やわらか

やわらか

10年ぐらい映画全く観ていなかったのですが、ここ最近急に見始めました。にわか映画ファン。家で映画を観る習慣はないので、レビューは劇場での観賞です。

音楽も好きなので、歌とかバンドとか楽器とかをテーマにした作品については甘口だったり辛口だったりします。

ウィッチ(2015年製作の映画)

3.5

止せば良いのに考えなしにまた観てしまった怖い映画シリーズ。
 
直接的なスプラッターシーンなら、こないだ観た「ハクソー・リッジ」とは比べるべくもないし、普通のサスペンス系映画の方がよっぽど凄いかも。そ
>>続きを読む

ノーゲーム・ノーライフ ゼロ(2017年製作の映画)

2.5

久しぶりに観に行くべきじゃなかった映画。対象外なのに観に来てしまいホントごめんなさいって感じ。原作はラノベで、アニメシリーズがあって、映画はその外伝って位置付けなのかな?ストーリーはほぼ独立しているの>>続きを読む

ダイ・ビューティフル(2016年製作の映画)

4.2

フィリピンのゲイ・ミスコン参加者の半生を描くお話。また、「彼女」を取り巻く親友や娘、家族や恋人たちの群像劇でもある。
 
以前マニラ近くに数カ月滞在した経験があるので、フィリピンに対しては少なからず思
>>続きを読む

おとなの恋の測り方(2016年製作の映画)

3.2

たぶん誰が観てもそれなりに楽しめるけど、薄味で一週間ぐらいで忘れそうな感じ。レビューも書きにくいなー。
 
脇役は結構いいキャラいるよね。息子とか事務所のアシスタントとか、彼女の両親(とくに父)とかね
>>続きを読む

特別捜査 ある死刑囚の慟哭(2015年製作の映画)

4.0

これは当たりだった。かなりオススメの一本。はじめから終りまで2時間ずっと面白い(元)刑事モノ。
 
やり手の刑事だったがスキャンダルで免職になり、現在は法曹ブローカーとして暮らす主人公。ある死刑囚から
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

3.4

「凄い映画か?」と聞かれたら迷いなくそうだと答えるけど、「いい映画か?」と聞かれたら自分にとっては違うと答える。そんな感想。
 
予告編その他の情報からこういう映画だろうと予想して観に行って、実際その
>>続きを読む

パワーレンジャー(2017年製作の映画)

3.3

自分は日本の戦隊モノは子供の頃3,4シリーズ分ぐらいしか覚えてない。そのおぼろ気な記憶を頼りに考えると、テレビシリーズのはじめの2,3話と最終2,3話分をまとめたらこうなりました、って感じの映画だった>>続きを読む

ライフ(2017年製作の映画)

3.6

ポスターの絵面とか俳優のレベルとかは「メッセージ」なんかより、よっぽどSF超大作になりそうな感じなんだけど・・・どうしてこうなった?「ゼロ・グラビティ」で味付けしているとはいえ、内容的には「エイリアン>>続きを読む

グリーンルーム(2015年製作の映画)

3.3

新文芸坐で同時上映の「ドント・ブリーズ」と比べるとこちらはだいぶ「ちゃんとした」映画な感じ。音楽が好きなこともあってポイント毎には楽しめたかな。
 
この映画、個人的にはパトリック・スチュワートがバリ
>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.0

子供の頃から好んで観たりはしないので、そもそも自分が怖い映画ムリということを意識することが少ない。結果、年に一回ぐらい油断してしまい、タイトルではっきりと分からないタイプのホラーを観に行く、という失敗>>続きを読む

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます。

※以下、レビューが妥当かどうかはともかく、ネタバレ度が高いのでご注意を。
 
 
 
えーっと、事前に読んだレビュー評価は軒並みあまり高くなく、ジブリ作品オマージュに溢れているという声も多かったので、
>>続きを読む

忍びの国(2017年製作の映画)

