してぃぼさんの映画レビュー・感想・評価

してぃぼ

してぃぼ

映画(101)
ドラマ(0)

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

3.9

確かトリーチャーコリンズ症候群といって、去年本屋にも一時期よく並んでいた「顔ニモ負ケズ」という本でも取り上げられていた症状です。「顔ニモ負ケズ」では症状を抱えている方がこれまでの人生について語っている>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.7

車中にてオーディオブックを聴きながら泣いていたかと思えば突然母親と口論になり走行中の車から飛び出す気難しさとか、本名はクリスティンなのに私のことをレディバードと呼んでと堂々と言っちゃう痛々しさが思春期>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.4

この映画を本当に理解するのにはかなりの時間と回数をかけないと分からない、いや実際100%理解できるのだろうかというのが率直な意見です。是枝監督は常に観る者にメッセージを投げかけてくるんですが、それは断>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.9

「ヒーローと言うよりお前はピエロだ、オモチャのな」とケーブルに言われてしまったデップーが、そのシリアス過ぎる展開に「DCユニバース出身かよ」と突っ込んだシーンは腹がよじれましたし、ライアンレイノルズが>>続きを読む

娼年(2018年製作の映画)

3.8

120分中100分はセックスの話。
最初はエロ過ぎ!と思っていた描写も途中から見慣れて来て、映像を撮らせたり、放○プレイをするなど特殊性癖な人も多数現れシュールでした。松阪桃李が激し過ぎる。すごい!
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.6

前情報を全く頭に入れず映画を観るタイプなのでこのバイセクシャル展開にはびっくり。道理で自分以外のお客さんが女性しかいなかったわけです。

ストーリー的に三角関係を途中から望んでいた自分ですが、全くそん
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.9

細かい話はいいんですよ。アベンジャーズとガーディアンズオブギャラクシーメンバーが一同に介して、サノスという最強キャラ打倒を目指して戦う。これだけですでに胸熱なわけですよ。しかもこのサノス、ただの邪智暴>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.5

ありがとう。スピルバーグ。
FFのキャラみたいな登場人物と世界観、金田のバイク、キティ、ソニック、メカゴジラvsガンダムの夢の対決、7人の侍…
スピルバーグでしか成し遂げられない許諾のオンパレードで、
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

4.1

ドウェインジョンソンの顔芸がツボですよね。あの躯体で中身はオタク高校生って設定が面白いです。ギャグも多めで、軽い感じが良かったです。最近はシリアスな映画が少し多いので。

登場人物が現実世界とは真逆な
>>続きを読む

さよなら、僕のマンハッタン(2017年製作の映画)

3.7

500日のサマーにしろ、スパイダーマンにしろ、マークウェブ監督は見た目は気弱でも中身が肉食系な男子が好きみたいですね。

設定は面白いですよね。父から与えられたレールの上を歩くのはは面白くない、と言い
>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.4

ジェニファーローレンスっていつも酷い目にあう役ばっかしてますね。
ゴールデンアイやミッションインポッシブルのようなド派手なアクションはなく、ただひたすら色仕掛けで相手を出し抜くだけのスパイっていうのが
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.6

いい社会派映画でした。
オーナーである父と経営を受け継いだ夫を亡くす中で周囲から揶揄されながらも奮闘するグラハム夫人の姿、政府の隠蔽を暴こうと奔走するベン、そして裁判に負ければ投獄というリスクを背負い
>>続きを読む

愛、アムール(2012年製作の映画)

3.7

老々介護を描いた作品。日常を切り取った長回しのシーンが多く、定点から遠回しで撮るハネケのスタイルが本作ととてもマッチしていました。
ほとんど家の中だけで作品が完結していて、奥さんが病気を患い亡くなるま
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.4

一言で言うなら既視感ですよね。ワカンダの先進的な技術とか美しい風景は映像として素晴らしかったのですが、シビルウォー、マイティーソーバトルロイヤルときて今作まで内輪騒動となるとさすがに飽きてしまいました>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.5

これは大人版E.T.ですよ。
と同時に美しい女性とイケメン王子の愛の物語である「美女と野獣」に対するアンチテーゼでした。主人公イライザが自慰行為をしたり、裸体を曝け出すカットが多くあり、人によっては、
>>続きを読む

blank13(2017年製作の映画)

4.2

リリーフランキー、高橋一生、松岡茉優が出ていると聞くだけでもうこれ面白いんだろなあと思ってた斎藤工監督初の長編作品。
斎藤工本人の人間性が色濃く出た作品で、終盤のある種度が過ぎたお笑いパートは、他の映
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

2.3

ミュージカルが合わないのか分からないんですが、一言で言うとめちゃくちゃ薄っぺらい映画でしたね。
中身の無さを音楽やら踊りやらで無理やり切り貼りして繋げただけかなあと。
目の前の出来事のみにフォーカスさ
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

4.0

そもそもノンフィクション映画でメインの3人が本人ってすごすぎませんか?みなさん演技が上手すぎます。

ラスト10分のための前半80分という構成ですが、「新感染」的な閉鎖空間でのパニック映画を期待してい
>>続きを読む

ミスティック・リバー(2003年製作の映画)

