MIDORI

BONES ―骨は語る― シーズン8のMIDORIのレビュー・感想・評価

3.5
シーズン7が凄いスピード感で終わったのは、ブレナン役のエミリー・デシャネルが本当に妊婦さんだったからなので、そのために作ったラストはすぐに片付けたシーズン8のエピソード1。ブレナンとアンジェラの信頼関係が素敵で、まるでドクターハウスのハウスとウィルソンを見てる気分になりました(ドクターハウスも同じFOXですしね)

ブースの子供を産んで、同じ家に住むようになり、一気に人間らしさが増したブレナン。被害者の最期を悲しんで泣いたり、これまでのブレナンからは想像できないくらい、感情を溢れさせていた。娘のためにアンジェラに頼んで託児所のデータをハッキングしたり、親バカすぎて、ブレナン本当変わった(笑)

カムの新恋人が意外すぎたけど、お似合いだし、良い男…ラボの中で多分一番セクシーな人だから、カムも良い人見つかって良かった!

シーズン8で良かったエピソードは霊能者アバロンが登場したエピソード。骨に魂が残っていてあの世に旅立てていないというアバロンの説をもとに、頭蓋骨に残っている魂から見える世界で描かれていたのが、まさに“骨は語る”で良かった。頭蓋骨目線でブレナンたちを見ていて、新しい手法でした。

スイーツがブレナン×ブース宅に居候してた間のエピソードも好き。スイーツは推しメンなので、ブレナンたちと過ごすことで登場回数が増えたのはありがたい!

そして、ペラント。墓掘り人とかも強烈だったけど、ペラントが一番ヤバイ殺人犯かもしれない。あの短すぎるシーズン7で初登場してから、今シーズンもかなり爪痕残していきました。この男のせいでブレナンとブースの関係も危うくなりそうだし、早く処刑してほしい。