EIPiEさんの映画レビュー・感想・評価

EIPiE

EIPiE

2017〜/2017年36作

映画(192)
ドラマ(6)

マザー!(2017年製作の映画)

2.6

「日本公開中止」というワードにそそられ鑑賞。

想像以上に不快、前半は不快すぎてまぁまぁ好き。

後半は理解に苦しみ唖然、なかなかのエグさですけど『ファニーゲーム』には叶わんわ。(終わり方は似てたけど
>>続きを読む

レゴバットマン ザ・ムービー(2017年製作の映画)

3.7

エアチャイナの機内にて

ヘンリーカヴィル降板等のニュースがある一方でコミカルなDCを堪能、テンポの良さが圧倒的、小ネタも満載。

ヴォルデモートにサウロン、キングコングと本家『スーサイド・スクワッド
>>続きを読む

ゴッドファーザーPART II(1974年製作の映画)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

ファミリーの誕生と崩壊を描いたpart2。1作目をこれほど活かした映画があるやろか。

ヴィトーとマイケルの差を感じた時に、1作目の名言「家族を大事にしない奴は男じゃない」を思い出し、いかにこれが重要
>>続きを読む

追想(2018年製作の映画)

3.7

これは男と女で大きく意見が割れるか、男の中でも割れるか、とりあえず「面白い」「面白くない」というか「許せる」「許せない」って意見で割れそう。

男の視点から観るとエドワードが「哀れ」にも思えたが、映画
>>続きを読む

ティファニーで朝食を(1961年製作の映画)

3.0

「ムーンリバー」ってこれやったんか、音楽として流れるだけじゃなくて御本人が歌うシーンもあって良いな。

ヘプバーンは相変わらず、ファッション・髪型印象的。

名無しの太っちょ猫ちゃんは少し可哀想(笑)

世界中がアイ・ラヴ・ユー(1996年製作の映画)

3.1

ニューヨークとパリという最高のロケーション。

美術の入れ知恵で女の気を引くところは『アバウトタイム』を思い出す。

指輪を飲み込むところは笑う、ハロウィンも良いな。

歌一つ一つに派手さがないのも大
>>続きを読む

魔法にかけられて(2007年製作の映画)

3.5

めちゃくちゃハッピーになった、舞踏会のシーンかなり良いな。

リスのピップと娘のモーガンちゃんが可愛らしい、6歳児にクレジットカード渡してたのは声出して笑った。

『メリーポピンズ』みたいなお転婆加減
>>続きを読む

リザとキツネと恋する死者たち(2014年製作の映画)

3.6

あかん笑 これだんだん好きになってくる笑
完全に色々な要素にハマっていくのが自分でも分かって笑えてきた。

謎の日本リスペクト要素たっぷりやし、なんやねんトミー谷(「はずむぅビィ〜ト〜」)

日に日に
>>続きを読む

チェイス!(2013年製作の映画)

3.9

後半の尻すぼみ感はなかなかやったけどインド映画は裏切らないね。

3時間通して面白いかと言われると「?」だが、『グレイテストショーマン』や『マッドマックス』、そしてなんと言っても『プレステージ』を彷彿
>>続きを読む

ロード・オブ・ドッグタウン(2005年製作の映画)

2.7

若者の青春映画なんですけど、ボードのカッコ良さをあまり感じてないからか、少し合わず。

ステイシーとスキップはカッコいい、音楽も良かった。

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

3.8

観終えてすぐにもう一度観たくなった映画、なかなか珍しい感触。

正直、見逃してるところもあるはずやけど納得も満足してる。

スタイリッシュなオープニングからのクレジットは最高やし、あのキャスト達はズル
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

3.7

タイトルの意味が分かった時は衝撃というよりホッコリした感じ、幼少期"サルー"の姿を思い出して微笑ましい。

幼少期サルーの強さと大人サルーの葛藤は見どころ、次男だった子が長男になる事の表現が上手くてよ
>>続きを読む

アジョシ(2010年製作の映画)

3.5

『レオン』のような『96時間』のような『ジョンウィック』のような。

ウォンビンがカッコよすぎるねんけど、おじさんって呼んだら怒られまっせ。

また警察は何もしてないかな笑

スポットライト 世紀のスクープ(2015年製作の映画)

4.0

『ウインドリバー』と同様、軽い気持ちで見ると大火傷する…、闇の深さに度肝を抜かれた。

「多くの人が信仰する教会が実は闇まみれでした」って暴く事がどれだけ大変でどれだけショックか、日本人には理解し難い
>>続きを読む

Vフォー・ヴェンデッタ(2005年製作の映画)

3.2

「My turn」と言うシーンはカッコよすぎる、銃を使わないスタイルも好き。

一人一人、確実に復讐していくところは良いが、少しあっさりすぎ?

刑務所→拷問あたりの流れは少し理解できず、あと少し長く
>>続きを読む

ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア(1997年製作の映画)

3.7

マーチン&ルディという名コンビ

死期が近い二人の話と知って少し身構えたが、とにかくユーモアの連発、なかなか笑える。

ただ時折見せるてんかん発作?のシーンはグッときた。

海が観てみたいってどんな感
>>続きを読む

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

3.4

序盤の爽快感、テンポの良さには驚き、人気作なのも超納得。

ドクターストレンジのような能力を持ったヒーローの戦闘はなかなか見応えあり。

中盤、少し中弛みした感があるけど、エンドロールも超爽快でした。
>>続きを読む

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

3.4

DOLBY+ダンシングクィーンはそりゃもちろん良いし、エンディングなんて誰もが観たかった組み合わせじゃないですかね。

もちろん曲ありきの映画なので、こうなる事は想定済み、全てMVとして観れる。

>>続きを読む

マンマ・ミーア!(2008年製作の映画)

