ピンフまんがんさんの映画レビュー・感想・評価

ピンフまんがん

ピンフまんがん

映画(3022)
ドラマ(0)
アニメ(0)

ゴジラVSビオランテ(1989年製作の映画)

3.3

大森一樹氏の追悼ということで。その後の平成のゴジラシリーズの礎を作った作品でもあります。日本はゴジラ映画って合っているのかな??というのは、なんかみんな演技が不思議と躍動して、勢いを感じる。ちょうどバ>>続きを読む

クライングフリーセックス(2018年製作の映画)

2.3

こういうばかばかしいものって映画界では必要なものだと思う。
ヒロインの女優魂がなにげにすごい。

偏差値 H倶楽部(1987年製作の映画)

2.5

これ、なんか漫画みたいな珍しいほどの爽快なギャグやっているなぁと思っていたら元ネタはやはり漫画だった。なんか急に現代のVシネマ系のノリになっているな。しかし注目は(今でいう)LGBTの話が出てきている>>続きを読む

不倫(1986年製作の映画)

1.8

ちょっと、やっちまった感あるなこれ・・・

児島美ゆきのプロモみたいな感じかな。

これ見て不倫に憧れる人おらんちゃう?

愛奴人形 いかせて(1986年製作の映画)

2.4

「あいどにんぎょういかせて」
小笠原諸島の壮大な、、、なんて思いきや、実はこの作品は小笠原諸島は何の関係もありません(/・ω・)/
4人でぐるぐるとシナリオが動く、よく考えたら現代のエロVシネにかなり
>>続きを読む

蕾の眺め(1986年製作の映画)

2.9

「つぼみのながめ」冷静に考えると、つぼみ形の乳首フェチの男の物語でもあった(≧◇≦)。面白いかどうかというより印象的。この時代に青春時代を過ごしたという時代の〝空気〟を知っていればそれなりの面白さはわ>>続きを読む

プロフェッショナル(1966年製作の映画)

2.9

その映画を見て、バート・ランカスターの存在感が流石に凄いなとは思ったが、話はそこまでの仕掛けがあるわけではない。ただ、西部劇はメキシコとか南部が絡むとやたらと面白い人間模様になってくるようで、この作品>>続きを読む

パリは燃えているか(1966年製作の映画)

3.1

ほうほうなるほどこれはまた凄いメンツが集まっておりますね。監督はフランスの方だけど製作はアメリカ人が主で、アメリカとフランスの合作でありますが、ちょっと1+1は2にはならないというパターンになってしま>>続きを読む

エール!(2014年製作の映画)

3.8

この映画は「コーダ あいのうた」のリメイク元ということもあって、今年になって急に注目された感があります。家族構成や職業に若干の違いはあるものの、大筋な流れはほとんど同じになっていて、こちらのほうも十分>>続きを読む

桃色身体検査(1985年製作の映画)

2.8

これはけっこう小ネタも多いね(^^)。
エロ系ギャグ映画。ギャグの質は今の物とは違ってけっこう独特。ここは時代の流れもあるのだろうか。今じゃ笑えない内容も含んでいたけどこういうバカを思いっきり笑える{
>>続きを読む

花様年華 4Kレストア版(2000年製作の映画)

3.9

「かようねんか」(英題はIn the Mood for Love)と読みます。監督さんはウォン・カーウェイという香港の巨匠で、まあ冒頭でお話は何も匂わせなかったもののトニー・レオンが出てきた時点でどう>>続きを読む

ひと夏の体験 青い珊瑚礁(1981年製作の映画)

2.2

これって基本沖縄がロケ地なのか?あの牛って現地の牛だよね。全般的に、沖縄の美しい風景にビーチ、そして夕焼けに虫の鳴き声など綺麗な映像で煽るのはわかるんだけど、正直せっかくの〝素材〟を活かしきっていない>>続きを読む

愛の白昼夢(1980年製作の映画)

2.6

脚本が色々と凄い。話しの繋がりというか、「え?そこでそういう行動するの?」ていうのばかりだったがいやむしろ清々しいレベルだった。
風祭ゆきの妖艶な悪女っぷりもすごいが、このお話の主人公はこっちではなく
>>続きを読む

制服処女のいたみ(1981年製作の映画)

3.1

こういうにっかつロマンポルノの最大の利点は何と言っても当時の街の様子がリアルに拝むことが出来ることで、ほかには見ることはできない貴重な街の様子が存分に見ることが出来る。当時の新宿の様子がいろいろすごい>>続きを読む

洞窟(2021年製作の映画)

3.6

この映画は最初何となくだったけど2回鑑賞すれば大体の全容はつかめます。ただし、現代においてこれを家でじっくりと90分間寝ずに鑑賞できるのは(しかも早送りなしで)現代人には酷なのかもしれない。しかし自然>>続きを読む

メインストリーム(2021年製作の映画)

2.8

監督さんはジア・コッポラという女性の方で、父親はジャン=カルロ・コッポラで、その妹さんがソフィア・コッポラで、父親がフランシス・フォード・コッポラ。つまりお孫さんってこと。(余談だがジャン=カルロ・コ>>続きを読む

濡れた欲情 ひらけ!チューリップ(1975年製作の映画)

3.3

この映画、まず思ったのは、なんだかフェデリコ・フェリーニの世界観にけっこう似ているなと思った。夢の感覚という世界観なのだ。大阪城の描写に道頓堀ってあれホントに飛び込んだのかな?さらにゴリラの前で電話。>>続きを読む

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019年製作の映画)

