きつねさんの映画レビュー・感想・評価

きつね

きつね

映画(255)
ドラマ(14)
アニメ(0)

バートン・フィンク(1991年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

チャーリー?!

箱の中身が気になる。
首だったら、血が滲むはずだし匂いもするだろうし…
あとラストのカットよ。
ホテルの絵なんだけど、どう繋がるの?

あとあんなに燃えていたホテルからバートンフィン
>>続きを読む

ケイゾク/映画 Beautiful Dreamer(2000年製作の映画)

3.5

「チームケイゾクプレゼンツ」ってシールを貼った魚をオープニングにしようと思いますか??
堤幸彦のこういうセンス大好き。

ドラマのラストが好きだったので、映画の蛇足感は否めませんでした。
ドラマのあれ
>>続きを読む

ボクたちはみんな大人になれなかった(2021年製作の映画)

3.7

若かりしの佐藤くんは21歳。
わたしも上京したのがその頃。
はじめて恋人ができたのもその頃で佐藤くんと同様に新宿や渋谷の風景と共にあの日々の記憶を追体験。

今でもその人を連想させるものや場所が頭の片
>>続きを読む

キャビン(2011年製作の映画)

3.5

エレベーター、チーン!!からの展開が激しすぎてちょっと面白かった。

不気味な地下室から何を選ぶかは自分たち次第ってことだったんだ。
謎のバレリーナの子を選んだら何されるんだろう。
この状況だったら、
>>続きを読む

最後まで行く(2023年製作の映画)

3.3

岡田くんが磯村勇斗になりきって「ん」で電話を乗り切るシーンが好き。

お母さんの上に遺体を乗せるシーンが力技すぎて不謹慎だけど面白かった。
綺麗に収まっているし。

年末年始の話で今日観れたのがなんか
>>続きを読む

架空OL日記(2020年製作の映画)

3.7

ソヨンちゃんかわいい。
シム・ウンギョン推せる。

そんなソヨンちゃんがカラオケで歌うシーンが好き。
カラオケ映像が、同級生でめちゃくちゃださいっていうところ最高。
ブラッシュアップライフもだけどカラ
>>続きを読む

aftersun/アフターサン(2022年製作の映画)

3.6

鑑賞してからしばらく経つのになかなかレビューできなかった。

おませの本田さんが猛烈にこの作品が刺さったという動画を観た。
余白多めの描きすぎていない作品は好きだが、なんか思ったより私には刺さらなかっ
>>続きを読む

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

3.8

今作で取り上げられている、いずれかの県に住んでいるので面白おかしく鑑賞できた。

今公開中の関西編は、土地勘があまりないので楽しめるのだろうかと思いながらも気になっている。
愛之助、そして山村紅葉、絶
>>続きを読む

パーフェクトブルー(1998年製作の映画)

4.0

まさかの展開に「え、えっ…!!」ってなっていたら終了した。
エンドロールの曲が明るいのが、逆に怖い。

観ている側も混乱。
現実と虚構が混同して分からなくなっていく感覚を追体験している感じ。

ラスト
>>続きを読む

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

3.5

アン・ハサウェイ主演ということでなのか、マイインターンを観た時と同じ後味。

多分大事なメッセージを投げかけてくれてるけど、素直にキャッチできない。
これは作品のせいではなく、自身の気持ちの歪みが故。
>>続きを読む

メランコリア(2011年製作の映画)

3.8

ノストラダムスの予言に本気でビビっていたタイプの人間なので、このテーマは怖い。
抗えない自然の脅威が怖い。

クレアのメランコリアに対する恐怖演技が上手すぎて、こちらまで不安定になりそうだった。
状況
>>続きを読む

シックス・センス(1999年製作の映画)

3.5

この作品の秘密を知ってしまったうえで鑑賞。
なので、驚きはなかったけれど切ない展開に後半涙したり楽しめました。

コールのおばあちゃんとお母さんのエピソードが泣ける。
お母さん、よくがんばってるよ。
>>続きを読む

青春デンデケデケデケ(1992年製作の映画)

