NMさんの映画レビュー・感想・評価

NM

NM

映画(500)
ドラマ(22)
  • List view
  • Grid view

愛を歌う花(2016年製作の映画)

2.0

妓生のソユルは売れっ子作曲家ユニと恋仲。
ユニは自分の作った歌でソユルを流行歌手にしたいと望むが、ソユルは正歌を歌いたいからと固辞。
するとユニはソユルの親友ヨニの歌に魅了され彼女をデビューさせる。
>>続きを読む

お嬢さん(2016年製作の映画)

2.3

面白い。なんだこれは。
まず情報量が多すぎる。これはこれで、しかもこれはこれで、といういくつもの設定が重なっている。何巻も続く漫画を読んでいるような感覚。
事前知識なしで、大体こんな内容かな?と想像し
>>続きを読む

暗殺のオペラ(1970年製作の映画)

3.8

観て良かった。地味なので危うくスルーするところだった。

亡くなった父のゆかりの地を訪れた男。
英雄だった父の面影はいまも人々のなかに強く残るものの、町全体がなんともおかしな雰囲気……。

主人公はア
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

3.3

名曲がたくさん出てくる作品、という程度の知識で視聴。
冒頭はぎょっとするようなきついブラックジョークでフックがあったが、それは話が進むにつれ大人しくなっていくので気にしなくて良い。
本筋は王道でキャラ
>>続きを読む

女と男の観覧車(2017年製作の映画)

3.8

50年代。コニーアイランドはブルックリンの南に位置する観光地。
そこにある遊園地で働くジニーは、息子と再婚した夫との生活に追われつつ若い恋人とも会っているが、やがてそんな生活に限界がおとずれる……。
>>続きを読む

アトリエの春、昼下がりの裸婦(2014年製作の映画)

2.0

非常にゆっくりと進行する静かな作品。

非常によく似た作品を観たことがある。フランスかどこかで、画家の老人とモデルの少女がメイン、その様子を妻が遠くで見守る。恋愛要素はありそうでない。長編で絵を描くシ
>>続きを読む

赤いアモーレ(2004年製作の映画)

2.5

外科医の男。
ある女性を見かけ、腰を抜かす。彼は以前、出張先で出会った女性と深い仲になり、妻を裏切っていた。
彼女だろうか……。

倫理観は横に置いて観ることが必須。別に不倫を良しとすることがメインテ
>>続きを読む

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

1.5

ある老人が、彼の書いた脚本を語りだす。

助監督として日々奮闘している若き主人公。テレビに押されつつある映画界を守りたい。
彼はひと気のない映画館に通い、同じ映画を何度も観ている。その作品のヒロインに
>>続きを読む

火天の城(2009年製作の映画)

-

古きよき映画。安心して家族で観られそう。お行儀が良い。

宮大工の岡部又右衛門。部下たちからの信頼も厚い。
ある日突然村にやってきた信長が、五重の城を建てろと命ずる。安土城。
しかし5階建てなど前例が
>>続きを読む

ザ・ウォーカー(2010年製作の映画)

2.6

なかなか。悪くなかった。冒頭観始めたときはB級近未来映画だったらどうしようと不安になったが、話が進んでくると入り込んでいけた。

戦争で環境が激変、文明が壊滅状態になった地球。
生き残った者は水や食料
>>続きを読む

プロミスト・ランド(2012年製作の映画)

3.0

一大ガス会社の幹部候補として期待をかけられている将来有望な男。今度の仕事も必ず成功させねばならない。
採掘地の土地貸借契約を進めていると、ふいのミスで反対派が増えてしまった。更に環境保護団体も加勢に加
>>続きを読む

ニキータ(1990年製作の映画)

2.5

こういうラストだったか。シュールで嘘くさくなくて好み。これが最善の策。その後の二人が気になるところ。

重罪判決が下り、拘束され腕に注射を打たれる若い女。もう涙を流すことしかできない。
だが再び目覚め
>>続きを読む

45歳からの恋の幕アケ!!(2013年製作の映画)

2.3

コメディ。
ヒロインは普通の社会人。別に40代女性でなくとも未婚でなくとも観客は選ばない。原題は『The English Teacher』。
ただ子どもにはあまり薦めない。
タイトルからして誰かと恋に
>>続きを読む

エブリシング(2017年製作の映画)

3.8

家で過ごすヒロインの様子は、コロナ禍にあるなかでとても印象的だった。
彼女ほどではないにしても人との接触を限定されている私たちにとって、勉強し趣味を持ったマディは一部お手本になりうる。

賛否両論ある
>>続きを読む

いつまでも一緒に(2015年製作の映画)

2.3

タイトルは『息を止めて』とされている場合も。原題は『Together For Ever』。
近づいたり離れたりする夫婦と、その間に立たされた娘の物語。

前半は何とも言えぬ奇妙な緊張感。しかしどこがお
>>続きを読む

ロダン カミーユと永遠のアトリエ(2017年製作の映画)

3.0

中年にさしかかったロダンがついに芸術家として売れだし脂の乗った時期。弟子のカミーユたちは彼を崇める。ロダンは若い彼女たちと残してきた内縁の妻との間を行き来して……。

