レネリーさんの映画レビュー・感想・評価

レネリー

レネリー

映画(1307)
ドラマ(8)
アニメ(0)

ゾンビアス(2011年製作の映画)

4.7

北米版Blu-rayにて鑑賞

「ウンゲロミミズ」「検 便」「妹 便」でお馴染みV&Rが産んだ鬼才・井口昇監督のスカトロゾンビ映画。
特殊性癖の持ち主にとってはまるで天国のような映画なんだろうね。オナ
>>続きを読む

仮面ライダー555(ファイズ) 20th パラダイス・リゲインド(2024年製作の映画)

5.0

劇場にて鑑賞

仮面ライダー555 20周年記念
放送から20年も時が立ち、俺もすっかりと大人になってしまったなとしみじみ…。

平成初期のある意味で”子供向け番組”の常識を覆したのが、このファイズ。
>>続きを読む

魁!!男塾(2007年製作の映画)

3.4

DVDにて再鑑賞

かなり昔に見た事あったけどほとんど覚えてないが、この度DVDを購入し再鑑賞したが、原作者が褒めるだけあって、悪い作品ではない。
本作は、「VERSUS」や漫☆画太郎実写作品「地獄甲
>>続きを読む

ザ・ガーディアン/守護者(2022年製作の映画)

3.5

劇場にて鑑賞

「アシュラ」「監視者たち」など韓国の名作に主演、出演し個人的イケオジ韓国俳優の1人チョン・ウソンが初長編映画監督作品となる本作は、刑期を終えた主人公が元恋人との間に子供を授かった事実を
>>続きを読む

哀れなるものたち(2023年製作の映画)

5.0

劇場で鑑賞

星5では足りない。

不条理劇な作風と圧巻の独創性が特徴的なギリシャの鬼才監督・ヨルゴス・ランティモスの最新作「哀れなるものたち」を観に行ったが、オールタイムベスト級の最高傑作だった。
>>続きを読む

ベイビーわるきゅーれ 2ベイビー(2023年製作の映画)

4.0

渡辺哲さんとお仕事でお会いした時に自分で出演した作品の中でもかなり面白いお気に入りの作品と紹介してもらったので鑑賞。

本作は「国岡」シリーズや若きバイオレンス映画の巨匠・阪元監督のベイビー続編。
>>続きを読む

シャクラ(2023年製作の映画)

4.0

劇場にて鑑賞

漸く道内にもTOHOシネマズがオープンし、記念すべき一本目としてドニー・イェンが製作・監督と主演を務めた武俠映画の最新作を鑑賞したが、なかなか面白い作品だった。

前情報として、MCU
>>続きを読む

東京物語(1953年製作の映画)

5.0

Blu-rayにて再鑑賞

こんなに幸福感溢れる映画はなかなか無い。
本作は尾道に住む老夫婦が子供や孫に会うために東京へ行くというシンプルなお話。
東京で暮らす子供たちは自分の生活や仕事で精一杯でほと
>>続きを読む

エクスペンダブルズ エクステンデッド・ディレクターズ・カット(2010年製作の映画)

4.0

Blu-rayにて鑑賞

スタローン特有の後出しディレスターズカット版ということで初めて鑑賞したが、オープニングやエンディング以外にどこが変わったのか全然わからなかったが、やっぱりこのシリーズは本作と
>>続きを読む

銃声 LAST DROP OF BLOOD(2003年製作の映画)

2.5

Huluにて鑑賞

DVDも持ってたけど探すのだるくて配信で見たが、秋元康が手掛けたフィルムネオノワール物で、とんねるずの石橋貴明が主演だけでなく豪華なキャストが多数出演している。
話は至ってシンプル
>>続きを読む

ミッドナイト・ガイズ(2012年製作の映画)

4.3

Blu-rayにて鑑賞

正月休み、映画棚を整理してたら恐らく何年も前に購入しただけで未だ未鑑賞、未開封のブルーレイを見つけて鑑賞したが最高すぎた。
本作は70歳を迎えた映画好きの祖父と鑑賞したのだが
>>続きを読む

search/#サーチ2(2023年製作の映画)

