もちこさんの映画レビュー・感想・評価 - 7ページ目

ヴィジット(2015年製作の映画)

3.3



小学生だか中学生の頃映画館で見た記憶
色んな『コワイ』感情を浴びた
びっくり系もあるけど、祖父母の事実が分かった時が1番こわい

ガール・ゲッツ・ガール(2015年製作の映画)

3.5

自分には逆らえない


普通に面白く楽しめた
主人公、プレイガールというか…
創作の中だから好きになれる

波紋(2023年製作の映画)

3.6

ないのにある、あるのにない


見終わった感情に名前をつけられない
すごい何かがあるんだけど、何もない感じ。
俳優陣がとても素敵だったのと、ラストはシーンとしては好きなんだけど物語のラストとしては微妙
>>続きを読む

CO2(2010年製作の映画)

2.8

我々には自然と共存するしか道はないのだ


え、最後このまとめ方?笑笑
漂うB級な始まり方と思ったらしっかりB級だった
なんか惜しい

ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー(2023年製作の映画)

3.8

みんながプリンセスにしてくれた


色んなマリオゲームが入っていてワクワクした
そんか関係性なの!っていう発見がいっぱいあってゲームしたくなった
色んなゲームシリーズが出てきたけど、1番最初のマリオル
>>続きを読む

決闘の大地で ウォリアーズ・ウェイ(2010年製作の映画)

3.2

負ける喜びを知った


わかりやすいけど、アクションシーンのスローとラストは好きじゃない

グリーン・インフェルノ(2013年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます



1人目が食べられる時が1番グロいところピークな気がする
同じ女としては女性器のシーンはしんどい
ヒロインは最後あの状態で生き残って平然と夢に見る程度で済むのか…?もっとひどいトラウマになりそう

EO イーオー(2022年製作の映画)

3.6



言葉よりも伝わるEOの瞳。

と思いつつもそう見えるように撮ってるのは人間だし、そう感じ取ろうとしてるのも人間だし、動物の本当の気持ちなんてわからない人間のエゴを感じてしまい、言語化しにくいけど色
>>続きを読む

17歳の瞳に映る世界(2020年製作の映画)

3.7

自分でなんとかする


静かに淡々と進んでいくけど、
女性ならではの女性同士の優しさと
なにより主人公の表情がよかった
最後の安心感からの笑顔と寝顔がなんとも言えない胸を熱くさせる

ライトハウス(2019年製作の映画)

3.3



映像と音楽から漂う不穏な感じ
ただ色んな情報を踏まえてもう一回ちゃんの見た方が私は咀嚼できそう

その日のまえに(2008年製作の映画)

3.7

後にならないと分からないことがたくさんあるんだよ
みんな生きよ。一所懸命生きよ


大林監督節炸裂な撮り方、構成たまらない…!!
可愛い夫婦であの不思議な世界観もありつつしっかり泣ける。

娼年(2018年製作の映画)

3.0

人間は探してるものしか見つけない


この仕事を通した領の女性に対しての考え方の成長なんだろうけど、濡場がピンク映画かってくらい多い上に意味があるのか…?って思うのも多かった
もちろんここはあっていい
>>続きを読む

MOTHER マザー(2020年製作の映画)

3.3

1人じゃ生きていけないですよ、母さん


こういう親子関係あるんだろうな
この母親にこの子あり。
長澤まさみの芝居がすごかった、けど…って感じ

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(2019年製作の映画)

3.8

過去を振り切って


007シリーズ全て見てた方が絶対面白いなと思いつつもしっかり楽しめた
あの音楽強い…

私のオオカミ少年(2012年製作の映画)

3.2

‘待て’は終わり


頭を撫でるという行為だけで関係性や変化していく関係性がわかっていくのが素敵

アルマゲドン(1998年製作の映画)

-



金ロー版、開始30分?とかで宇宙行っていたので誰にも感情移入できなかった。
改めて見ます。

エスター ファースト・キル(2022年製作の映画)

4.0

可哀想とは思ってはいけない


前作との繋がりやリアルな時間経過がより良さを出していた

ザ・メキシカン(2001年製作の映画)

3.6

心優しい殺し屋さんね


ブラビ可愛すぎる!!
名前が一致しなくて誰がどうだっけってなったところもあったからもう一回見たらさらに楽しめそう

アビエイター(2004年製作の映画)

3.3

クリーンなものはないわ。ベストを尽くすだけ
未来への道だ


レオ様のお芝居がすごいのだけど、ストーリーはそこまで引き込まれなかった

ステップ(2020年製作の映画)

4.3

あんたたちのママは死んだらいなくなるの?そんなのダメ。絶対ダメ。
女の子って寂しいから負けたくない
家庭とは変わり続けるもの


後半ずっと泣いてた
嫁方の家族が素敵すぎて、人の心のあたたかさに涙が本
>>続きを読む

ソルト(2010年製作の映画)

3.1

このままでいい、ずっと一緒にいたい。残りの人生を君と一緒にいたい。いいね


旦那さんとのシーンが1番印象に残った

10万分の1(2020年製作の映画)

3.1

この先もずっと1人でりのちゃんを守ろうなんて思っちゃダメだよ

式日-SHIKI-JITSU-(2000年製作の映画)

3.5

明日は私の誕生日なの
怖い時に掴まるところがあるってさ、なんかそれだけでいいよね

Daughters(2020年製作の映画)

3.7

不確かな選択肢、勝手な喪失感
赤の他人の方がむしろ、優しくできたりするもんなのかもね


絵が綺麗。
そんな素敵な親友いるか?と思いつつも意外と女の友情ってこんなところあるよなって思ったり、
ただ小春
>>続きを読む