アイリス

アイリス

スターウォーズを超える映画に出会いたい。評価は0.5刻み。
好き嫌いせず観るようにしてますが、SFとアニメが好き。あと切ない話がたまらなく好き。

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

4.0

サム・ライミ版1,2,3、アメイジング1,2と観てきて、再々始動の本作。

予告でもアイアンマンが出てたから分かってはいたけど、もう完全にMARVEL作品群(MCU)に組み込まれてて、少なくともアベン
>>続きを読む

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2011年製作の映画)

4.0

友達にオススメされてたんだけどなかなか観れず、やっと観た。前情報なし。

こんなに深くて重いドラマは久しぶり。悲しくて苦しくて、わずかな希望に必死にもがくけど、それもまた苦しくて、たどり着いた先も……
>>続きを読む

ウォーリー(2008年製作の映画)

4.0

数あるpixer映画の中でも上位に入る、好きな映画。近未来SF感も良い。

草一つ自生しないような環境でも生き残るゴキブリの生命力に感動……しない。なんで可愛く描いてるんだよーちょっと可愛いよーやめて
>>続きを読む

ハンティング・パーク(2016年製作の映画)

1.5

スケア・キャンペーンのレンタルDVDに予告が入ってて、TSUTAYA行ったら目立つところに置いてあって、なんとなく手に取ってしまった、あの時の自分をグーで殴りたい。

グロ映画って、グロ要素だけでそれ
>>続きを読む

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女(2017年製作の映画)

3.0

トム・クルーズが主演ってだけで観たいのに、加えて予告がとても面白そうだったから、レビューとか評価とか一切見ずに、期待して観に行ってきた。

結果、すごくイマイチだった。トム・クルーズの爽快アクションと
>>続きを読む

プロメテウス(2012年製作の映画)

3.5

公開当時に観たものの、ほぼ覚えてなかったのでコヴェナントに向けて復習。

これ完全に続編ありきの作りなんだね。特にデヴィッド(マイケル・ファスベンダー)周りの謎は全く明かされないままだから、どうしても
>>続きを読む

ワイルド わたしの中の獣(2016年製作の映画)

2.0

謎のドイツ映画。

主人公の判断が常に一般常識から逸してるので共感は無理。でも、だからこその結末に。野生本能の赴くままだったんだね。

脱糞放火でバーニングう〇こは初めて見た、斬新!意味分からん!!

ワールド・トレード・センター(2006年製作の映画)

4.0

映画としては面白くない。単純に作り話の映画だったら★2.5ぐらい。高校生のときに初めて観て、今回久しぶりに2回目鑑賞。

映画としてじゃなくて、あの悲惨なテロをより多くの人に知ってもらって後世に伝えて
>>続きを読む

ベイマックス(2014年製作の映画)

4.5

公開当時映画館で観て、改めて鑑賞。

数あるpixer作品の中でもベスト3には間違いなく入る傑作かと。大好き。

でもやっぱり、ヒーロー物だという感じを一切出さない日本の宣伝の偏り方はおかしかったよね
>>続きを読む

ロスト・エモーション(2015年製作の映画)

3.0

静かに愛を感じるSF映画。

いつ、この狂った世界に一石を投じる波乱を巻き起こすのか等とアクション方面の期待をしてはいけない。

後半こそ、やや緊張感が高まるものの、2人の恋愛事情の範疇から逸脱しない
>>続きを読む

スケア・キャンペーン(2016年製作の映画)

3.0

何この終わり方、有り得ません。すっごい質の悪い「後はご想像にお任せします」。76分という短さもあって余計に、えっ、ここで終わり!?ざっけんなよ!!ってなる。

でも、このヤラセ番組の中でのガチなトラブ
>>続きを読む

ライフ(2017年製作の映画)

2.5

SFホラーの凡作ぐらいの印象。

ストーリーはシンプルで真面目、悪く言えば面白くない。登場人物もみんなマトモ……世界から選び抜いた精鋭なんだろうから、確かにその点のリアリティはあるんだけど。

アルマ
>>続きを読む

猿の惑星:新世紀(ライジング)(2014年製作の映画)

4.0

素晴らしい、続編として傑作です。

とにかくストーリーが重厚で面白い。作り込みを感じる。映像もめっちゃキレイ。実写と見間違えるレベルのフルCGの猿が大量に、終始描かれ続ける。モーションキャプチャーなの
>>続きを読む

タイタニック(1997年製作の映画)

5.0

改めて観てみた。不朽の名作だわ……。

小さい頃に、前編・後編のVHSで、後編ばっかり何回も観てた記憶……全部観ると長いし、前編はつまらないとか言いながら。

でも改めて観てみると、こんなに長いけどテ
>>続きを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(2017年製作の映画)

2.5

なんか亡霊と戦ってると思ったら、いつの間にか睡魔と戦ってた。これは最前列でツラい体勢だったのもあるかもしれない。

最後の海賊って何だったの?汚い邦題。

生命の泉でも書いたけど、3まで本当に大好きだ
>>続きを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉(2011年製作の映画)

3.0

1~3大好きだったのに、何故かこれの存在を知らなかったぐらい離れてて観てなかったんだけど、最新作の為に鑑賞。

あれ……パイレーツってこんなに微妙だったっけ……。

もっと冒険要素にワクワクしたり、胸
>>続きを読む

劇場版ポケットモンスター キミにきめた!(2017年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます。

ポケモン映画20周年記念として、これまでの毎年恒例のポケモン映画とは一線を画す、新しいポケモン映画。何が新しいとか委細は割愛。

(なお私は信者なので真っ当なレビューは書けません、あしからず。)