3.6

『グレイテストショーマン』と同様、音楽ゴリ押し映画、曲は最高、今でも運転中は聴き続けてる。

もう十年前とか信じられんな、アマンダ若いなぁ。

おっさん三人衆も愉快愉快、あの三人の絡みはもっと観たい。
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

3.9

逆境も音楽の力で乗り越えちゃう「No Music No Life」な映画。

全体的に良いけど『The Riddle of the Model』のファッションは印象的。

MV撮影シーンは『カメラを止
>>続きを読む

リトル・ダンサー(2000年製作の映画)

3.4

白鳥の湖はずるいよなー、絶対良く見えてまうやん。

お父さんもお兄さんも最後は家族だね、未来ある子に全てを託すのは感動でしかない。

ただビリーエリオットが周りのサポートにもっともっとありがたみを感じ
>>続きを読む

ガタカ(1997年製作の映画)

4.2

ついに観た、夢を追う者と手助けする者との友情を感じ取る映画だったとは。

ジュード・ロウの徹底したサポート、去り際の切なさはまぁイケてる。

A,C,G,Tの文字や必死に螺旋階段を登る場面からDNAを
>>続きを読む

ライオン・キング(1994年製作の映画)

3.4

ハンス・ジマー達による場面場面の音楽は圧倒的。

ムファサが声を張り上げた時、誰かと思ったらダース・ベイダーで鳥肌立った、父さんカッコよすぎる。

『バーフバリ』ってこの映画を少し真似したとかあるんか
>>続きを読む

スクール・オブ・ロック(2003年製作の映画)

3.5

超シンプルな内容でロックを知らなくても問題なし、でももう少し曲とか知ってたら良かったな。

子どもたちも素直で可愛い、先生に対して罵声を浴びせるシーンは笑う。

エンドロールもこの映画っぽい。

ただ
>>続きを読む

奇跡のシンフォニー(2007年製作の映画)

4.0

「良い音楽は人を結ぶ」だって、良い終わり方だったなぁ。

周りのものを何でも楽器にしてしまう韓国の演劇『NANTA』とかみたいに、日常から音楽が溢れてるって表現が好み、今作で言うとチャイムや電車の音と
>>続きを読む

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

3.8

「パリに行きたくなる映画」と言われるのも納得。

内容云々関係なく昼も綺麗で夜も綺麗で、おまけに雨の中を歩くとか超ドリーミー。

ユーモアも好きやし、現代で古典的?な子と惹かれ合うのは素敵。

中学の
>>続きを読む

シカゴ(2002年製作の映画)

3.7

オープニングから盛大に、好みの始まり方で気分が上がる。

「ブロードウェイで観たら凄いんだろな、どうなるんだろ」と思うシーンが数箇所、ぜひ生で観てみたい。

最後はなんか急展開だが、まぁ良し、綺麗やっ
>>続きを読む

フィフス・エレメント(1997年製作の映画)

3.6

これがあのリールーか、めちゃくちゃ魅力的やないか。

『レオン』と比べるとあれだが、好きな要素はてんこ盛り、音楽もゲイリーもめちゃくちゃ『レオン』だわ(声だけだがジャン・レノも出てるなんて)。

車が
>>続きを読む

裏切りのサーカス(2011年製作の映画)

2.8

イギリス人で固められた豪華キャスト陣が渋すぎるで。

『キングスマン』コンビとトローチのようなものを口に含むゲイリーには内容関係なく笑ってしまう。

それこそ内容はよく理解できず、またもう1回観る。
>>続きを読む

はじまりのうた(2013年製作の映画)

3.7

プレイリストを見せ合って聞き合いするシーンが印象的、たしかに性格が出てるかも、二股プラグでイヤホン最高。

話の展開もまぁまぁ好き、アルバム撮影楽しそう、ニューヨーク行ったら聖地探そ。

洋楽をもっと
>>続きを読む

ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還(2003年製作の映画)

4.3

タイトル『サム~指輪物語~』
ホントに苦労したよね、超ハッピーエンドだ。

レンバスってどんな食べ物なんやろ、ラスクみたいなやつかな。

本作のセオデン、王様らしくてカッコいい。

長いから仕方ないけ
>>続きを読む

ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔(2002年製作の映画)

4.1

あの『王の帰還』への準備、にしてもアラゴルン主人公すぎる。

フロド・バギンズほんとに美少年だよなぁ、ナズグル襲来前の上目遣いアングル最強。

ギムリ♡レゴラスカップルも微笑ましい。
(ハルディアも大
>>続きを読む

ロード・オブ・ザ・リング(2001年製作の映画)

4.5

小さい頃に観続けた映画の1つ、15年以上前の映画とは思えん映像美やな。

「ボロミアは強くて良いやつだから!」って観てもない小学校の友達に言いまくってた記憶。

自分の中ではファンタジーと言えばやっぱ
>>続きを読む

ブルージャスミン(2013年製作の映画)

2.2

出ました…主要人物全員頭の悪い映画…
苦手なんだよなぁ…

ケイト・ブランシェットの怪演は見事なんだが。

あと独り言批判あんまりしてあげないで(´・ ・`)

ドン・ジョン(2013年製作の映画)

1.9

パソコンの起動音と共に「なんやねんそれ」と声を出したくなった。

ブリーラーソン、あの役で得たものはなんや、最後にやっと喋ったけども笑

アン・ハサウェイなどの豪華カメオは謎。

パディントン(2014年製作の映画)

3.7

あっという間すぎる、もっと観たい。

どうしてこうも熊は愛らしいのか、テッドやら『AI』のテディやら(ロケットも)

映画はあっという間だったが、動きとかしゃべり方、あるいは視覚効果のせいかな、パディ
>>続きを読む

>|