mosanさんの映画レビュー・感想・評価

mosan

mosan

映画(405)
ドラマ(65)
  • List view
  • Grid view

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.0

父親の執念。
Web上の情報をたどっていく感じが謎解きみたいで楽しい。
真実にたどりついたのか!?と思いきやトラップだったり。

情報まとめるために、ささっとスプレッドシートに項目記入する様がさすがエ
>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

4.0

食うか食われるか。執念と覚悟で成功を手に入れる。
わかるんだけど、競争世界の甘くない現実が垣間見えてなんとも言えないモヤモヤした気持ちになる。
そして、マックが食べたくなり食べたくない気持ちにもなる。
>>続きを読む

映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者(2020年製作の映画)

4.0

姪っ子の付き添いでひっさしぶりにクレヨンしんちゃん観た。
のはらしんのすけが何一つ変わってなくて安心した。
大人を泣かせにかかるクレヨンしんちゃんの映画は好きなんだけど、今回のはそこまでメッセージ性は
>>続きを読む

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019年製作の映画)

5.0

おもしろかったぜい!
主役の女の子2人を筆頭にみんなキャラがたっててサイコー。
ナチュラルにゲイレズが盛り込まれてるのもよい。さすがLA。「ジェンダーと性的嗜好は別」ってサラッといえる日本の高校生はほ
>>続きを読む

存在のない子供たち(2018年製作の映画)

5.0

突き刺さる。

世話できないなら子供を産むなって、10歳ちょっとの子が嘆願する。
生理がきた途端、鶏と引き換えに売り飛ばされ、無理やり妊娠させられて死んでしまう。
学校はもちろん、病院すらいけない。
>>続きを読む

ビューティー・インサイド(2015年製作の映画)

4.0

ほっこり系。起伏がない感じで終始ほわ〜っとしてた。
共感したり感動したりはとくになかったけど、王道な韓国ラブストーリーて感じで綺麗だった。
顔が変わるたび、梨泰院クラスの人だ!トッケビの人だ!上野樹里
>>続きを読む

LUCY/ルーシー(2014年製作の映画)

3.0

もはや脳とかの問題じゃない。興味を惹かれる設定だけど、覚醒の結果が雑。
そしてこれは、vsアベンジャーズとかじゃなきゃなりたたないのでは?韓国のおじさんが最後まで生き残れるレベルじゃない。
スカーレッ
>>続きを読む

ニワトリ★スター(2018年製作の映画)

3.0

ストーリーが迷子。
前半の、この映画イカレてるでしょ!?奇抜でしょ!?みたいな、日本映画にありがちな演出嫌いだわー。LiLiCoのヌード、いる?笑
途中のアニメーションもよくわからん。
ここでこれを入
>>続きを読む

ヘイト・ユー・ギブ(2018年製作の映画)

5.0

重いなー。

日本人もひとたび世界にでれば、アジア人としての差別をうけたりする。性別や見た目による差別もある。
だけど、黒人に対するそれは、「恐怖」をはらんでるぶん根深いのかもと感じた。

黒人が虐げ
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

5.0

めちゃよい…!
主人公の靴とか、流れるヒップホップの曲とか、ストリートカルチャー満載でアメリカ!な感じがたまらん。
スパイダーマンのバリエーションもテンションあがる。日本アニメ的なキャラがいるのも胸ア
>>続きを読む

2分の1の魔法(2020年製作の映画)

4.0

つまらないわけじゃないけど、なんか物足りなさ?
兄弟がお互い思うところがあるならもっとがっつりぶつかってくれたほうが兄弟愛に感情移入できそうだな。

ミス・アメリカーナ(2020年製作の映画)

4.0

テイラースウィフトって正統派って感じでなんとなく避けてたけど、”good girl”でいたいっていうのが理念だったと知って納得。
人から良い人って思われたいし、人に親切にしたい。どんなに非難されてもそ
>>続きを読む

アデル、ブルーは熱い色(2013年製作の映画)

3.0

フランス映画はどうも苦手だ。むだに暗いし長い、遅い。ずっと観させられてるこのシーンなんのため?と置いてきぼりになる感覚。
アデルの自分のなさ感にイライラしたし、ずっと半開きの口が気になってしまった。
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP(2019年製作の映画)

4.0

日本のコメディ映画か…と思って完全にスルーしてたけど、おもろいやないか!みんなハマり役すぎる。
長澤まさみ最強。女優だわ〜
三浦春馬さんの笑顔は罪だね。
プリンセス編観ようと思った。

天気の子(2019年製作の映画)

4.0

人間は天と地の間に仮住まいさせてもらってるって忘れちゃいけないね。
自然は絶対で変えられないから、地球のうえに生かさせてもらうならわたしたちが変わらなきゃいけない。

映像と音楽でつくりだされる透明な
>>続きを読む

ディセンダント(2015年製作の映画)

4.0

チープ感はあるけど、子供が楽しめるテンポとストーリー。

コンテイジョン(2011年製作の映画)

3.0

まさに今起こってるパンデミックそのもの。
デマや目の前のことに翻弄された人間が、ウイルスより怖いってことがよくわかる。

それにしても、ウイルスっていう目に見えない未知のものに大昔から対応してきて、原
>>続きを読む

>|