4.0

最近エレキギターを買い、音楽熱が上がっている。
バンド、音楽の映画が観たい!と今作を鑑賞。

私も学生時代からギターをやっていたかった!
軽音学部に入りたい!
とめちゃくちゃ羨ましい気持ちになりながら
>>続きを読む

茜色に焼かれる(2021年製作の映画)

3.5

熊木くんに「おいっ?!!!」ってすっごい顔して睨む良子さんが好きすぎて、3回巻き戻して観ました。
尾野真千子かっこいいわ〜

なかなかの胸糞ボリュームパックでしたが、私は元官僚側の弁護士と花屋の店長と
>>続きを読む

茶飲友達(2022年製作の映画)

4.0

シネマンションの胸糞悪い映画特集からこの作品を知りまして。
興味をそそられ早速鑑賞。

結論、胸糞悪くなかった。
とても沁みる、考えさせられる作品でした。

正しいことだけやっていては、救われない人が
>>続きを読む

(2023年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

生まれて初めて試写会に行きました。

公開前なのであれこれ言えませんが、
ためやん…
とだけは言わせてください。


貴重な体験、ありがとうございました。

親切なクムジャさん(2005年製作の映画)

3.5

イ・ヨンエの美しさよ。
若かったが故、そして周りに頼れる人がいなかった故に間違った道に踏み込んでしまった悲劇。

チェ・ミンシクは出てくるだけで不快感MAXにさせてくれるの凄いな。
子供嫌いなのに英語
>>続きを読む

カッコーの巣の上で(1975年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ずっと観たかった〜
U-NEXTありがとうございます。

マックは本当に奔放でしたね。
バスを強奪して船に乗るシーンはとても映画的でしたが、そりゃお咎めありますわと冷静になってしまった。
けれどもバス
>>続きを読む

ヴィレッジ(2023年製作の映画)

3.3

透、すごい無理〜
本当無理、生理的にあかん。
あれ?なんかこの感情、あれ?!
この俳優さん「宮本から君へ」に出てた!
と分かりスッキリ。

どんだけ女犯すんや?!
こういう役に重宝されてるんですね。
>>続きを読む

まともじゃないのは君も一緒(2020年製作の映画)

3.6

成田凌の気持ち悪い笑い方が好き。

そして、清原果耶がかわいい。
泉里香より断然かわいい。
好みの問題だけど、泉里香より清原果耶をかわいいと判断する男性が私は好きだ。←映画のレビューと何も関係ない、個
>>続きを読む

隠し剣 鬼の爪(2004年製作の映画)

3.8

昨日観た「たそがれ清兵衛」とキャストや内容が似通っていながらも、最後まで楽しめた。
普遍的な日本人が好きな話という感じ。

田中泯と直太役の俳優さんがとても良い味で好きなので、また会えて嬉しかった。
>>続きを読む

たそがれ清兵衛(2002年製作の映画)

3.8

派手さはない、けれど序盤から涙が溢れる。

幼子が母を亡くす描写も、何を言われても静かに一家を支え続ける清兵衛も、朋江と楽しそうに遊ぶ娘達も、遺骨を食べる田中泯もなんだかとても泣けるのだ。

人の本質
>>続きを読む

戦慄怪奇ファイル コワすぎ! FILE-01 口裂け女捕獲作戦(2012年製作の映画)

4.0

ジャガモンド斎藤さんの口から何度も出ている、戦慄怪奇ファイルコワすぎシリーズ。
遂に鑑賞。

サクッと観られる尺と笑いの要素がツボでした。
これは全シリーズ観たい。

ホームレスのおっちゃんに掴みかか
>>続きを読む

めまい(1958年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

えっ何、何?!という先の見えない展開がとても好み。

ジュディの告白に、あ〜なるほど!となるがそこで終わらないのがサスペンスの巨匠。
寧ろ、そこからクライマックスの破滅へ向かう描写がやはり山場でしたね
>>続きを読む

