kogemarukiyomiさんの映画レビュー・感想・評価

kogemarukiyomi

kogemarukiyomi

健さん(2016年製作の映画)

3.8

健さんを偲んで、交流のあった写真家、映画監督、俳優、近しい人達が健さんについて語るドキュメンタリー。健さんの訃報を聞いたあの日の喪失感が蘇ってしまう…
聞いた事のあるエピソードが多かったけれど、俳優.
>>続きを読む

山口組三代目(1973年製作の映画)

3.4

田岡さんを演じる健さんは安定の人格ヤクザっぷりで全く違和感なかったけど、実際の田岡さんと山口組やその筋の世界について全く知らない私は、この作品を「自伝」と認識する事には違和感が…
知ってる顔ばかりだか
>>続きを読む

清須会議(2013年製作の映画)

3.4

中谷美紀、あの美貌であの振り切った感じ凄いよ‼︎
鈴木京香、メイク恐い!笑 でも見慣れたらやっぱり美人さん‼︎
日本史は本当に苦手で、ゴメンあなた誰?みたいな人物もいて作品を十分理解出来ないのは残
>>続きを読む

ヘイル、シーザー!(2016年製作の映画)

3.9

コーエン兄弟作品のジョージクルーニーは間抜けな役を全力で演じていて新鮮。ダメキャラも様になるなんて…
撮影所の「何でも屋」と呼ばれるひたすらトラブルを潰して回るプロデューサーをジョシュブローリンが熱演
>>続きを読む

パパvs新しいパパ(2015年製作の映画)

2.7

ウィルフェレル主演なので当然コメディなんだけど、継父頑張り過ぎて空回りばっかり。低次元なパパと新しいパパの意地の張り合いがえげつなくて、コメディーなのにそのうち笑えなくなってくる。
最初、義理の子供達
>>続きを読む

オアシス:スーパーソニック(2016年製作の映画)

3.9

ギャラガー兄弟のヒストリーと彼らに振り回されたメンバーやスタッフ、メジャーデビューからあっと言う間にあり得ない規模のライブを成し遂げた彼らの絶頂期を切り取ったドキュメンタリー作品。
楽曲はチャートでヒ
>>続きを読む

超高速!参勤交代 リターンズ(2016年製作の映画)

3.4

大岡越前守役に古田新太…なかなか私の心をくすぐる配役。
陣内孝則の悪人面メイクと嫌がらせがエスカレートし過ぎてクドかったのと、名古屋っ子としては名古屋弁が、上手い下手とかの問題ではなくなんか気になって
>>続きを読む

超高速!参勤交代(2014年製作の映画)

3.7

佐々木蔵之介の圧巻の目ヂカラ、西村雅彦のキレ者家老とコミカルな落武者と両方見事に似合ってしまうオールマイティーさが印象的。
殿の抜刀術の殺陣のシーンの静と動のメリハリと無駄のない洗練された動きはなかな
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.5

集中して観てる筈なのに真相と真意が全然見えてこない 笑
罪の重さを決めるのにここまで真実がうやむやでいいんですかね?
皆が言ってる「モヤッと」はコレの事だったのですね…考え過ぎて疲れたので、観て
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

5.0

観たくて仕方なかったので公開初日に観てきましたよ。もー、期待通りの仕上がり‼︎
これはアクションと音楽の一体感が楽しくて間違いなくクセになる。
「ショーンブザデッド」の、パブのジュークボックスから流れ
>>続きを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(2017年製作の映画)

3.7

業種や性別、生死までも問わず各方面からお尋ね者のジャック。
今回は若かりし頃のジャックにデルタ地帯で葬られたという海の死神サラザールさんのリベンジとウィルの解放活動に巻き込まれ…
相変わらずの変なノリ
>>続きを読む

ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!(2005年製作の映画)

4.3

初めてのアードマン作品。
素敵な世界観、可愛らしいキャラクター、脚本やすべての発想が面白くて本当に良く出来ている!
ウォレスの相棒グルミットがとにかく優秀でウォレスが羨ましくなる。
先日「ひつじのショ
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

