天使のナイフのネタバレ・内容・結末

「天使のナイフ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

演技ビミョーだけど、
それが気にならないくらい中身がしっかりしてた。
小出恵介さんがお節介だけど、良い人だと思った。
少年法を扱う作品で興味そそられたし、良かったと思う。
酒鬼薔薇聖斗の絶歌やホームページを思い出す。
最後まで誰が真犯人なのか、原因は何なのか…分からないところに引きずり込まれ一気に見た。完全なる被害者にだと思ってた立場から実は過去に殺人を犯してしまっていた自分の中の知らない妻がいたり、未成年の犯罪ゆえ罪に問えないばかりか詳しい情報を教えてもらえない、自分の中で前向きになって生きられるはずもないなというところは激しく同感した。実のところ、奥さんが過去にあやまちであったとしても犯してしまった殺人も、元はと言えば…という感が否めないし、客観的に見たら悪に思えるし、同情の余地もないとも思えた。被害者の裁ち鋏を考えたら…結局、真の悪は誰なのか?! まあ、丸山に関しては動機がどうであれ腹立たしくなってしまったな(苦笑)