コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命 3rd seasonのネタバレ・内容・結末

  • Filmarks
  • 日本ドラマ
  • コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命 3rd seasonのネタバレ・内容・結末

「コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命 3rd season」に投稿されたネタバレ・内容・結末

メモ。

楽しみにしてたけど新人が入ってくるのが残念やと思っとったけど
あれはあれで良かった。
恋愛要素はいらなかった。特に料理人。
新木優子のキャラクターがすごくかわいい。「同期!!って感じ」がかわいすぎた。
メイン3人は相変わらずの美しさ。

1から見ると成長具合にぐっとくる。相沢より白石のが目立っていたシーズンだった。
冴島にはなんでこんなに困難ばかり押し寄せるんだろう。それに妊婦がヘリに乗ってバリバリ仕事はやりすぎだと思った。

安藤政信がかっこいいのに微妙なキャラでもったいない。

成田凌はイケメン役が多いのにこんなに地味でおどおどした役もしっかりはまっているのがすごい。
1.2シーズンではフェロー、新人でイマイチ頼りなかったメーンキャスト5人が
上級医としてのカッコいい一面を見せていくところが見どころだと思う。
藍沢のフェロー3人の褒め方や白石が手術の説明の時に言った「この病院で最も腕のいい外科医が2人で行います」というセリフは、黒田先生も言っていたこと、ファンには堪らない。

流産してしまった冴島をどうでもいい会話で励ます白石と緋山 という構図はとても良かった。
その後の「冴島さんが笑ってる方が逆に怖い」というセリフには笑った。

ただ、緋山が隔離されたときの白石のセリフは、らしくない
脚本家の違いを感じた。
戸田恵梨香がいきなりタンクトップで
出てきて衝撃的だった、しかも痩せすぎ。
今シーズンも火事に遭ったり針刺し事故に遭ったり、緋山先生大変・・・
梅干しのおにぎりは腐らない説w
緊迫ばかりのストーリーに色恋沙汰が加わって和む。

藍沢先生(山P)、脳外科医7年目。三井先生(りょう)休職で人手不足の救急に、指導医としてcomeback。戻って来た言い訳もらしくて、白石先生を本人に向かって無表情で推しまくるのアツイ。

ガッキーが白石先生じゃなくてガッキー感強め。
藍沢先生と緋山先生が指導者に白石先生を推したエピソード熱い。
隔離されてる緋山先生に同居人いなくて寂しいって言うガッキー可愛すぎた。

新人フェロー達が、初めやる気がないキャラ設定なのが残念だったが、藍沢先生にしごかれながら頑張る姿に感動。
藍沢先生に黒田先生の影がチラついた。

1話からアツイ。すごく重い現場だったけれど、救命には戻らないと言った藍沢先生が、白石先生からのコールでヘリで現場来てくれたのは震えた。かっこいい…

藤川先生と冴島さんが付き合って同棲しててほっこり。だけど妊娠がらみのエピソードは泣けた。

灰谷先生(成田凌)が予想以上にデリケートな強烈なキャラだった・・・

ラスト9〜10話の盛り上がり凄かった。
最後まで藍沢先生と白石先生仲良しだし、緋山先生がまだ白石先生宅から引っ越してないエピソードほんと癒された・・・

助けられない命はある、助けられる命を確実に救うって山Pの言葉が印象的。
1期2期を経て、フェローだった山P達が次は教える立場になってて胸熱。
成長して教える立場になっても、恋愛や家庭事情、どうあろうとするかという悩み不安や葛藤は無くなる事はなく、それに向き合っていく姿はやっぱり元気もらう。

私の周りには1期や2期に比べて医療的シーンも減ってつまらないって話をよく聞いたけど、私個人的には1期2期よりも、さらに現代の医療的問題に対してのメッセージ性を強く感じるし道徳的なものを感じてとても素敵なドラマだったと思う。
劇場版が、とても楽しみ!