APさんの映画レビュー・感想・評価

AP

AP

一応雑食 3.0=普通
2017〜/17年36mark,18年252mark

映画(295)
ドラマ(7)

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

2.5

意味不明ってのは知ってて観に行きました。少しくらいオマージュに気づけると思ってました。

全く気づけませんでした…(マリオとゼルダしか分からねぇよ)。

というかまぁオマージュとか抜きにしても、内容が
>>続きを読む

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

4.3

食テロ映画かと思って観始めたら、序盤から笑った笑った。ギャグが尽く自分にハマってめちゃくちゃ面白かったです。

後半は軽くロードムービーであり、ファミリー映画色も濃くなる等、バラエティに富んだ作品。
>>続きを読む

クリード 炎の宿敵(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

観終えた瞬間「1作目を映画館で観ていたら」と強く感じる。あの長回しや新テーマ曲を最初に映画館で観たらどれだけ興奮したか。

と思ってしまうあたり、僕の中では前作を超えられなかった。
クリードが再起する
>>続きを読む

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング(2018年製作の映画)

3.5

アンジャッシュにも負けない勘違いコント。周りみんなの唖然とした顔が面白すぎた。

無茶苦茶な主人公やけど、そんなに周りに害を及ぼしてないからまぁ可愛らしい。

男でも女でも一緒ですね、たしかに見た目は
>>続きを読む

シュガー・ラッシュ:オンライン(2018年製作の映画)

3.7

友達に誘っていただいて初の4DX。個人的にインターネット間を移動したりする時の風の演出がお気に入り。レース中の揺れとかもかなり良かった。

内容はよくもまぁ色々と詰め込んだなぁという印象。ディズニーキ
>>続きを読む

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

3.9

予想を上回る大クセ映画。こういうの好きやで笑(面白いとは言ってない)

ライト層に勧めてはいけない映画の上位になるのは間違いない。「気付け!」「感じ取れ!」って映画。

案の定なかなか理解できず解説頼
>>続きを読む

リトル・ミス・サンシャイン(2006年製作の映画)

3.7

ロードムービーは『はじまりへの旅』以来かな、この手の映画はユーモアで好きや。

車押してるシーン微笑ましすぎるわ、パッケージになるのも分かる。フォルクスワーゲンの車も可愛らしい。

クラクションの音と
>>続きを読む

十二人の怒れる男(1957年製作の映画)

3.6

2018年映画納め。

12人もいると曖昧な考えで有罪無罪の判断をしている人も出てくるし、なんなら偏見で判断している人も。
某アイドルの曲を借りると「サイレントマジョリティ」って感じ。

その中で有罪
>>続きを読む

プルートで朝食を(2005年製作の映画)

3.5

最初はどういう見方をすればよいのか困惑したが、終盤はトリハダものでした。

そんでもってキリアンはちょっと綺麗すぎる。映画観るまで、パッケージの人は女だと思ってた。

『フロリダ・プロジェクト』や『ダ
>>続きを読む

ザ・ウォーク(2015年製作の映画)

3.3

『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』並のトンデモ犯罪をやっちゃう実話。
映画はあっちの方が好きやけど、こっちの方が圧倒的スリリング。

70年代だからできたんでしょうね、あのセキュリティのガバガバさ
>>続きを読む

グリーン・インフェルノ(2013年製作の映画)

3.1

【胸糞採点(本当は1.0にしたい)】
人間の食べ方がよく分かりました…
まずは目玉からですね…

殺戮のシーンは当然やけど、恐ろしいのは死体が普通に食われるシーン。サラッと流してきやがった。

狭い場
>>続きを読む

アイアンマン2(2010年製作の映画)

3.8

「普通の面白い映画」になってしまった感はあるけど、まぁいい。

あれはF1のモナコグランプリでいいんかな?イワンの泰山流千条鞭(ムチ捌き)は爽快感ある。
(6年前、F1日本グランプリの日にテレビで放送
>>続きを読む

ラブ・アクチュアリー(2003年製作の映画)

3.9

クリスマス映画ですけど、なんだこれは、豪華な福袋じゃないですか。

歌うビル・ナイからスタートした本作、めちゃくちゃアクセント、ラストまで笑えた。

結婚式のドッキリいいなぁ、シンプルかもやけどあんな
>>続きを読む

ソウル・サーファー(2011年製作の映画)

4.2

英語の教科書で知ったべサニーの物語、なんて子なの。恐ろしく泣ける。

とにかく芯が強すぎる。言うのは簡単やけどあの事故を乗り越えるなんて自分じゃ考えられん。
トラウマにすらしてない気持ちの強さに脱帽や
>>続きを読む

インクレディブル・ハルク(2008年製作の映画)

3.5

あれ、前観た時と印象が違う。
普通に楽しんで観れた。

力強いオープニングで始まるけど、全体的に暗い雰囲気。これが思ってたより良い感じ。

ガンマ線や細胞学の話はもっと力を入れてほしい。ハルクならでは
>>続きを読む

クリード チャンプを継ぐ男(2015年製作の映画)

4.1

ロッキーシリーズを全て観た甲斐があったわ。過去作へのリスペクトがすごい。

何よりもコーチとして堅実に役割を果たすロッキーが見れて嬉しすぎる。

さらに愛妻家で親友想い、ジョークやサプライズが好きな一
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

『A Star Is Born』であり『A Star Is Gone』でもあった。発音が似てるから掛けてるのかと思ってしまった。

アリー(ガガ様)がスターになる一方でジャック(クーパーくん)が消えて
>>続きを読む

ロッキー・ザ・ファイナル(2006年製作の映画)

3.5

終わり良ければ全て良し…かな?