3.8

冒頭の事件がこの映画の全てで最後の最後まで意味を持ってくるというのがさすがクリント・イーストウッドって感じですね。
ストーリー的にはデイブが犯人というミスリードに持っていく1点のみだったのが少し単調に
>>続きを読む

犬猿(2017年製作の映画)

4.0

自分は妹と仲が悪かったのでかなり共感できたというか、痛いところ付いてくる作品だなあと思いました。
相手の行動全てが癪に触る時期が恥ずかしながらあって、その度に牙を向けてみたり、余計な一言を言っていた頃
>>続きを読む

羊の木(2018年製作の映画)

3.7

松田龍平、サイコパス過ぎる。
おじゃる丸に星野さんという何を考えているのかわからない支離滅裂な宇宙人のキャラクターがいましたが完全にそれです。
真顔で人を殺す感情のない殺人ピエロを地で行っていて、全く
>>続きを読む

渇き。(2013年製作の映画)

1.2

結局何がしたかったんだ?この映画は。
暴力で内容の薄さを紛らわせようとする邦画にはもう辟易です。園子温映画の影響?途中でアニメーションとか謎の映像を入れるのもダサすぎるし、せっかくいい俳優を起用してい
>>続きを読む

百円の恋(2014年製作の映画)

3.9

安藤サクラの役作りがすごいの一言。

ニートから100均のバイト、そしてボクサーへと着実に新しい道を切り開いていき、ついにはリングの上に立つ一子。スポンサーが実家のさいとう亭、出囃子がコンビニの店内B
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.8

3つのセンセーショナルな看板をきっかけに動き出す3人の三者三様な物語。

まずよくこんなストーリーを思いつくなと。他ではみられない唯一無二かつ先の読めない展開で最後までドキドキして見られました。
ただ
>>続きを読む

アンフォゲッタブル(2017年製作の映画)

2.9

一言で言うなら海外版昼ドラです。
離婚した元妻が夫の新しい彼女を一方的に逆恨みする何とも既視感のある設定です。
新しい彼女の職場の同僚が実は裏で元妻を操っていたとか、予想を裏切る展開があってもいいと思
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

4.5

人は誰しも他者よりも優位に立ちたいという願望が根底にある。その当たり前な欲求が歪な形で変容すると、気づかぬ間に差別や偏見、レッテルを生む。そしてそれが人種単位で行われるとこのような悲劇を生んでしまうと>>続きを読む

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

3.4

要するにトランプが大統領に就任して以来、世界各国で第2のトランプのような勢力が跋扈してきている現代のポピュリズム的パラダイム(制作段階ではトランプは大統領ではなかったかもしれませんが)に警鐘を鳴らして>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.4

やっぱり一番良かったのはアクションシーンではないでしょうか。
まずカメラワークがめちゃくちゃカッコ良くて臨場感がありますし、バックミュージックも曲のテンポや雰囲気が軽快なアクションと見事にマッチしてい
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.0

宣伝ポスターから分かるようにもう全てが予想外で規格外なんですよね。
弓矢を同時に3本射るなんてまだまだ序の口でヤシの木をパチンコ代わりにして城壁を飛び越えたりするのが当たり前な世界でそのあまりの破天
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.3

戦争映画においてここまでテーマを詰め込んだ映画はそうそうないです。
入隊に行き着くまでの経緯から、戦闘のシーンまで書ききった隙のない濃密な作品。
プライベートライアン、ブラックホークダウンを超える戦場
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.4

喪女で、慣れない場ではガチガチのコミュ障かと思いきや、1人になると途端に「F××k!!!」と大声で叫んだり、次々と枚挙にいとまがないくらいに罵詈雑言や皮肉をまくし立てる松岡茉優の演技の振れ幅が良かった>>続きを読む

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

2.4

退屈でした。惚れ気質の男が高嶺の花の女の子に振られただけの話です。
上司以外の登場人物が全員ムカつきますね。「私は誰かの所有物になるつもりはない」と言われもながらもあっさり結婚されたあたり、弄ばれてた
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

4.1

例の冒頭のファンファーレが鳴った瞬間、やっぱりスイッチが入りましたね。150分があっという間でした。

今作の主役は何と言ってもカイロ・レンでしょう。正直前作ではダースベイダーと比べると敵役、悪役とし
>>続きを読む

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

3.9

カメラワークとか映像とか音楽の1つ1つに雰囲気があり、都度都度途中で前作の映像を差し込んでくるあたり憎らしかったですね。
あれから年月は過ぎ、4人衆はいいおじさんになりましたが、みな結局のところクズで
>>続きを読む

パッセンジャー(2016年製作の映画)

3.4

設定はいいんですが正直映画として地味すぎるストーリーでした。
途中で出てきたガスという人物も1人を装置で眠らせ、体を治療するカプセルを用意するために出てきた取って付けたようなキャラクターで、少々ご都合
>>続きを読む

永い言い訳(2016年製作の映画)

4.0

奥さんが亡くなった時に別の女と不倫していたり、子供の前で子供は邪魔な存在だとざっくばらんに話したり、ドキュメンタリーの撮影中に突然キレたり何かとクズ人間のくせにしんぺいくんに綺麗事を言ってみせる幸夫く>>続きを読む

>|