ノラネコの呑んで観るシネマさんの映画レビュー・感想・評価

ノラネコの呑んで観るシネマ

ノラネコの呑んで観るシネマ

大綱引の恋(2020年製作の映画)

3.9

昨年急逝された佐々部清監督の遺作。
薩摩川内に伝わる大綱引祭を背景に、東京で夢敗れ父の建設会社で働く三浦貴大と、ジヨン演じるマンガ大好きの韓国人研修医の恋が描かれる。
なぜ韓国かと言うと、向こうにも似
>>続きを読む

ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから(2019年製作の映画)

4.0

売れっ子SF作家の主人公が、高校時代から付き合って結婚した妻と喧嘩。
目覚めると、二人が出会わなかった世界線に飛んでいて、自分はしがない国語教師に、妻は国民的ピアニストと立場は逆転。
設定はラノベっぽ
>>続きを読む

ジェントルメン(2019年製作の映画)

4.4

映画館成分を補充。
イギリスの大麻王、マシュー・マコノヒーが引退を決意。
巨大な利権を巡って、アメリカのフィクサーやらチャイニーズマフィアやら、怪しい連中がワラワラ集まってくる。
全体が、ヒュー・グラ
>>続きを読む

ヒルビリー・エレジー -郷愁の哀歌-(2020年製作の映画)

4.6

Netflix。
遅ればせながら鑑賞したが、さすがはロン・ハワード。
アメリカならではの、素晴らしいファミリードラマだ。
タイトル通り、主人公はオハイオ州の貧しいヒルビリーの家庭の出身で、今は人生を決
>>続きを読む

ミッチェル家とマシンの反乱(2020年製作の映画)

4.5

Netflix。
いやー楽しい!
コロナで配信スルーになっちゃったけど、これはスクリーンで観たかったな。
LAの映画学校に入学する娘のケイティを送り届けるため、ミッチェル一家が大陸横断自動車旅に出る。
>>続きを読む

マ・レイニーのブラックボトム(2020年製作の映画)

4.9

Netflix。
本年度アカデミー賞候補作の中では、「ノマドランド」に匹敵する傑作。
舞台は1927年のシカゴのレコーディングスタジオ。
“ブルースの母”と呼ばれる大物歌手、マ・レイニーのレコーディン
>>続きを読む

サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ(2019年製作の映画)

4.7

アマプラ。
これは素晴らしい。
愛するオリヴィア・クックと共に、メタルデュオとしてバンで全米を旅しているドラマーのリズ・アーメットが、突然聴覚を失ってしまう。
音の無い未知の世界に放り込まれた男の、人
>>続きを読む

ウィズアウト・リモース(2021年製作の映画)

4.0

アマプラ。
「ジャック・ライアン」シリーズのスピンオフ。
マイケル・B・ジョーダン演じる、妻を殺されたネイビーシールズの兵士ジョン・ケリーが、CIAエージェントのジョン・クラークとなるまでの話。
冒頭
>>続きを読む

ドアロック(2018年製作の映画)

4.0

Netflix。
なかなかにウェルメイドな韓国製スリラー。
派遣の銀行員の主人公が、謎の凶悪ストーカーに狙われる。
はじまりは、部屋のプッシュ式ドアロックの違和感。
次に何者かが部屋に侵入しようとする
>>続きを読む

ホムンクルス(2021年製作の映画)

3.4

Netflix。
頭蓋骨に小さな穴を開ける“トレパネーション”手術を受けた綾野剛が、人間のトラウマが見える特殊能力を発動しちゃう。
薄っぺらい人間はそのまま紙みたい薄っぺらに、ヤクザ者は武装したロボッ
>>続きを読む

愛してるって言っておくね(2020年製作の映画)

5.0

Netflix。
本年度アカデミー短編アニメーション映画賞。
「トイストーリー4」の原案で知られるウィル・マコーマックとマイケル・ゴビアが作り上げたのは、深い悲しみを抱え、お互いを思いやる気持ちを忘れ
>>続きを読む

隔たる世界の2人(2020年製作の映画)

4.7

Netflix。
本年度アカデミー短編映画賞。
昨年5月に起こり、世界を巻き込む大きなムーブメントのきっかけとなった、ジョージ・フロイドさん死亡事件にインスパイアされた作品。
毎朝必ず白人の暴力警官に
>>続きを読む

