mrかっちゃんさんの映画レビュー・感想・評価

mrかっちゃん

mrかっちゃん

映画を観るのは人生経験と同じだと思ってます
だからもっといろんな映画を観たい!
僕がどう感じたか、何処が好きか、どのようにダメだと感じたかかを書くようにしてます
僕のレビューを読んで映画を見たいと思ってもらえたら光栄です

映画(396)
ドラマ(6)

斬、(2018年製作の映画)

5.0

人を刀で斬るという極限のバイオレンスと
表裏一体で存在する性欲。
人間性を問いただしつつ、現代にも通じる人が人を殺すという負の連鎖が心に突き刺さる作品。

塚本晋也監督は「野火」で初めて知ったのですが
>>続きを読む

クリード チャンプを継ぐ男(2015年製作の映画)

4.2

「ブラックパンサー」を大ヒットさせた新人監督ライアンクーグラーの出世作。
「ロッキー」のライバルアポロクリードの息子をロッキーがコーチとして指導しプロを目指す王道スポ根映画でもあり1人の男の成長物語。
>>続きを読む

犬猿(2017年製作の映画)

4.3

「ヒメアノ〜ル」の吉田監督のオリジナル脚本。
口喧嘩の絶えない仲の悪い兄弟と姉妹の
関係性を題材にしたドラマ
もうすぐ出所する前科者のヤバイ兄貴と頭が堅くどこか兄を嫌っている弟。
デブで、ブサイクだが
>>続きを読む

ドライヴ(2011年製作の映画)

4.8

渋くてカッコいい堪らない魅力ムンムンなあの映画を久しぶりに観た。
去年ヒットした「ララランド」のライアン・ゴズリングと映画界きっての異端児
ニコラス監督の初タッグ作。

ストーリー自体は愛してはいけな
>>続きを読む

GODZILLA 決戦機動増殖都市(2018年製作の映画)

3.9

ゴジラではなくGODZILLA。
そのタイトルの意味が第2部にしてようやく紐解かれた。
前作は世界観の説明に終始していたため、やや退屈でしたが、今作は続編という特性を活かして自由に暴れまわってるように
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.2

英国を代表する世界的なロックバンドQueenの栄光と挫折の物語。

Queenが活躍していた時代には僕は生まれていませんし、リアルタイムで追いかけていたファンに比べたら知識も浅いですが、親の影響で好き
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.7

Sony picturesのマーベルキャラクターを題材にした新しいユニバース「Sony’s Universe of Marvel Characters」第1弾
スパイダーマンに関する映画化権利はソニー
>>続きを読む

ドラゴン・タトゥーの女(2011年製作の映画)

4.7

ずっと気になっていた作品をようやく観た。
デビットフィンチャーが手掛けるスウェーデンの大ヒットサスペンス小説シリーズ
「ドラゴンタトゥーの女」
来年新作も公開されるということで、個人的な期待が高まって
>>続きを読む

大統領の陰謀(1976年製作の映画)

4.2

ニクソン大統領を辞任に追い込んだスキャンダル「ウォーターゲート事件」の全貌を暴いたワシントンポスト紙の若手記者2人の話。
僕が前回みた作品「ザシークレットマン」のマークフェルト氏がワシントンポスト紙の
>>続きを読む

ザ・シークレットマン(2017年製作の映画)

4.1

「ウォーターゲート事件」をワシントンポスト紙に情報提供した謎の密告者ディープスロート。
彼の正体はFBIで長年副長官を務めるマークフェルトだった。

初代長官Jエドガーが亡くなり次は自分が長官だと思っ
>>続きを読む

7月22日(2018年製作の映画)

4.6

「ボーン3部作」でアクション映画に革命を起こしたグリーングラス監督のノンフィクション映画。
2011年7月22日に発生した連続テロ事件を題材にした作品。

監督のドキュメンタリータッチなリアリティのあ
>>続きを読む

アポストル 復讐の掟(2018年製作の映画)

4.0

謎のカルト集団が牛耳る島に連れされた妹を取り戻すべく教徒のふりをして忍び込む兄。

序盤から中盤にかけてじっくりと、世界観の異様な雰囲気と陰惨とした語り口でサイコスリラーに似た恐怖が襲う。
そして次第
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

4.3

スピルバーグxトムハンクスの最強タッグ再び。
それでもこの映画の主人公はメリルストープ演じる会社の社長だと思います。

ベトナム戦争をめぐる国家の機密文書を新聞に掲載するまでの過程をベテランの演出力で
>>続きを読む

志乃ちゃんは自分の名前が言えない(2017年製作の映画)

5.0

吃音で自分の名前が言えない大島志乃。
音楽が好きだが音痴な加代。
空気が読めず終始浮いてしまっている菊池
何かしらの問題を抱えながらも、痛々しくも初々しい青春の日々をひたすらに駆け抜けた少年少女の物語
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

4.3

近年立て続けに実話ベースのノンフィクション映画を撮り続けている映画界の鉄人
クリントイーストウッド。

2015年で発生した列車内での銃乱射未遂事件。
その列車に乗り合わせ事件を食い止めた3人の若者た
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

4.3

音に反応しその対象物を襲う何者かによってゴーストタウンと化した世界。
その世界で生き残るためには「音を立ててはいけない」

一緒にいった友人が言っていた「ホラー映画は緊張と緩和が大事」という言葉。
>>続きを読む

モーリス(1987年製作の映画)