SF要素だけでなく哲学的な要素が強く、言語と思考の関係性や時空の概念などについての少々難解なお話。
異星人が殻の型の宇宙船を連ねて各地に点々と滞在している理由を探るべく言語学者の女性と数学者の男性のチ
>>続きを読む

LIFE!(2013年製作の映画)

4.1

ベンスティラーって私の中で完全にコメディ俳優枠の人だった。
まさかこんなにも味のある魅力的な俳優さんだったとは…穏やかな表情で落ち着いた役もとても似合ってる。
空想癖のあるシャイで普通の会社員が、仕事
>>続きを読む

スプリット(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

シャマラニストになりたくて…
久々に面白そうな作品だったのでアンブレイカブルぶりに劇場に足を運んでみた。
1人の男が3人の女子高生を拉致監禁。その男は23人の人格を持つ男だった。
人格が入れ替わる時の
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

4.3

姫、王子系のディズニー作品ってなんだか敷居が高くて今まで触れた事がなかったけれど、エマワトソン×ミュージカルに魅かれて初鑑賞。
ベルとエマワトソンの聡明な感じが凄くリンクしてて本当ハマり役だと思った。
>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

2.8

3人の若者が盲目の退役兵が住む家に強盗に入ったけどタダでは帰してもらえなくなる話。
タイトル通り、息を止めてしまいそうなスリリングな流れを楽しんでいたし、不気味なオジさんだけど3人を絶対逃がしちゃダメ
>>続きを読む

キック・アス ジャスティス・フォーエバー(2013年製作の映画)

3.0

あどけない少女が大人を相手に大暴れして死体の山を作ったり、意味を理解してるのかはさておき卑猥なワードもサラっと発するからカラッとした面白さがあったように思う。
女友達との付き合いやヒーロー活動など色々
>>続きを読む

キック・アス(2010年製作の映画)

3.9

キックアス…普通に残念な男の子だけど、志がとても素晴らしい。実戦経験ないのにやたら強気、コスチュームもイケてない。親近感しかない 笑
対称的にヒットガールとビッグダディは完全なプロ。明らかにやり過ぎだ
>>続きを読む

SF巨大生物の島(1961年製作の映画)

3.5

5人の男が気球に乗って戦場を飛び出すも、コントロール不能で空を彷徨った後に謎の島に不時着する。
とりあえず謎の島で生きる為には食べる事と住む事は最重要課題。安全に住める場所を開拓する様子はなんだか夢が
>>続きを読む

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

4.0

初めてキングコングまともに観たけど…
コング超カッコいいー♪
天敵のオオトカゲと危害を加える侵入者には容赦なく嚙み付く髑髏島の護り神コング。
断崖にベッタリと付いたコングの今までに見たことのないサイズ
>>続きを読む

グーニーズ(1985年製作の映画)

3.5

当時は全く興味が湧かなくて素通りし続けてきたけど、この度ようやく機会に恵まれて…
主人公の少年のお家の仕掛けがピタゴラスイッチ的で序盤からワクワク要素がたっぷり。家の近所にあんな迷子(冒険)スポットが
>>続きを読む

俺たちダンクシューター(2008年製作の映画)

3.5

久々に観たスポ根コメディー。70年代NBAに対抗して存在したABAの弱小チームって設定のお話。
ジャッキームーン(ウィルフェレル)は元歌手で、ヒット曲 love me sexy の印税でチームを持ち
>>続きを読む

ライト/オフ(2016年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

本体:ソフィ
スタンド名:ダイアナ
最強の遠隔スピード&パワー型。意思は本体と完全に独立。本体からのコントロールは不可能。
明所には居られない体質の為、攻撃は暗所限定。自分の存在を排除しようとする者を
>>続きを読む

悪の教典(2012年製作の映画)