スプリー(2020年製作の映画)

3.4

これもネット社会の闇が題材。
SNS中毒でバズりたくてたまらない主人公が、シェアライドの“スプリー”のドライバーとなって、お客さんを殺すリアル殺人ショーを生中継。
しかしフェイクだと思われて閲覧は伸び
>>続きを読む

SNS-少女たちの10日間-(2020年製作の映画)

4.3

キモすぎる。
ネット上の児童虐待の実態を暴き出した、チェコのドキュメンタリー。
スタジオに作られた3つの子供部屋で、3人の童顔の大人の女優たちが「12歳の少女」という設定でSNSのアカウント作る。
>>続きを読む

るろうに剣心 最終章 The Final(2021年製作の映画)

4.6

劇場が閉まる前に何としても観たかったが、いやー燃えた。
日本が生んだ史上最高のスウォードアクション。
佐藤健と哀しき復讐鬼の新田真剣佑はもちろん、役者がみんないい。
武井咲も土屋太鳳も神木くんも、みん
>>続きを読む

バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画をつくったら~(2021年製作の映画)

4.0

実はTVドラマ版はほとんど観たことないんだけど、面白かった。
富士の裾野にある、バイプレウッドスタジオを舞台にしたお祭りムービー。
スタジオがNetflixみたいな外資に買収されそうになり、スタジオを
>>続きを読む

ラブ&モンスターズ(2020年製作の映画)

4.2

Netflix。
なにこれ、むっちゃ楽しいんですけど。
突然変異した巨大生物たちが跋扈し、人類の文明が滅んでから7年後。
デュラン・オブライエンのヘタレ青年が、7年前に別れたきりの愛する彼女のいる13
>>続きを読む

クリシャ(2015年製作の映画)

4.1

2015年に発表された、トレイ・エドワード・シュルツの長編デビュー作。
深刻な依存症の問題を抱え、家族から鼻つまみ者扱いされていた60代の女性クリシャが、久しぶりに感謝祭の夕食に招かれる。
しかし四世
>>続きを読む

約束の宇宙(そら)(2019年製作の映画)

3.9

これは視点が新しい。
エヴァ・グリーン演じるシングルマザーの宇宙飛行士が、国際宇宙ステーションへと旅立つまでの物語。
火星探査のリハーサルを前提とし、一年間に渡って地球との交信を絶つプロキシマ計画。
>>続きを読む

名探偵コナン 緋色の弾丸(2021年製作の映画)

4.5

むっちゃ面白い。
近年の劇場版では、2016年の「純黒の悪夢」以来の快作だ。
商標の関係でそのまんまの名は使えなかったんだろうが、限りなくオリンピックっぽいWSGというスポーツ大会の開会式と、ハイパー
>>続きを読む

AVA/エヴァ(2020年製作の映画)

2.9

組織に追われる殺し屋ってモチーフから、「ボーン・アイデンティティー」の女性版を想像してたんだが、アプローチが全く違った。
予告編で見せてる暗殺ミッションと、反逆のシチュエーションは全体の半分も無くて、
>>続きを読む

ブックセラーズ(2019年製作の映画)

4.0

世界最大規模のNYブックフェアからはじまって、希少本を扱うディーラー、コレクター、オークショニア、代々引き継がれてきた路面店の店主ら、深くて広い、書物の大洋に生きる人々を描くドキュメンタリー。
それぞ
>>続きを読む

アンモナイトの目覚め(2020年製作の映画)

3.5

ケイト・ウィンスレット演じる、実在の古生物学者メアリー・アニングの物語。
1840年代、イングランドの海辺の街で化石店を経営していた彼女は、発掘の手ほどきをした学者の妻で、子どもを亡くしうつ病を患って
>>続きを読む

くれなずめ(2021年製作の映画)

4.2

高校時代の同窓生の結婚式に集まった、6人の親友たち。
これ、もう予告編でも言ってるし、チラシにも載ってるから書いてもいいと思うが、その中に何故か5年前に死んはずの成田凌がいて、すっかり馴染んでるんだな
>>続きを読む