4.3

30年前に公開されLGBTを題材にした名作。
名画座ミニシアターの劇場で公開されていました。

同性愛が犯罪として許されていなかった時代に強くも脆く愛し合った男たちの哀しいラブストーリー。

クライヴ
>>続きを読む

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

5.0

本当に恐ろしく引き込まれる映画体験でした。
こんな映画見たことない。
「マジカルガール」を初めて観た時と同じ感覚になった。
脚本のおもしろさで言えば今年公開された作品の中ではダントツのトップかもしれな
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

4.6

20年前に別れた夫から届く「夜の獣」と題された小説。
その小説はかなり暴力的な内容で家族とドライブ中に知らない男達にいいかがりをつけられ妻と娘をレイプされ殺されてしまうというもの。

スーザンはその小
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

4.1

失いかけた大切なものを見つける話。

100エーカーの森で少年時代をプー達と過ごしたクリストファーロビンは大人になり仕事に追われ家族の時間も失っていた。
あの頃にプー達と交わした約束は守れず、人生に縛
>>続きを読む

累 かさね(2018年製作の映画)

4.0

はっきり言ってノーマークだった映画でしたが、ネットでの高評価を受けて観に行きました。

ストーリーは昼ドラの女同士のドロドロ愛憎劇をイメージしてもらうと分かりやすと思います。
過去の事故で口裂け女のよ
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.5

話題沸騰中の作品「カメラを止めるな!」がようやく地元の映画館で上映されたので見れました!
制作費300万円、キャストスタッフ無名、ほぼ新人という超インディーズな映画ながらも興行収入10億円は見込める大
>>続きを読む

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

4.0

「50年ぐらい待てないの?宇宙人なんでしょ」

人々の概念を盗む宇宙人が突然現れ地球を侵略し始める。
愛する人の姿で。
人気舞台を映画化した作品ですが、人間ドラマとSFがうまく融合していました。

>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.3

松岡茉優ちゃんの初主演映画で彼女の魅力と実力が作品全体から滲み出ている。

恋愛経験がなく、10年間片思いしている中学の同級生「イチ」と会社の同僚で突然告白されるも関係性が掴めない「2」の間で揺れ動く
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

4.3

「インフィニティウォー」のあの衝撃から5ヶ月ちょいの間MCUファンは今作に期待していた人も多かったのではないのでしょうか?
僕もその1人です。
人間のサイズからアリのサイズまで変化自在に身長を変えてト
>>続きを読む

検察側の罪人(2018年製作の映画)

3.9

ジャニーズの人気グループ嵐のハリウッドにも認められた二宮和也と元SMAPのメンバーであり、大スター木村拓哉が初めて競演したエンタメ性も兼ね備えた法廷サスペンス。

2人のトップアイドルが競演するという
>>続きを読む

エクスティンクション 地球奪還(2018年製作の映画)

3.5

突如現れたエイリアンに地球が侵略される悪夢を見る2人の子供を持つ父親。
それはやがて現実のものとなってしまう。

前半から中盤までは既視感のあるエイリアン侵略者のsf映画ですが、終盤の展開で大きくひっ
>>続きを読む

パッケージ: オレたちの"珍"騒動(2018年製作の映画)

3.8

旅行先で男にとって大事なアレがナイフで切れてしまい、友人らがそれを届けるために大奮闘するというコメディ映画。

想像するだけでも股間が痛くなる話。
浮気がバレた男が彼女にアレを切り落とされたという話は
>>続きを読む

アシュラ(2016年製作の映画)

4.4

最近になって韓国映画の面白さを知った者ですが、わかりやすくそしてバイオレンスで激しく衝突する男たちのクライムサスペンス。

暴力と血で血を洗う陰惨なバイオレンスシーンがありながらもテンポよくコミカルな
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.8

シリーズを重ねるごとに進化をしていく、トムクルーズの人気作「ミッションインポッシブル」6作目。
シリーズ初の前作からの監督続投で、ストーリーも繋がっています。

一点の曇りもない素晴らしいエンターテイ
>>続きを読む

劇場版 仮面ライダービルド Be The One(2018年製作の映画)

4.2

平成仮面ライダー19作品目の仮面ライダービルドの夏の劇場版。
TVシリーズは8月いっぱいの放送なので、
クライマックスに向け突き進んでいる中での、本編に挟まる形となる話。

仮面ライダービルドは仮面ラ
>>続きを読む

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film(2018年製作の映画)

3.8

特撮ヒーロー2作品同時上映の夏映画。
仮面ライダーファンなのでこちらのスーパー戦隊シリーズは全くわかりません。

ガオレンジャーとハリケンジャーで止まってますw
TVシリーズと同じ尺という時間ながら戦
>>続きを読む

バオ(2018年製作の映画)

4.0

「インクレディブルファミリー」と同時上映された短編映画。
親子の愛と食事を掛け合わせた家族の物語。

擬人化した肉まんを我が子のように可愛がる母親。
一体どういうことなんだろうという疑問とアニメーショ
>>続きを読む

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

4.6

2004年に公開された家族xスーパーヒーローという異色のジャンルでピクサー作品初の外部の監督とプロデューサーを起用した前作「Mr.インクレディブル」は家族とヒーロの両立をテーマにしていながらもエンター>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

4.6

アメリカ最大規模の事実上の内戦となってしまった暴動を題材したノンフィクション映画。
ドキュメンタリーと言っても過言ではないほどのリアリティを持った圧倒的な演出で2時間半があっという間に過ぎていきます。
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.3

一夏の淡い恋を美しくも悲しく描く同性愛の作品。
男性同士の恋愛をテーマにしてますが、
今まで観た作品より最も美しく人を愛する喜びに満ち溢れているように思えた。

17歳のエリオは大学教授の父親の手伝い
>>続きを読む

>|