3.4

先週末単館系のこじゃれ系(?)洋画を1日に3本も観てしまったので、「メアリと魔女の花」「ライフ」辺りと迷ったけど、ちょっと軽いのがいいかなとこれを選択。結論から言えば、期待よりも割とちゃんとしたドラマ>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

3.5

うーん、消化不足。ストーリーを十分に読み込めなかった。この日3本目の観賞だったこともあり、集中力を欠いてしまったかもしれない。
 
大枠としては、主人公が妻の死のショックから回復する、という流れなんだ
>>続きを読む

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

3.4

ある登場人物の死期が近いことが判明し、それをきっかけに今までの人間関係に変化が起こる、という枕で言うと、同じ日の朝に観た「しあわせな人生の選択」とおんなじ。

ただ、こちらの映画はさすがのおフランスで
>>続きを読む

しあわせな人生の選択(2015年製作の映画)

3.7

なかなか趣深い作品だった。
 
人が、自分や周りの人の死に向かい合うときに見せる、人間の十人十色な反応がとても繊細なタッチで描かれている。
 
この映画では、生活の中でのパートナーとしての犬がとても重
>>続きを読む

セールスマン(2016年製作の映画)

3.7

イラン映画。引っ越しした直後に酷い事件に巻き込まれたある夫婦。犯人を自ら見つけようとする夫と、事件を受け止めきれない妻との関係を描く。(っとあらすじを書いてみて思ったけど、「淵に立つ」に似ている?)>>続きを読む

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)

3.8

新文芸坐のクリント・イーストウッド特集、5本目に観賞するのは2014年に公開された「アメリカン・スナイパー」。
 
まず感じるのは、シーンの繋がりやストーリー展開のテンポに隙がないということ。戦場のシ
>>続きを読む

硫黄島からの手紙(2006年製作の映画)

4.0

この映画には個人的に強い思い入れがあって。90年代の後半から10年近く、全く映画を観ない時期が続いた後に、たまたま帰省したタイミングで、知り合いに誘われてこの作品を観た。
 
それまでダーティー・ハリ
>>続きを読む

マディソン郡の橋(1995年製作の映画)

4.4

いやあー、やられた。完全に感情を持って行かれた感じ。文句なしに素敵な映画だった。
 
クリント・イーストウッドの老いてなお失われないワイルドさも凄いけど、メリル・ストリープ!なぜあの歳で(失礼!)可愛
>>続きを読む

グラン・トリノ(2008年製作の映画)

4.0

恋もない、派手なアクションもない(あるけど)、ある意味華のない年齢のキャラを主人公に置きながら、質の高い映像・台詞・音楽で構成されていて、ちゃんと一本の映画として楽しめる。
 
ただこの作品の場合、単
>>続きを読む

ミスティック・リバー(2003年製作の映画)

3.9

新文芸坐のクリントイーストウッド特集、観たい作品目白押しで、平日のプログラムを眺めながらどこで有給使おうか悩み中。
 
で、この作品。クリント・イーストウッド監督作ってこういう謎を含んだストーリーがそ
>>続きを読む

ヴァンパイア ナイト(2017年製作の映画)

2.1

金曜日の夜、公開から一週間、それでも、200席ほどあるシネマート新宿に詰めかけた客は10人に届かず。。。

うーん、ヒロイン二人のセリフは棒だし、ゾンビモノにしてははっちゃけてないし、お色気っぽい展開
>>続きを読む

ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。(2016年製作の映画)

3.6

映画としては評価難しいなー。でもとりあえず、リンちゃん(ジエン・マンシュー)がカワイイのだけは間違いない。
 
これが実話を元にしていて、しかもリンちゃんもモギさんもホンモノが、女優さんや俳優さんに負
>>続きを読む

ジーサンズ はじめての強盗(2016年製作の映画)