新聞記者(2019年製作の映画)

3.5

同調圧力に反すること。
家族を持つ者にとって難しいことだろう。
同調することがもちろん良い訳ではないけれど、大きな力によって意思とは関係なく呑み込まれてしまうのだろう。

こういうことってきっと多々あ
>>続きを読む

バトル・ロワイアル(2000年製作の映画)

3.0

BRの説明映像に対して「こんにちは〜!」「ありがとうございま〜す!」と手振り付きで答えるキタノが最高。

ロマンス満載のストーリーに差し込まれる無表情のキタノが良いスパイスになっている。
いや、このス
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

タクシーの列は仲間の結束。
1台、1台グシャグシャになっていくのは真実を届けるための犠牲の死。
お前らが暴徒だよ!に抗う、市民とドライバー達の争いに涙。

ドイツまでフィルムを持っていけて良かった〜!
>>続きを読む

さかなのこ(2022年製作の映画)

4.5

のんが放つ純粋さと目の輝きと、井川遥の子供の好きを尊重する母親の覚悟に泣いた‥

子供が周りと馴染めなかったり、変わっていたりするとそこを矯正しようとしがちがけどこの母親を見て拍手を送りたくなった。
>>続きを読む

それいけ!アンパンマン ロボリィとぽかぽかプレゼント(2023年製作の映画)

-

娘の映画館デビュー。
個人的には怪物が観たいです。

ロボリィの声が桐谷美玲なのですが、ロボリィが歌うシーンでの音程が1番ハラハラしました。
ロボリィがたいせつなものを見つけられて良かったです。

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

3.5

歪んだ映画作品ばかり選びがちなので、ひさびさのヒューマンハートウォーミングな作品に戸惑った。

若き日のディカプリオは眩しくて、騙されてもいい。
空港で待ちぼうけている偽装フィアンセの姿はちょっと切な
>>続きを読む

日本で一番悪い奴ら(2016年製作の映画)

3.6

平手打ちをしながら性行為をする綾野剛。
ベルトをギリギリ締めてシャブを打ち、目がきまり涎をダラダラ流す綾野剛。
危うい役がはまりますな〜

白石監督ということで孤狼の血メンバーがちょいちょい出てきてい
>>続きを読む

ちひろさん(2023年製作の映画)

3.5

リリーフランキーと若葉竜也を散りばめると作品が締まりますね〜

正論よりもその人を思った素直な言葉のほうが絶対救われるし、
血縁よりも考え方が合う人と一緒に居たいものだよな。

温かくも冷たいような映
>>続きを読む

孤狼の血 LEVEL2(2021年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

こわい!!と口に出しながら鑑賞。

言わずもがな鈴木亮平演じる上林が怖すぎたのである。
けれども何をしでかすか分からない暴れっぷりは圧倒され気持ちが良い程だった。
目への異常な執着は、少年時代の悲しい
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

やっちゃれ会で本当にやっちゃった。
トイレのドアを静かに押していく江口洋介怖っ

どぎついシーンの詰め合わせにビビって音量下げたり調整しながら観ていたんです。
ですが、松坂桃李が養豚場の息子をボコボコ
>>続きを読む

ヤクザと家族 The Family(2021年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

キャスト良すぎません?!

綾野剛も舘ひろしもさる事ながら、北村有起哉と駿河太郎!!
北村有起哉のこの人じゃ組支えられんな…っていう若干の頼りなさと哀愁。
そして駿河太郎の同情できない悪者感。
エグい
>>続きを読む

空白(2021年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

寺島しのぶって本当演技うまいな〜

店長に気があったから?
気があったからお節介してたの?
それともそういう性分なの?
店長の自殺未遂からのあの慰めはあかん。

松坂桃李はそりゃ魅力的ですが、どさくさ
>>続きを読む

>|