どれだけ途中が陳腐でも、テーマ曲とともにトレーニングして殴りあって気持ちよく終わるだけで涙腺崩壊させてくる映画ないで。

エンドロールも最高。
ホンマにフィラデルフィ
>>続きを読む

ロッキー5/最後のドラマ(1990年製作の映画)

1.8

これはいけない。

ボクシングをする選手がこの映画の主役だと思うのでまぁこの結末は観たくねぇわ。
唯一ボクシングをした弟子トミーには好感持てるわけもなく。

そもそも最後ボクシングやってないし。
中盤
>>続きを読む

ロッキー4/炎の友情(1985年製作の映画)

3.2

あー、もったいねぇなぁ…。

アポロが復帰を決意するまでのエピソードはもっと濃くして良かったんじゃないかな…。テンポ重視にしたんかね。
それに、もっとドラマチックにできたのでは。
(その点『イップ・マ
>>続きを読む

ロッキー3(1982年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

「Eye of the Tiger」から始まる今作、オープニングからテンション上がる。

全体的な流れは今までと似てるけど、3作目にもなるとキャラが立ってて良いな。

トレーニングになると異様なほど熱
>>続きを読む

ロッキー2(1979年製作の映画)

3.7

前作は思っていたロッキーと違って軽くショックを受けたが、今回は見方が分かったので大丈夫。

普段のおっとりした感じに好感が持ててきた。
超エイドリアン想いなのは相変わらずやけど良い。

ニューヨーク行
>>続きを読む

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

「昨日の敵は今日の友」という言葉はまさにこれですな。
『ゴッドファーザーⅡ』に出てきた「友を近くに置け。敵はもっと近くに置け。」というのも当てはまるか。

フランク(レオ様)とカール(トム・ハンクス)
>>続きを読む

遊星からの物体X(1982年製作の映画)

3.7

『エイリアン』『プレデター』が好きならこれも必然的に好きになるでしょうね。

正体不明のものに殺され、怯え、戦う流れ。
それも本作は↑の映画と違って敵が人間を操る、ある意味「裏切り要素」が入ってて良い
>>続きを読む

メカニック(2011年製作の映画)

2.8

てっきり一人で暴れ回るんだと思ってました。どちらか言えばバディもの。

ただステイサムが暴れ始めるまでが長いわ。終盤だけじゃちょっと物足りひんで。

壁に標的の情報を貼ってまとめたりするのは好き。
>>続きを読む

ヘンゼル&グレーテル(2013年製作の映画)

3.4

「ありがとうジェレミー」という事で鑑賞。

会った後に演技してる姿を観ると、また一段とカッコよく思える。大好きだわホント。

血しぶきを浴びんためにファンを盾にするヘンゼル好き。

内容はすごいチープ
>>続きを読む

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

3.9

ベニチオ・デル・トロは化け物か…。
たしかに一部の層にしかウケないような題材だが、今すぐ公開規模を大きくしてほしい。

映画のスタイルは全く違うもののアレハンドロは『96時間』や『ジョン・ウィック』の
>>続きを読む

ハート・ロッカー(2008年製作の映画)

3.7

待ってろジェレミー・レナー その2

やはり銃+なんかしらの特殊能力(今回は爆弾処理)を持ってるという役がハマる。

あと基本的に子どもが好きなジェレミー。根が優しいキャラ。今回はサッカーしてたけど、
>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生<完全版>(2017年製作の映画)

4.2

今年の1月中旬に「続編が面白い」と聞き、その時に初めて存在を知ったバーフバリ。

明日から師走というのにまだ王を称えてます。2018年はずっとバーフバリバーフバリ言ってる年になりましたね。

さてさて
>>続きを読む

ザ・タウン(2010年製作の映画)

3.2

待ってろジェレミー・レナー その1

珍しく頭が悪そうでイカれた役でしたな。見慣れてない姿やけどすごかった、完全に犯罪者の顔してた。

内容はまぁまぁ。策の練られた強盗・潜入をよく見ているせいか、少々
>>続きを読む

アイアンマン(2008年製作の映画)

4.5

来年のために少しずつ復習を。
(ハリポタのイッキ見が大変だったので笑)

原点がこの作品ってホントに嬉しいし、ここからサノスとの決戦まで進んでいくと思うとMCUの偉大さが改めて分かる。

まだ背負うも
>>続きを読む

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

4.0

たくさんの人に観てほしい映画かなと。
これが現実なんですね…ちょっと放心状態です。

ルディから溢れ出る純粋な良い人オーラがビックリするほど伝わった。映画内でも少し接した人たちは彼をみんな理解していた
>>続きを読む

リプリー(1999年製作の映画)

3.5

ジュード・ロウ目当てで鑑賞。

なんやねんこの人、マジで会ったら失神しそう。ジャズの事は分からんけど、ジャズ好きってなんか悪い人いないんじゃねぇかな。

風呂場でのチェスとかもいちいちカッコいいわけで
>>続きを読む

ギルバート・グレイプ(1993年製作の映画)

4.1

あぁ…良いものを観たな…。

訳アリな家族だというギルバートの語りから始まったこの映画。思ってた以上にヘビーな内容。

若いジョニデと(まだまだ子どもの)レオ様。
最初は彼ら演じる兄弟を中心に観てたけ
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

まだまだ序章。
でも旧作との繋がりだけでなくサプライズもしっかりご用意していただいて…。

正直、感想にとても困る。
本音を言うと中盤あたりキツい笑
ハリポタ要素を素直に楽しめてるが、客観視するとこれ
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

死の秘宝から5年経ってまたハリポタの世界に帰って来れるとは思ってなかった。懐かしさで感激した。

キャスティングが素晴らしいけど、エディ・レッドメインは100点以上。
スウーピング・イーヴルが初めて出
>>続きを読む

>|