まほさんの映画レビュー・感想・評価

まほ

まほ

鑑賞した映画と洋ドラについてペチャクチャ。
SF / クライム / ドラマ 基本何でも見る雑食。
ベストムービーランキングにあげてるのは
2017年公開映画の個人的年間ベスト。

ビッグ・フィッシュ(2003年製作の映画)

4.4

凄く久しぶりに10年ぶりくらいに見たけど
改めて見ると10年前は分からなかったことが
この年齢になってたくさん理解できて
私のティムバートン作品の中で
一番好きな作品になりました。
(それまでは『アリ
>>続きを読む

パディントン(2014年製作の映画)

3.4

イギリスに行く飛行機の中で鑑賞。
イギリス行く前に必ず見ておきたい作品。

この映画を見るまで
パディントンという熊のキャラクターの
存在は知っていたけど
何でパディントン駅にやってきたのか
知らなか
>>続きを読む

キング・コング(2005年製作の映画)

3.0

何よりもキングコングに出会うまでが凄く長い。

『ロード・オブ・ザ・リング』を手掛ける
ピータージャクソン監督だから長いことは
承知済みだったけど、それでも長い(笑)

髑髏島に行くまでの道中や行って
>>続きを読む

ファーゴ(1996年製作の映画)

3.5

コーエン兄弟の代表作の1つ。
フランシスマクドーマンドが
アカデミー主演女優賞を受賞した作品。

ゴールデングローブ賞でユアンマクレガーが
この映画のリブート作品である
ドラマ『ファーゴ』で主演男優賞
>>続きを読む

否定と肯定(2016年製作の映画)

3.7

2018年初劇場鑑賞作品。

実際にあったホロコースト研究家と
ナチスドイツ学者との裁判を描いた法廷映画。

主人公のデボラリップシュタットの本を原作としてこの映画は作られてる。

20年以上前から約
>>続きを読む

イングロリアス・バスターズ(2009年製作の映画)

3.8

舞台は第二次世界大戦中。

この映画の凄いところは
善人は全く救われないということ。
悪人でも善人の要素が少しでもあれば
殺されてしまうということ。
結局一番悪者が最後まで生き残るということ。

英語
>>続きを読む

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

3.6

ピータージャクソン監督版は
映画の撮影という名目でこの島に
辿り着いてナオミワッツとキングコングと
心をかわしていくラブストーリーの
往年の「キング・コング」の映画だったけど
これは1970年代を舞台
>>続きを読む

タイタンズを忘れない(2000年製作の映画)

4.7

実話を基にしたストーリー。

あまり知られている作品ではないけど
この映画は本当に私の中では名作。

よくあるサクセスストーリーで
分かりやすく読み取りやすい。
だけどその裏にあるのは
この時代にまだ
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

3.9

一度書いたレビュー消して
もう一度書き直すことにしますた。

公開中の映画とは
かけ離れた生活をしてた去年。
一種の社会現象ともなったこの映画を
見ないまま気づけば
映画館での公開は終わってました。
>>続きを読む

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

3.8

すごく長文でスター・ウォーズの新参者による
レビューですので悪しからず。

WOWOWで放送するのを心待ちにして
やっと初めて見ました。

『新たなる希望』へと繋がる
スター・ウォーズのアナザーストー
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.2

ある日迷子になった1人の少年。
オーストラリアの夫婦に引き取られた
その少年は25年の時を経て
Google Earthを活用して
自分の本当の親を探す旅に出るー

実話を基にした映画。

まだ若干5
>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

3.6

監督自身の母親をモデルにした1作。

1979年ー
当時のアメリカは石油危機による不況や
ロックやさまざまな物が入れ混じった世界。

『人生はビギナーズ』の監督・脚本が
同じマイクミルズだからこそ
>>続きを読む

ウソはホントの恋のはじまり(2013年製作の映画)