有名作、有名エピソード満載。特に
>>続きを読む

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

2.5

未熟なまま恋愛に翻弄されていく女とその周囲の物語。
原作ファンは、映画は別物と捉えて観るのが良いようだ。むしろ読んでいない人にお薦め。

ヒロインは売れないバンドマンと同棲中。
二人分の生活費を稼ぐべ
>>続きを読む

血と骨(2004年製作の映画)

3.0

梁石日(ヤン・ソギル)の小説原作。山本周五郎賞作品。長編。
作者の実体験が元らしいので大変リアリティがある。

韓国から日本に来た人々が苦労しながらたくましく生きていく話かなと思って観始めたが、美しい
>>続きを読む

アフタースクール(2008年製作の映画)

3.7

コメディに分類されることもあるが、笑うシーンは数箇所のみ。それよりもストーリーとして面白く、何気なく深いことを描いてもあり、感動もある作品。

回想シーン。なにやら制服の美少女が木村君に手紙を渡してい
>>続きを読む

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

3.0

千絵は明るい森に囲まれたカフェで働く、優しくて純粋そうな女性。カフェをオープンさせる前にそこに通りかかり、以来店作りをずっと支えてきた。

そのカフェを営む、同じく優しくて純粋な亮介と恋仲に。
亮介は
>>続きを読む

幼な子われらに生まれ(2017年製作の映画)

-

いや~な雰囲気満載。

主人公、田中信の現家庭
・現妻
・長女 
・次女
・後からもう一人赤ちゃん 田中との子

前家庭
・前妻 現在再婚
・主人公との間の娘

登場した田中は真面目でいい人そう。
>>続きを読む

もうひとりの息子(2012年製作の映画)

4.2

監督はユダヤ系フランス人。

都心テルアビブに暮らす、フランス系イスラエル人のシルバーグ家。
長男で18歳のジョセフはギターが得意なごく普通の青年。幼さの残る顔。優しい性格のようで、将来は歌手になりた
>>続きを読む

よりよき人生(2011年製作の映画)

4.2

学生食堂で働く男、ヤン。
料理が好きで、転職しようとレストランに出向くが、未経験とみなされ歯牙にも掛からない。

その日面接に行ったレストランで、ウェイトレスのナディアと惹かれ合う。ナディアはレバノン
>>続きを読む

P.S. アイラヴユー(2007年製作の映画)

2.1

喧嘩も激しいが深く愛し合っている若い夫婦。

だがそれは昔の話。夫ジェリーは病死、残された妻ホリーはいまだに一日中彼を思い、一向に前に進めない。
子どもを作る作らないで揉めたことも深くのしかかってくる
>>続きを読む

チョコレート(2001年製作の映画)

4.0

深くて暗くて、中身がぎゅうぎゅうに詰まった、色々考えさせられる作品。
原題の『Monster's Ball』は、作品内でも出てくる言葉。執行日前に看守たちが催す飲み会のことらしい。
そして邦題の『チョ
>>続きを読む

赤ずきん(2011年製作の映画)

3.4

よく知られた赤ずきんの実写版ではなく、それにインスピレーションを得た別物のサスペンス・ホラー。
話は分かりやすいもののそこまで単純でもなく、意外と見ごたえがある。

舞台となる村の近くには「狼」がいる
>>続きを読む

家族の庭(2010年製作の映画)

-

ゆったりと進む映画。穏やかな音楽と自然。

中年のおしどり夫婦のもとには、同じく歳を重ねた様々な友人たちが訪れる。
彼らと話がしたくて、アドバイスが欲しくて、居心地が良くて。
誰にも話せないこと、二人
>>続きを読む

白いリボン(2009年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

2010年の作品。鬼才ハネケが各賞を総なめにした。まさに普通の人には作れないような映画。

白いリボンとは、子どもが清く正しく行動できるよう祈るおまじないのようなもので、髪や腕に結ぶものらしい。

>>続きを読む

ビーイング・チャーリー(2015年製作の映画)

3.0

リハビリに奮闘する少年の波乱万丈の物語。ロードムービーのような雰囲気。派手な演出がなく落ち着いて観られる。

死んだような眼で誕生日ケーキをじっと見つめるチャーリー。葬式か悪魔儀式のような雰囲気。
1
>>続きを読む

復活(2016年製作の映画)

3.0

隊長以外の弟子たちが頼りなくてほほえましい。神の選ぶ基準は、決して人間とは同じでないことが分かる。
聖書を一通り読んでいないと、所々何のことか分からない箇所があるので、どちらかというとある程度知識のあ
>>続きを読む

キリング・ミー・ソフトリー(2002年製作の映画)

3.5

なにやら女が誰かから話を聞かれている。
何が起こったのか最初から話してくれますか、と。

毎日忙しく働く、かわいくて真面目なヒロイン・アリス。ロンドンに来て1年半。
友達のような恋人と仲良く同棲中。
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.6

硬派でドキュメンタリーのような作品だろうと思っていたが、ドラマチックでシンプル、画も美しく存外観やすかった。
レトロなファッション、建物、音楽も素晴らしい。重大な会議の部屋にも美しく陽光が差し込んで絵
>>続きを読む

>|