Rinkoさんの映画レビュー・感想・評価 - 2ページ目

Rinko

Rinko

癒しの時間の記録。

映画(201)
ドラマ(4)

キングスマン(2015年製作の映画)

4.7

こ、こんなポップに殺しあうなんて!笑
コリンファース大好きファン倶楽部としてはもっとコリンファースをメインでみたい。笑

リスボンへ旅行中の飛行機です。
ただいまフランクフルトでトランジット。
観たや
>>続きを読む

はじまりのうた(2013年製作の映画)

3.6

退屈な人生なんてつまらないなってこの映画を観て思った。
落ち込んでても時間が勿体ないだけ。
楽しむとか、前に進むとか、体力いるしそんな気分になれないとき塞ぎ込んだらますます閉じこもるけど。
退屈してた
>>続きを読む

生きうつしのプリマ(2015年製作の映画)

2.0

淡々としすぎて妙に暗いしなんか見終わったあともスッキリしない…

世界中がアイ・ラヴ・ユー(1996年製作の映画)

4.0

美しい街を旅しながら軽やかな歌とダンスのミュージカル。
ウディアレン作品ではパート2なつくり(だって彼が本領を発揮するのは大人になっても思春期をこじらせた男女の語りだから)。
ロマンスが次から次へと展
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.0

時代は不況で家庭環境も悪く、荒れた学校に転校した主人公。
校門の前に立つ彼女に一目惚れし、ミュージックビデオにでないかと誘う口実にバンドを始める。
大学を中退した兄は15歳の主人公よりずっと大人で、ロ
>>続きを読む

花嫁の父(1950年製作の映画)

3.6

タイトルどおり、父からの目線で語られる。
「いつもは鉄仮面のような娘の顔が明らかに違う。これは男ができたな」と少し身構えた父の語りから始まる。
鉄仮面って…お父さん。笑
年頃の娘は難しいんですよね。。
>>続きを読む

暗くなるまで待って(1967年製作の映画)

3.5

盲目の妻を演じるオードリー。
何気なく観てたら思いのほかドキドキハラハラ…
犯人は最初からわかっているタイプのサスペンス。
自宅の中だけで繰り広げられる。
相も変わらずオードリーは可愛いので画面に現れ
>>続きを読む

ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります(2014年製作の映画)

3.4

階段しかない眺めのいい部屋。
老夫婦が住むには大変と売りに出すんだけど、そこには二人の思い出がたくさんあって。
穏やかで、ユーモアたっぷりで、お互いに愛情に満ちていてあーこんな夫婦になりたいなって思っ
>>続きを読む

オンリー・ユー(1994年製作の映画)

3.5

女の子なら誰しも“運命”の相手を信じてる。
子どもの頃に占いで告げられたその運命の人の名前に、主人公は大人になった今でも囚われてしまっている。
運命の人の名前を聞いて興奮する主人公に占い師が釘を刺した
>>続きを読む

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

3.2

純粋に、いい映画👏
R15だったのでTSUTAYAで借りなかったけど(←子どもか)地上波だから?全然良かった。
いいパパだし、いい料理人。
いい仲間と奥さんに恵まれて、応援したくなる人柄の伝わる映画だ
>>続きを読む

シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム(2011年製作の映画)

3.4

なるほどこれはお洒落なシャーロックホームズ。
戦闘シーンもスローモーションを使って華麗に編集され全然血生臭くない。
現代的だしガイリッチーだし洒落たカップルがおうちで観るなんてぴったりかも。まぁ年末一
>>続きを読む

秘密の花園(1993年製作の映画)

3.0

まぁストーリーとしてはご存知、秘密の花園なので、お金持ちの家に生まれたけれど家族の愛に恵まれなかったメアリーが、いろんな人たちとの関わりと、秘密の花園を蘇らせることで心を成長させていく、というもの。>>続きを読む

何かいいことないか子猫チャン(1965年製作の映画)

2.7

恋人に結婚を迫られながらも他の女性が諦められないもはやビョーキのピーターオトゥールと、その治療をしようとする胡散臭〜い精神科医ピーターセラーズ。
話の筋はもうね、とくにありません。笑
脚本はウディアレ
>>続きを読む

恋をしましょう(1960年製作の映画)

3.3

やっぱりマリリンが可愛いのもさることながら、クレマンが本物の億万長者なのに、それを隠して真実の愛を手に入れたのがすっごく素敵だった。
「お金持ちじゃなくてもいいのよ。」
「わたしには仕事があるもの」
>>続きを読む