4.1

劇場にて鑑賞

公開日に観に行ったけど書いてなかった。
このシリーズの脚本は本当に素晴らしいよね。
編集とか構成とか無駄がないしダメなところがほとんど無いと言ってもおかしくない。
前作も実にリアルだっ
>>続きを読む

ブリッツ(2011年製作の映画)

4.3

Blu-rayにて再鑑賞

久々に鑑賞したけど、ステイサムが演技にも力を入れたいと奮闘していた時期にアクションシーンを控えめにした作品が多かった頃の作品で、個人的にステイサム映画の中でもかなり好きな映
>>続きを読む

怪物の木こり(2023年製作の映画)

2.0

劇場にて鑑賞

あの頃の三池崇史はもういない。

数年前では久々となったオリジナル脚本映画「初恋」で勢いを取り戻したかと思いきや、バイオレンスから再び掛け離れた商業映画へ…。
本作はサイコパスを題材と
>>続きを読む

ロスト・フライト(2022年製作の映画)

4.2

劇場にて鑑賞

ウチの社員連れて「首」を観に行ったついでにレイトショーで上映されてたので鑑賞したが、ハッキリ本音を言うと首より全然面白かった。

エンドオブシリーズ再鑑賞から再びジェラルド・バトラーの
>>続きを読む

(2023年製作の映画)

3.0

IMAXにて鑑賞

構想30年、大ヒットシリーズ「アウトレイジ 」の最終作から森昌行との決別、オフィス北野を脱退し、6年ぶりの監督作品となり東宝配給作品は実に32年前「あの夏、いちばん静かな海。」以来
>>続きを読む

エンド・オブ・キングダム(2016年製作の映画)

4.8

Blu-rayにて鑑賞

少々ご都合主義的要素はあるものの、スリル満載でその懸念をしっかりと取っ払い、大統領を守るという主軸をしっかりと持たせたアメリカ万歳映画の最高傑作。

今度の大統領は、走る!戦
>>続きを読む

エンド・オブ・ステイツ(2019年製作の映画)

4.8

Blu-rayにて鑑賞

気づけば廃盤になってて焦った!
高騰しすぎだよ!勘弁してくれ!!!

現代では減少しすぎのアメリカ万歳系映画の傑作シリーズ、エンドオブ3作目。
満身創痍で繰り広げる怒涛のアク
>>続きを読む

108~海馬五郎の復讐と冒険~(2019年製作の映画)

4.0

Blu-rayにて鑑賞

かなり酷評が多く、蓋を開ければ日本人の歪んだ性格というか…なんというか…。
大前提でR18+指定作品を見て真っ当に評価をするのもまあ珍しいこと。
コメディ映画とかの評価にもあ
>>続きを読む

炎のデス・ポリス(2021年製作の映画)

4.5

Blu-rayにて鑑賞

個人的に大好きなジョー・カーナハン監督の作品ということでかなり楽しみだったが、やはりこの監督が手掛ける映画は毎度面白い。
砂漠地帯にある警察署に暴力沙汰で逮捕された詐欺師と飲
>>続きを読む

マイ・ボディガード(2004年製作の映画)

4.0

Blu-rayにて再鑑賞

「イコライザー THE FINAL」でデンゼルとダコタが19年ぶりに共演したから、それを思うとかなりグッとくるね。

久々に観たくなって買おうとしたらBlu-ray版は廃盤
>>続きを読む

Saw X(原題)(2023年製作の映画)

4.0

海外にて先行で鑑賞

大人気シリーズ”SAW”の最新作であり、時系列でいうと1作目と2作目の中間に当たる為、事実上の「ソウ1.5」となる。

まさにシリーズの原点回帰となりソリッド・シチュエーションな
>>続きを読む

狼たちの墓標(2021年製作の映画)