3.0

軽いストーリーを上手くまとめた感じ。後で調べたらリメイク作品なのね。制作側も、名作にするぞ、みたいな気合いは入ってないんだろうな。
 
えーと、結論から言えば、名優3人は主役としてより脇役の方が輝いて
>>続きを読む

ありがとう、トニ・エルドマン(2016年製作の映画)

3.8

なかなか痛く重たいドイツ映画。
 
これ、ちょっと売り方でミスリードされているような気がするなぁ。タイトルや宣伝では父が「ちょっとイタズラ好きの」みたいな形容されてるけど、そんなレベルじゃないしね。で
>>続きを読む

劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女(2016年製作の映画)

2.4

出掛けた時にちょうどいいタイミングで始まりそうだったので飛び込みで。

原作(ラノベ?)・アニメ、全く予備知識なし。多分外伝的な独立した話なのでストーリー的には特に問題なく観れた。凄くいいとは思わない
>>続きを読む

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

2.5

正直あまり納得が行かなかったなー。Fimarksを含むレビューサイトの評価も軒並み高かったのでかなり意外。
 
まず単体の映画としては結構ハードな内容で、ヒュー・ジャックマンやパトリック・スチュワート
>>続きを読む

Viva!公務員/公務員はどこへ行く?/オレはどこへ行く?(2015年製作の映画)

4.0

90分ない小品だけどその分思いっきり笑えた。
 
イタリアの公務員天国な描写って他の映画にもぼちぼち出てくるけど、この映画観るとその酷さは予想以上だねー。最後だけキレイにまとめてるけど、現実は笑えない
>>続きを読む

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

3.4

前半の爆破事件のリアリティはドキュメンタリー以上の迫力。この手の実際の事件モノでは定番になった現実の映像や記者会見シーンを混ぜているんだけど、そこに実際の事件を再現させるシーンが(たぶん)CGを駆使し>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

4.2

とても優しい映画。アメリカ社会の中で家族と成長する若者の姿と言う点では「6才のボクが、大人になるまで。」と共通する部分を感じた。 
 
映画として直接描かれるのは70年代後半のパンクの時代の短い間だけ
>>続きを読む

トンネル 闇に鎖(とざ)された男(2016年製作の映画)

4.0

トンネル崩落事故を題材にしたエンタメ作品。イメージ的には「バーニング・オーシャン」と「ダイ・ハード2」を足して2で割ったぐらい?韓国の企業体質とか政府の危機対応とかマスコミの振る舞いとか、ありがちだけ>>続きを読む

皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ(2015年製作の映画)

3.9

画面が全体的に薄くブルーがかっていてちょっと北野武っぽいのかな?とか思った。内容的にも北野作品的なバイオレンスをベースに、DC系アメコミが混ざった感じの重たいテイスト。
 
ただ、ヒーローであるロボッ
>>続きを読む

夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます。

うん、なかなか良かった。全体的に優しくてポップな感じでまとまってて。
 
一番良かったのはルーのキャラクター。動きも姿も可愛いし、セリフにも嫌味がなく素直に好きになれた。歌ったり踊ったりする姿がホント
>>続きを読む

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場(2015年製作の映画)

3.8

無人のドローン偵察機を飛ばし、同じく無人の飛行機から発射したミサイルがピンポイントで標的を攻撃するという新しい戦争のプロセスを、軍事的側面と政治的側面から描く。
 
実際そうであるかどうかは分からない
>>続きを読む

ヒトラーの忘れもの(2015年製作の映画)

3.9

第2次大戦直後デンマーク当局が、海岸にナチスドイツ軍が埋めた地雷除去をドイツの少年兵たちにさせた、という史実に基づく物語。
 
こういった映画に「良い」という形容は難しいけど、作られた価値がある、また
>>続きを読む

美しい星(2017年製作の映画)

4.0

いやー、変な映画だったなー。本来劇団とかでやりそうなことを豪華キャストでやっちゃった感じ。どうしてこうなった。「桐島~」のヒットで思ったより予算が付いちゃったからか?

こういう日常的な社会描写の中に
>>続きを読む