3.7

SNSを探って好きな人の好みとか
趣味とかを見つけて
それに沿った自分演じてしまうなんて
この現代だからこそ有りがちな恋愛。

SNSで自分を良く見せようとするのもあるし
ただそれは本質的な自分の一部
>>続きを読む

フィリップ、きみを愛してる!(2009年製作の映画)

3.7

実話に基づいた映画。
だからこそ、こういうのが
実際に起きてたのかと思うと
余計に驚かされる1作。

スティーブンのIQの高さと
頭の回転の速さは凄まじい。
ただその頭の良さをもっと他に
利用できれば
>>続きを読む

エージェント・マロリー(2011年製作の映画)

2.5

オーシャンズシリーズを手がけた
スティーブンソダーバーグ監督の作品が
まだあると知り、何気なく鑑賞。

と、まあストーリー的には
こんなにも豪華キャストを使ってるのに
勿体無い感が凄くあったし
もっと
>>続きを読む

名探偵コナン から紅の恋歌(2017年製作の映画)

2.8

コナンも『ちはやふる』のブームに
乗せてきた感が凄くて少し残念。

かるたブームなのかな、2017年の春は。

個人的には去年の『純黒の悪夢』の方が
初めのカーチェイスシーンから
最後まで好みかも。
>>続きを読む

ラッシュ/プライドと友情(2013年製作の映画)

3.1

実際にライバル関係としていた
F1レーサー2人の物語。

私が初めて見たダニエルブリュールと
クリスヘムズワースの出演作品。

ダニエルブリュールの演技力が本当に圧巻。
ご本人にそっくりすぎて度肝を抜
>>続きを読む

ノア 約束の舟(2014年製作の映画)

2.8

旧約聖書の創世記に記された
「ノアの箱舟」の物語の実写化。

夢の中で主人公ノアが地球を襲う
大規模の洪水が起きることを知り、
生命を絶やさぬように
大きな箱舟を作って動物たちを守り抜く。
しかし、そ
>>続きを読む

人生はビギナーズ(2010年製作の映画)

4.0

『20センチュリー・ウーマン』で
監督・脚本を努め、今作でも同役をこなす
マイクミルズ自身の経験を
基に出来上がった作品。

この監督の作品はどれも芸術的で
一つの美術なのではないかと思わされる。
>>続きを読む

ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期(2016年製作の映画)

3.6

12年ぶりのブリジット・ジョーンズの日記。

ヒューグラントが脚本気に入らなくて
ダニエルが出なかったのは少し残念でしたが
飛行機事故で死んだ役柄になってんのは
笑ったし、出てなくても絡めてくるのは最
>>続きを読む

砂漠でサーモン・フィッシング(2011年製作の映画)

3.3

これ余談なんですけど、
私がお寿司で好きなネタってサーモンなんです。

って言うことで、
ちょっと気になりつつあったこの映画を
見始めたわけなんですが。
サーモン食べてるシーン全然無い!!
フィッシン
>>続きを読む

ゴーストバスターズ(2016年製作の映画)

3.3

おバカなクリヘムぽんぽん出てくる。

『マイティ・ソー バトルロイヤル』の
あのおバカな感じを初めて見たとき
この映画でのおバカなとこ思い出した。

ほんとバカかよ。レンズ無し眼鏡とか。
しかも、若干
>>続きを読む

恋は邪魔者(2003年製作の映画)

3.0

この描き方とか音楽とか
個人的にめっちゃ好きなやつだああ!と
思っていつの時代か調べたら
舞台は1962年のアメリカ。
『ヘアスプレー』と同じ年なんですよね。
そりゃ、好きになるわ。

最初に20世紀
>>続きを読む

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

4.4

20年前の『トレインスポッティング』の続編。

20年経って彼らはおじさんになったけど
中身はまだまだ若くて1人の少年。
何も誰も変わらずヤクからも女からも
盗みからも抜け出せず
成長しない彼らの姿が
>>続きを読む

