アンナラスマナラ -魔法の旋律-のネタバレレビュー・内容・結末

「アンナラスマナラ -魔法の旋律-」に投稿されたネタバレ・内容・結末

6話完結なのだとしたらなんか勿体ない感が否めないと思ってしまった、、、

ちょっと詰め込みすぎて収集できなくなっちゃった感がある。
社会的な問題を具体的に提示してるけど、結局特に何も解決できなかったのでは、、??
変態店長が逮捕されたくらい??

魔術師についてはファンタジー要素だから考えないとしても、ヒロインとイニョプの人生はもうちょい丁寧に描いてもよかったんじゃないかねぇ。、、

最終回であんなに貧乏だったヒロインがなんやかんやで大学行けてまーす、マジックしてまーす、お父さんとも円満でーすって都合良すぎない?最後何年後か覚えてないけど高2.3から大学生って2年くらいの話でしょ?

イニョプなんて、険しい道を歩みたいから中退しまーすって、あの親絶対そんなん許さないっしょ。そんなんできるならとっくに好きな道目指せてたのでは?

こういう都合いい結末は魔法の力でしたってことにしてるのであればそれはなんか違う気がする、、
ヒロインもイニョプも未成年でまだ子供だから、親に影響されるけど、その親が2人ともヤバくて、ヤバすぎるから普通っていう枠からはみ出てるわけで。
親に反省させるために魔法使ったりするんだったらスカッとするしいい話だなとはおもうがね、、

普通じゃない人生で、夢も見られなかった2人が、普通じゃない魔術師のお陰で童心に帰って夢を見ることができて、変わることができた、みたいなことだと思うけど。
しかし、!


セットとか演出がめちゃ凝ってて
ストーリー関係なくそこを見るのが楽しかったなー!
イニョプペンミに向けての予習として見たけど、、、、、、、

なんかごちゃごちゃしてて中途半端で面白くなかったー!ミュージカルとか歌う系ドラマは好きだからその点は別に大丈夫だったんだけど話の軸がイマイチわかんない。
ファンタジーならファンタジーに振り切って欲しいしラブ要素最初に少し入れてきたなら最後までの間に何らかの動き入れて欲しかったし、アイのお父さんもすげえ根性してるしお母さんは結局そのまんまだし、ファンイニョプの方は両親の方とは解決してないし、、、セクハラ店長なぜ突き落とした、、、?チチャンウク結局さいごどうなったん、?チチャンウクとあの同級生の再会の仕方とかもなく、、、要らない要素よな、、、全部中途半端、、、
結局本物の魔術師だったの?違うの?なんもわかんない

歌も皆歌上手いんだけど選曲の問題かな。
バラード?語りかける系?がほとんどで全部同じ歌に聞こえて飽きた(笑)
ファンイニョプの弾き語りは良かった◎
ペンミで是非とも歌って欲しい‪(⸝⸝› ‹⸝⸝)‬

ユンアイ役の子なんか浜辺美波に似てる気がする(気がする)雰囲気

最後のステージはなんだかんだ好き
ああいうの好き
わ、わからない、、
なんかファンタジーサスペンス?みたいな、でもミュージカル要素もあって色々ありすぎかなぁと思ったり。

チチャンウクが好きだけど
このドラマではだいぶ老けて見えてショック、、。

最後の舞台のシーンもわからんし、ミュージカル要素いらんなぁと思いながら、英語タイトルみたら、”The sound of magic”で、これが1番いいタイトルだなと。ただ、最後までわたしにはわからなかったです。

もし脱出マジックができるなら、「どこでもドア」が実現してもおかしくないなと真剣に考えてしまった。
チチャンウクとファンイニョプがとにかくカッコよかった。
2話くらいまではハマらなかったが最終話ではなぜか泣いてしまいました。6話で短いくらいがちょうどいいかなとも思いました。

ファンタジーと社会問題がかけ合わさってどんな展開になるかと不安もありましたが、ミュージカル調なのもあってかなぜか心癒されるものがあったと感じました。
ミニョク、アイ、イルドゥンの間で三角関係になるのか?と途中まで思っていましたが、恋とは違った愛の形が3人に芽生え、お互いに信じ離れてしまっても心の中で想い合っているのではないかと解釈しました(^^)
そしてその3人とも誰かに"助けて"と言うことができなかった人たちなのではないかと、、

面白かったです。

ミュージカル苦手だけど
チチャンウクとイニョプのおかげで見れた!