街の上で(2019年製作の映画)

4.8

いやー素晴らしい。
今泉力哉監督のベストだ。
下北の古着屋に勤める、読書好きの青くんの小さなセカイを中心に、幾つものセカイの波紋が、お互いに影響し合いながら同心円上に広がってゆく。
映画全体の大きなフ
>>続きを読む

BLUE/ブルー(2021年製作の映画)

4.6

これはむっちゃ切ない映画だ。
誰よりも熱心だけど、試合で勝てない松山ケンイチと、才能豊かですごく強いけど、体に問題を抱えた東出昌大、なんちゃってではじめたつもりが、本気になってしまった柄本時生。
同じ
>>続きを読む

レッド・スネイク(2019年製作の映画)

3.5

イスラム国との戦争で活躍した、クルド軍女性部隊の話。
一昨年公開された「バハールの涙」と題材は同じ。
主人公は父を殺され、イスラム国戦闘員の性奴隷にされたヤズディ教徒の少女で、戦闘に加わる目的も、敵討
>>続きを読む

Songs My Brothers Taught Me(原題)(2015年製作の映画)

4.5

MUBIにて。
クロエ・ジャオの長編デビュー作。
「ザ・ライダー」と同じく、サウスダコタのパインリッジ・リザベーションが舞台。
大学に進学するガールフレンドと共に、希望を持てない故郷を出て、LAに移住
>>続きを読む

パーム・スプリングス(2020年製作の映画)

4.4

面白い!
妹の結婚式で、砂漠のリゾートに滞在中のクリスティン・ミリオティが、出席者のアンディ・サムバーグと不思議な洞窟に入ったら、結婚式の1日を永遠に繰り返す時間ループに閉じ込められる。
しかもサムバ
>>続きを読む

ザ・スイッチ(2020年製作の映画)

4.3

女子高生になったおっさんが、瀧くんと全く同じ行動をしてたw
殺人犯と女子高生が入れ替わっちゃう!という設定は、つい最近日本のドラマに似たのがあったが、あちらが名手森下佳子の手で深遠な人間ドラマに仕上が
>>続きを読む

ザ・バッド・ガイズ(2019年製作の映画)

3.8

韓国版「スーサイド・スクワッド」。
ドラマ版観てないけど、無問題。
護送車が襲撃され、凶悪犯たちが脱走。
事件を解決するために、減刑を条件に犯罪者たちを集めた特捜チームが再結成される。
話は単純だが、
>>続きを読む

21ブリッジ(2019年製作の映画)

4.3

チャドウィック・ボーズマン最後の勇姿。
ブルックリンで麻薬が強奪され、警官が殺される事件が発生。
二人組の犯人は、対岸のマンハッタンへと逃亡する。
青島刑事はレインボーブリッジ一つすら閉鎖出来なかった
>>続きを読む

グッドバイ(2020年製作の映画)

3.7

怪作。
福田麻由子演じる、全てを無難にこなす主人公が、保育施設で働くこととなり、ある園児の父親に仄かな恋心を抱く。
まずこの男に強烈な違和感。
目を見て話さない。きちんと挨拶しない。ごはん作ってもらっ
>>続きを読む

ホース・ガール(2020年製作の映画)

4.3

Netflix。
これはとても面白い。
アリソン・ブリー演じる主人公は、馬とオカルトドラマが好きな平凡な女性。
ある日、ドラマの主人公と同じ名前の男性を紹介されて、恋に落ちる。
ところがその夜から、彼
>>続きを読む

夏時間(2019年製作の映画)

4.3

ユン・ダンピ監督の、味わい深いデビュー作。
酷暑が続く夏の日、事業に失敗した父親と弟の三人で、祖父の暮らす実家へ引っ越した女子中学生が主人公。
ちょうど夫と喧嘩したおばさんも出戻りし、図らずも三世代の
>>続きを読む

劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班(2021年製作の映画)

3.5

日本版のドラマ観てないけど、キャラも設定もオリジナルの韓国版とほぼ同じだから問題ない。
2021年の現在で毒物を使ったテロ事件が発生し、坂口健太郎の主人公は2009年の事件との関連を疑い、例の無線機を
>>続きを読む

>|