3.8

これはいいコメディ映画ですね。何と言ってもテンポがいいですね。
主役二人の演技も別格で、さりげなく小ネタも効いている。壁のポスターとかいろいろ主張している。いきなり人形になるのはある意味名場面の一つ!
>>続きを読む

燃える平原児(1960年製作の映画)

3.4

「もえるへいげんじ」と読みます。これは最初はエルヴィス・プレスリーのプロモ的お話なのかなと思っていたら、普通の社会派ウエスタンで全く印象と違っていた(;・∀・)。ウエスタンはどうしても白人と先住民の争>>続きを読む

フリー・ウィリー(1993年製作の映画)

3.8

動物物は何だかんだで感動します。この作品は「シャチ」。意外にも長生きできるんですね。でもでかい。。。
何でこれ見ようと思ったのかわからなかったけど主人公が孤児で、このシャチと同じ境遇ってのがまたいいで
>>続きを読む

スタンリー・キューブリック ライフ・イン・ピクチャーズ(2001年製作の映画)

-

映画ファンであれば、誰でも見た事があるであろうキューブリック作品。キャーブリック映画に感銘を受けた、全作品を見たことある人は、誰でも感銘を受けるでしょう。新しい発見もありました。実はチェスが大好きで結>>続きを読む

ラウンドヘイの庭の場面(1888年製作の映画)

-

これはもっとも古い映画。というのは語弊があって、現存する最古のフィルムとしてギネス認定されているもの。ということは、フィルムが発明されたのはもっと前なのかもしれないし、歴史ロマンを感じさせるものであり>>続きを読む

エンゼル・ハート(1987年製作の映画)

3.7

本格的ホラーというわけではないものの、それでも十分な共感を与えてくれる、なんとも不思議な映画でした。ホラーサスペンスで、決して派手さはないものの視聴者に深く浸透していくような、見応えは十分でした。ラス>>続きを読む

ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女(2005年製作の映画)

4.0

これは児童文学からの映画化で、ディズニーが得意そうなパターン。とはいえ、いやいやメッチャ面白かった。何と言っても、兄弟4人の演出が心憎いほどに嫌悪感が無い。こういう実写版ファンタジー物って登場人物のキ>>続きを読む

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

4.0

これは演出とかはともかく、よくこんなアイデア出てくるものだなと感心しますね。それも中途半端じゃなくて思いっきりやりきる丁寧さがすごいです。思うにこれは90年代終盤の作品。この頃の名作映画って、奇想天外>>続きを読む

新任女教師 劇場版(2008年製作の映画)

2.2

なかなかそれなりの雰囲気は出ていたものの、後半短絡的な演出が目立ってダレてくるのが気になる。希志あいのは劇場だと映える女優さんですね。
現代においては金を失うほうが致命的って年をとればとるほど思うよう
>>続きを読む

SEX and the PACHISLOT 2 ~セックスアンドザパチスロ~(2011年製作の映画)

2.1

そいや木下柚花って今は引退して一線から退いているのかな。これってもう10年以上も前になるんだな。見どころは、ゆめかなさんがあんなに初々しかった姿は斬新だった(笑)。
途中はこの当時のエロVシネであまり
>>続きを読む

アルティメット(2004年製作の映画)

3.2

それにしても、よく見たらCGなししかもスタントマンなしって本格的なアクション。話の内容はともかく、とにかく魅せる内容になっています。リュック・ベッソン製作にピエール・モレル監督で、この方はこの後本格的>>続きを読む

はだか拳Ω(2021年製作の映画)

2.0

これは続編だったのね。「はだかけんおめが」でいいのかな。
ファンだったらそれなりに楽しいかもしれないが、、、、、ギャグはそれなりに寒い。
実質40分程度だがやけに長く感じた。チョコボール向井がまさかの
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

3.6

いやこれは噂通りというか、前編CGアニメだっけ?とにかく映像が斬新で驚いてしまいましたね。話しは、裏を返せばそんなに面白いわけじゃないというか印象的なストーリーではないけどわかりやすい流れです。最近の>>続きを読む

ウッドローン(2015年製作の映画)

3.7

この作品は日本とアメリカでは評価、感想が大きく変わってくるような気がしますね。人種問題に鋭く切り込んだものかと思いきや思った以上に宗教系作品と化していました。しかし結論から言うと普通に面白いです。日本>>続きを読む

ザ・エージェント(1996年製作の映画)

3.5

この映画は、日本でもファンの数が多いトム・クルーズの中でもトム・クルーズ10選とかで割と上位にくるという映画で、この作品に関しては嫌みのないようなヒューマンドラマに落ち着いた。まあ最後はそりゃあそうで>>続きを読む

デコトラ★ギャル美菜(2011年製作の映画)

1.9

あっ、デコトラシリーズこれだけ未鑑賞だった。
あの演歌回りの世界観は嫌いではない。男優陣がけっこう演技頑張ってた。
エロ系はあんまない。

てか、電気止められているからCDも聴けない家族って、、、(/
>>続きを読む

シマロン(1960年製作の映画)

2.9

これはリメイク。というか二回目の映画化で、あの戦前のオスカー作品とはやや話がズレているかな。思うに、50年代後半から60年代ってこういう情緒あふれる長い時間の大作映画ってけっこう多くて、当時の流行でも>>続きを読む

我らの罪を赦したまえ(2022年製作の映画)

2.7

これは14分の短編映画ですがそのうちエンドロールが4分以上あるという、いろんな意味で挑戦的っすね(;´∀`) 
何と言っても最後の言葉に尽きるような気がします。まだ100年も満たない歴史でこんなことが
>>続きを読む

>|