3.3

ハスミンに言いたい事がある。
レインコートだけでなくイヤーマフも携帯すべきだと思う。そんな至近距離で沢山の銃声聴いたら難聴になる。
伊藤英明のサイコなハスミンも全裸での筋トレもエクセレント。
滝藤賢一
>>続きを読む

君が生きた証(2014年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

大学の銃乱射事件で息子を失った父親の話。
息子の死の真相や理由となかなか向き合えなかったサム(ビリークラダップ)は仕事も辞め堕落した生活を送っていたが、息子の遺した歌を歌い始めた事で物語が動き出す。
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.5

何だろう?この何とも言えない感覚。凄くモヤっとしてる。2人の夢は叶ったけど楽しい余韻は残らない。やっぱり2人でハッピーな結末が良かったな。
あと、オープニングの迫力に圧倒されてノリ遅れてしまった。
>>続きを読む

ナイル殺人事件(1978年製作の映画)

3.7

ミアファローは情緒不安定な雰囲気がよく似合う。
古典的なサスペンスは安心して観れるし、エジプトの遺跡達とナイル川のロケーションも素晴らしい。
最初の殺人事件が起こるまでかなり時間が掛かる。捜査を錯乱さ
>>続きを読む

ジョニー・イングリッシュ 気休めの報酬(2011年製作の映画)

3.4

サブタイトルの邦題が明らかにパクリで気になってた作品。
掃除屋「ボルテックス」の老婆のインパクトが凄まじい。
ローワンさんはスタイリッシュなスーツよりも修行僧スタイルの方が絶対お似合い。
スパイグッズ
>>続きを読む

ヒトラー暗殺、13分の誤算(2015年製作の映画)

3.8

ゲオルグの本業は家具職人。手先が器用な音楽家、教養のある心優しいプレイボーイ、凄く魅力的な人。
そしてたった一人であのヒトラーを吹き飛ばそうとした、とんでもない信念の持ち主。
吹き飛ばしたかった理由を
>>続きを読む

ジョニー・イングリッシュ(2003年製作の映画)

3.4

私、毛髪のあるマルコヴィッチを初めて見た。凄い違和感。
ローワンさんはビーンじゃなくてもこんな感じなのか…
「絶対次はこれをやらかしてくれる」って期待を全く裏切らない。ある意味信頼できるスパイアクショ
>>続きを読む

バーン・アフター・リーディング(2008年製作の映画)

3.5

本当に豪華なキャスティング。
でもお願い、誰かリンダを黙らせて‼︎‼︎笑
CIA内部のやり取りとロシア大使館のシュールな対応のくだりが好き。
わたし的には結構ツボだった。

サイコ(1960年製作の映画)

3.8

よく見かける、女性がバスルームで絶叫してる有名なシーンやっと観れた。
彼女、お金盗んで逃亡している間中ずっと危なっかしい。運転中睡魔に襲われたり悪天候で最悪な視界と格闘したり序盤から既に死相が見えてた
>>続きを読む

サウルの息子(2015年製作の映画)

3.9

移送されてきた同胞達を消毒だと偽ってガス室に次から次へと詰め込み、遺体を片付け掃除し、焼却した遺灰を川へ…ゾンダーコマンダーと呼ばれるユダヤ人のお話。
しかも彼らも散々労働させられた後に同じように殺さ
>>続きを読む

ヘイトフル・エイト(2015年製作の映画)

4.0

マーキスとジョンルース、賞金稼ぎのお二人は、散々色々しでかしてきて危ない橋ばかり渡ってきた人達だけど一本スジ通った感じはとても好感持てる。しかし、まぁ二人とも喋る喋る 笑
ジョンルースが生きたまま連
>>続きを読む

ペネロピ(2006年製作の映画)

3.9

ジェームスマカヴォイの出演作品はフィルスの貫禄のある刑事役しか観たことがなかったので、最初は全く彼と気付かなかった。あまりにもスリムでフレッシュだから…
ペネロピの衣装がレトロ可愛い。クリスティーナリ
>>続きを読む

>|