エージェント・ウルトラ(2015年製作の映画)

2.8

少し期待しすぎただけに
あ、え、そんな感じなの〜!?ってなった。

スプーン1つで人を殺しちゃう
ジェシーアイゼンバーグの
あのテンパり様めっちゃ可愛い。
クリステンスチュワートって
結局そっち側か〜
>>続きを読む

グランド・イリュージョン(2013年製作の映画)

3.8

ああ凄い。このどんでん返しっぷり凄い。

当時見るきっかけになったのも
マークラファロが好きだからっていう
理由だけでこの映画見に行ったのに
他のキャストもとても豪華で
すぐに引き込まれた。

初めか
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.2

大人のエゴや勝手な考えによって
小さくてまだあどけない子供たちの
大切な本質について失いがちなのを
静かに優しく教えてくれる1作。

子供にとって何が最善なのか?
それはただの大人のエゴなのではないか
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.5

公開初日にIMAX次世代レーザーにて鑑賞し、
その後3回また鑑賞し、合計4回鑑賞。

まさしく映画館で観るべき映画。
映像、迫力、音響。
それを味わうために生み出された映画。

『ダンケルク』な1年だ
>>続きを読む

彼が二度愛したS(2008年製作の映画)

2.5

『グレイテストショーマン』で
共演を果たすヒュージャックマンと
ミシェルウィリアムズが
10年程前の過去作に出てると知って
今作を鑑賞したのは良いものの……(?)

とりあえずユアンマクレガーの
七三
>>続きを読む

ラブ・アゲイン(2011年製作の映画)

3.6

出だしからスティーブカレル最高だ。

こういうはちゃめちゃして
最後にはほっこりする映画本当好き。

男同士ではちゃめちゃ暴れあうシーン、
本当爆笑だしずっと笑いっぱなし。
そして最後にチョロリと泣か
>>続きを読む

キック・アス(2010年製作の映画)

3.4

ついに始まったこのマシュー・ヴォーン無双。

前作の『スター・ダスト』でも
マシュー・ヴォーンらしさが
完成しつつあったけど
ついに今作にて完璧なるマシューらしさ。

こんなにもグロくて血ブシャー!な
>>続きを読む

X-MEN:アポカリプス(2016年製作の映画)

3.7

ついにチャールズの髪が無くなる衝撃。

マカヴォイ、
アラフィフのおじさん役ですよ。
20年経ってあのまだ初期X-MENの
時のことを思ったら
本当にもうプロフェッサーだ、この人。
生徒を一人一人気遣
>>続きを読む

X-MEN:フューチャー&パスト(2014年製作の映画)

4.0

ベトナム戦争によって
自分の生徒を戦争に連れていかれて
すっかりやさぐれてしまったチャールズ。
それをおヒュー様が救いに。
やさぐれマカヴォイ良いぞお!!

チャールズがローガンに
『X-MEN:FC
>>続きを読む

ブローン・アパート(2008年製作の映画)

2.2

なんかもうすんごい見終わった後に
胸糞悪くなる映画。
個人的に胸糞悪くなる映画、
全然嫌いじゃないしむしろ好きな方だけど
これは消化不良感が凄い。

子供が出てるってだけで
私的にはもうアウトなのです
>>続きを読む

チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密(2015年製作の映画)

2.5

当時公開された時にキャストが豪華で
映画館まで見に行こうと思ってたけど
別にそれほどまでもないと言った感じ。

とりあえずベタニが強すぎる問題。
左目に傷が入ってる感じとか
もう過去からしてヤバい召使
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

4.0

公開初日に次世代IMAXで堪能。

凄い。とりあえず凄いに尽きる。
よくぞここまでの脚本を
シリーズを通して思い浮かぶよなって
また度肝を抜かれた。

内容の中身に触れると
全てがネタバレになってしま
>>続きを読む

>|