカピカのクリスチャン・ベイル。
みんな可愛い。松葉杖が大好きでした
>>続きを読む

>|