3.5

Blu-rayにて鑑賞

「友へ チング」で知られるユ・オソンと(多分)叔母様達が大好きなハンサム俳優で2023年個人的ベスト映画「THE KILLER/暗殺者」のチャン・ヒョクが共演した韓国任侠映画
>>続きを読む

エクスペンダブルズ ニューブラッド(2023年製作の映画)

3.0

関係者試写会にて鑑賞

トップクレジットがステイサムになった…という点で色々とお察し状態ですが。
素直に続編はとてもとても嬉しい。
まず素直に喜ぶべき点は、R15+に再び戻りゴア描写が格段にパワーアッ
>>続きを読む

BAD CITY(2022年製作の映画)

3.5

劇場で鑑賞しBlu-rayにて再鑑賞

国内でもBlu-ray出そうよ…。
小沢仁志還暦記念作品として制作された日本の優秀なアクションチームを迎え制作したクライムアクション。
良い、ベタなのに最高に面
>>続きを読む

MEG ザ・モンスターズ2(2023年製作の映画)

3.0

4DXにて鑑賞

まさかの待望の(?)続編。
前作同様、中国資本もしっかりと発動されており、台湾では絶大な人気俳優であるアクションスター”ウー・ジン”をキャスティングとして迎えメガロドンとの攻防を描く
>>続きを読む

グッバイ・クルエル・ワールド(2022年製作の映画)

3.5

Blu-rayにて鑑賞

かなり酷評されているが一昔前の日本映画のような懐かしさというか、ハードボイルド映画としてハマれば最高に楽しめる映画。

本作でも出演している大森南朋の実兄である大森立嗣がメガ
>>続きを読む

パーフェクトブルー(1998年製作の映画)

4.5

劇場にて再鑑賞

リバイバル4K上映で貴重な体験ができた。
札幌上映時は連日満席で、事前予約必須という異例のパターンだった。
今敏監督の最高傑作アニメ。この短い上映時間でここまで濃密なアニメは他ない。

オペレーション・フォーチュン(2023年製作の映画)

3.8

劇場にて鑑賞

前作「キャッシュ・トラック」でガイリッチーとステイサムの集大成と本気を見せつけ、本作では娯楽溢れるスパイ映画となるわけだが、それと言った迫力は無いものの巧みな会話劇とスパイ映画ならでは
>>続きを読む

SISU/シス 不死身の男(2022年製作の映画)

3.5

劇場にて鑑賞

素晴らしい映画。
最高の題材と無駄がないスマートでパワフルな映画。
俗に言うナーメテーター映画で、金塊を集めるジジイが最強最悪の老兵がナチスの戦隊兵に挑む作品。
殺戮方法もアクションも
>>続きを読む

ドミノ(2023年製作の映画)

3.0

劇場にて鑑賞

つまらなくはないが特別すごい面白いわけでもない。
展開がありふれているというよりも真新しさもなく、よくあるSF映画だなという印象。
全く勢いがないロバートロドリゲスって感じ。

ザ・ファブル 殺さない殺し屋(2021年製作の映画)

4.5

Blu-rayにて再鑑賞

実は数回繰り返しの視聴をしている邦画の傑作映画の一つと思っている。
原作未読であり、1作目は”世界水準のアクション”という謳い文句で初日に映画館へ足を運んだ記憶がある。
>>続きを読む

シック・オブ・マイセルフ(2022年製作の映画)

3.5

劇場にて鑑賞。

実はクリエイター仲間から海外版Blu-rayを頂いており、インパクト大なパッケージで最初はスプラッターかと思ったが違うんかーい!な映画の印象。

本作は承認欲求が著しく強い女性の暴走
>>続きを読む

イコライザー THE FINAL(2023年製作の映画)

4.9

IMAXにて鑑賞。

まず、前2作品を観てから鑑賞することをお勧めする。そして、この映画に何を求めるかによっては非常に賛否が別れることは間違いないだろう。
ただ、変な先入観で鑑賞せず、68歳のデンゼル
>>続きを読む

>|