最後どこに消えたの?🤔
気になる所はあるけどマジックは何か種があると分かっていて分からない不思議なのが醍醐味なので種明かししちゃったらつまらないからこれでいいんだと思った
怖いもの知らず注意🫥
首絞めたらそりゃ首絞めた方が悪いけど、口は災いの元。なにもしてなくても刺される世の中。どんな場面誰相手でもどんな正論だとしても、状況をよく見てよく考えてから言うかどうかや言い方なりを決める。それには子供の頃からずっと自分の行動と発言に責任を持つものだと思えていると楽だし、極力攻撃は避ける。
超現実とミラクルファンタジーの対比
イルジュンが心配…
先日までヴィンチェンツォ見てたので、えホン弁護士!チャンガチャンガ!となったり所長ー!!!!となったりも楽しかった
あとは昔よりミュージカル大丈夫になっててそんなに意識せず見れた!チャンウクさんと廃遊園地が醸し出す雰囲気がなんとも…残酷なあたたかさ
消えた時に一瞬、もしかして終わっちゃう!?と焦った 大集合わいわいよかった 主人公の女の子の変わりっぷり!とても素敵だった!オウムかわいい!
不安定な人たちしか出てこない&ろくな大人がいなくてつらい、
どうしようもない現実の鬱屈さで覆われているなかに急に幻みたいなマジック見せられるしミュージカルだしでどうしよう(どうしよう)
チチャンウクが出るので見たいと思っていたところ、女神降臨でファンイニョプが気になり、見始める。2人とも美しく、かっこいい。
(ファンイニョプ、女神降臨に続き、高校生役だけど実年齢31歳とは思えない、すごい)
とはいえ、はじめはハマれそうになくて、だんだん面白くなってきたと思いきや、お話のラストがこれで終わり…⁈って感じだった。
イルドゥンのその先とか結局魔術師さんはどこへ行ったのかモヤモヤ感は残る。
でも、最後のステージがとてもよかった、感動。

梨泰院クラスの出演者が多数出ていた。
特に、キムヘウンさん、ここではイルドゥンの母親役ですが、最近見たドラマに立て続けに出ているのでなんだか面白い。今見てる途中の二十五、二十一にも出てる。
高校の担任の先生もなんか見たことあると思ったら、社内お見合いのケ次長であったり、無法弁護士にも出てた人だった。
まさかミュージカル要素有りとは思わなかったので、初っ端の歌には驚きました。
最後まで視聴しましたが、登場人物の心情がよく理解できる歌のシーンは演出も含めて素晴らしかったと思います。
みんな歌が上手!

主人公が大学にも進学し、魔術師から教わったマジックでアルバイトしているところはよかったです。
が、イルドゥンの報われなさ…
退学後どうなったのか、主人公との付き合いも描かれてなかったのが可哀想でしたね。
悪役の同級生女子、金魚の糞の子含め、特にスカッとする制裁もなく終わってしまったのは残念でした。

個人的にファンタジー要素有り、ミュージカル要素有りの作品は、
ハッピーエンド(主人公的には良い終わり方でしたが)で締めくくってほしい!という気持ちがあるので、ちょっと惜しかったな〜と思います。

どこかで魔術師のお兄さんは今も誰かに魔法を見せているのでしょうね。
エンドロールの手法に全て持って行かれた!まるで劇場にミュージカルを観に行ったかのような気分になれる演出!最高すぎる!!

全6話なので気軽に楽しめた。
ミュージカル調のドラマを見るのは初めてだし、しかもそれが韓国語なので二重で新鮮であった。
遊園地が舞台でもあるので、メリーゴーランドや観覧車などが煌びやかで、ディズニー映画を見ている気分になる。

登場人物にそれぞれの苦難があってそれが結構リアルだなと。アイが大人たちに苦しめられる中で、魔術師さんだけは味方になってくれていつも夢を見させてくれる。
アイが子どもの頃の自分と対面するシーン、未来の自分が過去の自分自身を励ましていることになるので、結局は今の自分を励ますことに繋がっているという演出が良かった。
自分を信じることが大切だということに気付かされる。

そして、最終回終盤事件の伏線回収、伏線の貼り方が好みだった!
황인엽目当てで見始めたけれどもイルドゥンがかわいかったので見て良かった〜!
>|

あなたにおすすめの記事