三つ数えろ(1946年製作の映画)

2.6

あれがああで、と思ったらこっちがこうで、いや、もう何度も騙されてるうちに混乱。
ハンフリーボガードは小柄だし超美形かと言われるとちょっと違う気がする。けれども、この迫力、そして味。しぶい。

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

3.5

石原さとみはこういう強い女の役似合わないよね
途中飽きたけど、たまにはこういうのもいい。
官僚好きなので楽しかった〜♡

輪舞(1964年製作の映画)

4.2

これは、もう、ほんとうにお洒落。
BGM的に考えごとするときとかに流しておきたい感じ。

三十四丁目の奇蹟/34丁目の奇蹟(1947年製作の映画)

3.5

サンタクロースはみんなに愛される💕
公平で優しいサンタに心があったまった。常識にとらわれず信じる気持ちは何にも勝る。
理想だけで終わらずなかなか裁判も良かった。ちゃんと証拠も出たし笑

ホリデイ(2006年製作の映画)

4.0

どうしてそんな人にホレちゃうのとわかっているけど引っかかって傷ついちゃう。
アイリス(ケイトウィンスレット)への「君は主役をやれるのに、いつまでも主人公の親友を演じてる」というセリフが印象的だったし、
>>続きを読む

勝利の朝(1933年製作の映画)

3.2

キャサリンヘプバーン見たさに鑑賞。
世間知らずの田舎娘が大女優を目指す中で、火遊びだったディレクターをいつまでも健気に想い続け、真に努力を評価し愛情を注いでくれる作家のことはスルー。というありがちパタ
>>続きを読む

真珠の頚飾(1936年製作の映画)

3.7

マレーネデートリッヒが美しすぎる!
頰の線と眉毛が何とも言えない。
ストーリーはハラハラドキドキ結構夢中になってしまった。
真実の愛を手に入れた女泥棒のお話。

愛情物語(1956年製作の映画)

3.2

これってグレンミラー物語…?
切ない。才能と家族愛の物語。

素晴らしき休日(1938年製作の映画)

3.7

キャサリンヘプバーンの背中のあいたドレスが印象的。
お茶目で飾らないのにカッコいいケイリーグラント最高か👏

ブルージャスミン(2013年製作の映画)

3.5

ファッションも風景もすべてがおしゃれでゴージャス。クラリネットの音楽も。
この軽さがいい。
かる〜く思いついて、毎年毎年バンバン新作をつくって、ピリッとウィットに富んだ会話とお洒落な世界観。
出てくる
>>続きを読む

探偵物語(1951年製作の映画)

3.5

すごい人間模様だ…
詳しくは語られなくても一人ひとり登場人物に“人生”があることが伝わってくる。
完璧な理想像に縛られ苦しむ
人はそう単純じゃない
葛藤し、愛を失って、気づく
人の非を受け入れられない
>>続きを読む

失はれた地平線(1937年製作の映画)

2.8

信じられない規模のスペクタクル映画!笑
信じられない不思議な世界に飛び込んだ気分で、「なぜ」連れて来られたのか?とにかく気になる、ラストも気になる。不思議不思議な映画。

先生のお気に入り(1958年製作の映画)

4.0

ウィキペディアで『クラークゲーブルは歯がわるくて口臭がすごかった』みたいなの読んでから全然気持ちが盛り上がらない…
クラークゲーブル好きだったのに…
レッドバトラー……

ズートピア(2016年製作の映画)

2.9

なんかいい話で涙出そうだった。
みんな平等と言いながら持って生まれたものは平等じゃない、悪気のない傷つける一言、それでもお互いを認め合っていこうとするズートピアワールド。
わかりやすいメッセージ性でと
>>続きを読む

市民ケーン(1941年製作の映画)

2.0

く、暗い…
カメラワークとか監督とかよくわからないのでこれが名作?なんで?という感じ。
「彼は愛を持たないから与えられない」というセリフは印象的だった。
孤独で人格形成に難ありな成功者の人生を振り返る
>>続きを読む

イタリア旅行(1953年製作の映画)

3.0

歯車が狂っていく夫婦、ラストにかけて何が理由で拍車がかかっていって、なんで元に戻ったのかもうなにがなんやら分からなくなった。。
ナポリ、カプリ、イタリアの街並みは白黒でも美しくて、特にポンペイは去年行
>>続きを読む