>>続きを読む

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

3.0

予告見た時からめっちゃ面白そうと思ってて、前情報なしで鑑賞。

ちょっと期待し過ぎた感が……。予告では見抜けなかったけど、一言で言ってしまうと「ちょっと子供向け」だと感じた。というか本当に子供向けなん
>>続きを読む

心が叫びたがってるんだ。(2017年製作の映画)

3.5

試写会。
アニメ版大好きだけど、観てないこととして書く試み。

ストレートで強いメッセージが、ちゃんと物語全体を通して表現できてるのがとても気持ち良い。これはちゃんと設定とストーリーが作り込まれてるっ
>>続きを読む

昼顔(2017年製作の映画)

2.5

ドラマ未視聴。話の結末としてはすごく良いと思う。評価は以上。


とにかくこれ、個人的な現実の出来事と重ねてしまって、古傷を抉られたようなダメージを負った。観なきゃ良かったと後悔。

上戸彩が言った、
>>続きを読む

潔く柔く(2013年製作の映画)

1.5

高校生って良いよね。感想は以上。


ガラケー×チャリって、確かにあの頃はよくやってた。ガラケーはスマホと違って物理ボタンで、全く画面を見ずともほぼ100%打ち間違いは無い。

変換だけは見て確認しな
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

4.5

想像以上に面白かった…!傑作!

特筆すべきはやはり戦争シーンの演出。宣伝してただけのことはある。

戦争の悲惨さって、それはもう誰だって想像に難しくない訳だけど、この映画の戦争シーンは、本当に戦場に
>>続きを読む

セルフレス/覚醒した記憶(2015年製作の映画)

3.0

素材はすごく良いのに肝心のストーリーが……なかなか主人公に感情移入できないと思う。

小切手で解決、人を操る傷付ける→後悔→せめて今回は……みたいな背景なんだろうけど、描写が薄く、大して共感できないの
>>続きを読む

死霊のはらわた(2012年製作の映画)

4.0

妹の人生を狂わせた作品ということで、兄の監督責任の一環として鑑賞。

妹はこれのオリジナル版を小さい頃に見て大きな心的外傷を負い大変な思いをしてきたにも関わらず、大人になってから何故かこのリメイク版を
>>続きを読む

クール・ランニング(1993年製作の映画)

3.5

不朽の名作という印象。

最初はバラバラだった個性的なキャラクター達が、スポーツを通して少しずつ成長しながらまとまっていく王道ストーリーで、笑いあり涙ありのエンタメ映画。

細かい演出もベタベタだけど
>>続きを読む

カーズ2(2011年製作の映画)

3.5

3に向けて復習。

全体的にM:Iのようなスパイ映画風の作りになっていてすごく好み。

レースの熱さこそ1にちょっと劣るけど、単純な勝負だけでなく、色んな事情が絡んでるので面白い。

今作の主役は完全
>>続きを読む

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

4.5

とても切なくて重くて苦しいロードムービーだった。アクションは少なめ。
完全にX-MENの最終話という感じの内容。期待以上の傑作。

ローラとても良い。こんな超絶不幸を背負わされた子供なんてそうそういな
>>続きを読む

ババドック 暗闇の魔物(2014年製作の映画)

2.5

酔っ払った友達に、面白いサスペンスだと勧められて、酔っ払った俺は頑張ってメモを取り、翌日寝不足シラフで観た経緯。

……完全にホラー映画ねこれ。

とにかくマトモな奴が出てこないから本当にツラい。見て
>>続きを読む

ウルヴァリン:X-MEN ZERO(2009年製作の映画)

3.5

完全にX-MEN(1)の前日譚だった。
1→2→3(ファイナルディシジョン)の後に観ると良い感じかも。

ただ、更にその後に色々と継ぎ足してしまってるからか、整合性が取れてない設定が散見されたような気
>>続きを読む

ソーセージ・パーティー(2016年製作の映画)

3.5

全編を通して下ネタ。特にフィナーレは酷い。

でも、想像以上によく出来てた。話もなかなかドキドキさせるような展開で、要所で入る「ありがち」な演出は、ちゃんとシリアスで笑ってしまう。

冒頭に注釈が入る
>>続きを読む

夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)

4.0

なんでこれ埋もれてるの!久しぶりに涙を抑えきれなかったわ……!

キャラデザと作画に結構癖があって、ダメな人はダメかもしれない。でも心踊り出すような演習にはピッタリなのかも。

それぞれのキャラクター
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

2.0

そこまでのやる気と根性があるなら、自分の国を作るよりも、父親を説得する方がずっと近道かと思いました。

スプリット(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます。

割と敷居の高い映画だったらしい。当方シャラマンワールド?ユニバース?よく知らないしアンブレイカブルも全く覚えてないので単品の感想。

監禁ホラーものとして観ると完全に物足りない。本作のメインはあくまで
>>続きを読む

戦火の馬(2011年製作の映画)

4.0

第一次世界大戦が始まった頃のヨーロッパが舞台で、主人公はジョーイという馬。一言も喋らないけど、本当に最初から最後まで主人公してた、すごい。

ジョーイは最後には奇跡の馬だと言われる訳なんだけど、とにか
>>続きを読む

怪物はささやく(2016年製作の映画)

3.0

あるいじめられっ子がちょっと成長する話。

心理描写に見応えのあるファンタジー演出が多用されていて、辿り着く結末も、ちょっと意外な心境が鍵になっているので、全体的にダークファンタジー感が漂っていて楽し
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

4.0

さすがにこれはしばらくネタバレ表示しないと怒られるかな……。

超上質なSFヒューマンドラマ。傑作。主人公可愛かったら☆4.5付けちゃってたな。

一見トンデモ超常現象なのに、どこか淡々と話が進み、リ
>>続きを読む

>|