yuiさんの映画レビュー・感想・評価

yui

yui

みなさんのレビュー、感じ方など色々見させて頂きます!

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.6

自分ミュージカル好きなんだ、って気付けた作品。どの曲にも心踊らされ、感動し、魅せ方も素晴らしかったです。

個性の強いキャラクターの内面に焦点を当てた部分もあり、非現実的すぎない感じも良かったと思いま
>>続きを読む

あやしい彼女(2016年製作の映画)

3.8

多部未華子ちゃんの演技が本当に生き生きしたお婆さんが乗り移ったようで面白かったです。

歌もいいですね!

アジョシ(2010年製作の映画)

3.2

ウォンビンがかっこよくて、アクションシーンのキレ、見せ方にスリルを味わいました。グロ過ぎず、強い!かっこいい!って範囲で留めてくれていてよかった。
韓国映画はほぼ観ないのだけど、他の作品も観たくなりま
>>続きを読む

くちびるに歌を(2015年製作の映画)

3.8

歌が本当にストーリーと合っていて、若いからこその悩みと大人になってからの苦しみに立ち向かい、前に進もうとする登場人物の姿に涙が出ました。

鍵泥棒のメソッド(2012年製作の映画)

3.8

香川照之の、元のときと記憶喪失のときとで本当に全然違う生き方をして来た人みたいに見えるのがすごいと思いました。

どうなっていくかわからないハラハラ感が味わえて、ストーリーも面白かったです。

きみにしか聞こえない(2007年製作の映画)

2.6

この映画のメッセージや、登場人物の信条などには感動させられたのだけれど、
設定が現実離れしすぎていることであまり入り込めませんでした。

パルムの樹(2002年製作の映画)

3.0

グロテスクでホラーともとれるようなシーンもあり、半分くらい観るまでこの世界を理解できなかったけど、それから一人一人の抱える闇に少しずつ光が差していくかんじがよかった。

歌が頭から離れません。

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.0

このシリーズでワンダーウーマンしか観たことがなかったので、ダイアナの世界が出てきたとこだけすごくテンション上がって、あとは話の背景がわからなかったりしたのが個人的に残念です。

他のも観てから観直した
>>続きを読む

WOOD JOB!(ウッジョブ)神去なあなあ日常(2014年製作の映画)

4.8

観ていて色んな意味で面白い映画でした。

まず林業の世界を知ることができたのが大きくて、この業界の大変さと重要さを知りました。

そしてコメディ要素がすごく好きでした。
染谷将太はふらふらしてる都会っ
>>続きを読む

真白の恋(2015年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

どうしようもなく切なくやりきれない話でした。

登場人物一人一人の言葉にリアルな重みがあって、それぞれの立場の気持ちがよくわかるからこそ切ない。

家族が障がいをもつ子を普通より手厚く見るのは当たり前
>>続きを読む

ふがいない僕は空を見た(2012年製作の映画)

2.5

とにかく色んな人間の悩みだったり深刻な問題を扱っていて、すごくすっきりするラストではないし人間の嫌な面もたくさん見えるのだけど、そのぶん温かい場面が心に残っています。

百万円と苦虫女(2008年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

理不尽なことがつきまとう人生を、所在もなく頼れる人もなく、自立し自分と向き合いながら生きているすずこが素敵だと思いました。

森山くん演じる男の子との関係はすごく歯がゆかった。誤解のままなのももどかし
>>続きを読む

クワイエットルームにようこそ(2007年製作の映画)

2.9

みていてこちらまで気が狂いそうな世界観でところどころなんとも言えないリアルな恐怖を感じた

希望があるかのように見えてすぐ横に絶望が隣り合わせているスリル

シリアスなトピックで一人一人闇を抱えたキャ
>>続きを読む

ツレがうつになりまして。(2011年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

少し前に兄弟がうつになりまして、前々から見たいと思っていたこの映画をついに見る機会を得ました。

うつとは
生きることさえもしたくない、と考えずにはいられない病気で、治る見込みも不明なまま付き合ってい
>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

4.8

1は観たことないんですけど、本当に笑って最後には泣いてしまいました。

一人一人のキャラクターがよくて、ほっこりできて、大好きな映画の1つです。

ツナグ(2012年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

泣かせるためのシーンって感じがするところもあったけど、そこでは泣けなかった
嵐と御園のストーリーが好きでした。
「道は凍ってなかった」…その瞬間ドキッ!となりました…

POSTMAN BLUES ポストマン・ブルース(1997年製作の映画)

4.2

かなり好きな映画でした。
勘違いがどんどん重なってくコメディで、シュールな笑いがちりばめられているんだけどもラストは切なく、思いがけない終わり方でした。

堤真一が若くて、何も知らずにるんるんしてる顔
>>続きを読む

雨あがる(1999年製作の映画)

3.0

寺尾さんの殺陣がとてもかっこよかった。

アカデミー賞をとってるということで期待が大きすぎたので、見終わったあとそこまでの感動はなかったけれど


素直で意外と分別のある殿様がいいなと思った。
勝者の
>>続きを読む

リンダ リンダ リンダ(2005年製作の映画)

3.4

ペ・ドゥナちゃんが本当に好きで見ました。
なんかよくわかってないのに、「はい」ってとりあえず言っちゃうソンちゃんがとても可愛かった。

全員本当の女子高生みたいにリアルで、飾ってなくて、いいなと素直に
>>続きを読む

水の中の八月(1995年製作の映画)

2.8

私にとっては少し現実から離れた世界で、 感動はできなかった
でも夏のじとっとした空気感が全身に伝わって来たり、水がシーンによって恐怖とも恵みとも神聖なものにも感じられたりして、すごく長いカットに少しz
>>続きを読む

サウンド・オブ・ミュージック(1964年製作の映画)

3.9

ミュージカルが特に好きなわけではないけれど、本当にわくわしながら見れた作品です。
マリアの歌声に脱帽

そこのみにて光輝く(2013年製作の映画)

2.8

池脇千鶴さん初めて見たんですけどとても良かったです。

ペタル ダンス(2012年製作の映画)

2.4

女性同士の、近すぎず遠すぎない、リアルな関わりが描かれてると思いました。
演技ではなく全部がアドリブみたい

空気人形(2009年製作の映画)

2.7

ペ・ドゥナのオーラがすごい
役にハマってました。

恋妻家宮本(2017年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

そんなに期待してなかったけれど、とても良かった。
人のことを心から思うが故に優柔不断でおどおどしてしまう主人公の思いがみんなに届き、優しさの輪が広がってほっこりハッピーエンド。

最後のファミレスの歌
>>続きを読む

高台家の人々(2016年製作の映画)

2.8

外見もだけど心がきれいになりたいと切実に思いました

舞妓 Haaaan!!!(2007年製作の映画)

3.8

この映画をみて初めてお座敷がどんなものか、いかに厳しい世界かわかりました。

とりあえず阿部サダヲは何してても面白かった
そして京都弁は聞いていて心地いい!

青の炎(2003年製作の映画)

3.2

色んな問題を抱えてて、大人びても幼くもあるああいう年頃の男の子の役に若きニノがよくはまってました。

>|