ダウントン・アビー シーズン1のドラマ情報・感想・評価

「ダウントン・アビー シーズン1」に投稿された感想・評価

yoko

yokoの感想・評価

-
0
言わずもがなの、英国上流社会とそれを支えるサーバントの世界を描いた名作。ちょうど第一次世界大戦が始まる少し前の、ヨーロッパ文明が華やかな時代から、戦争を経てアメリカが勃興し、同時に女性解放のムーブメントが大きくなっていくところもよく描かれている。
歴史のお勉強にもなるが、キャラクターが魅力的。私は高慢で意地悪なんだけれど、脆いところもある、クローリー家の長女、メアリーがお気に入り。
「ウィーク・エンドって何かしら?」(働かないから、ウィーク・エンドなんて存在しない)とのたまう、マギー・スミス演じるグラニー・バイオレットも如何にもなイギリス貴族ぶりで面白い。
kon

konの感想・評価

4.2
0
世界観の作り込み方が凄くバックの音楽もマッチしてて引き込まれる
人間の嫌なところをリアルに描いていて、それをクローリー家とその使用人との双方を絡める事で話がすごい膨らむ
登場人物が多いけど各々がわかりやすくテーマ設定されててわかりやすいのも良い
この時代設定のドラマや映画は苦手だけど、ダウントンアビーは見入ってしまった
完成度の高いドラマ
こんなに登場人物が多いのに、こんがらがらずにイッキ見できる!なんで?スゴい!大英帝国の本気を見た。
みやり

みやりの感想・評価

4.4
0
最初はなにこれなんの話?イギリスの相続とか上流階級の話とかむずかしくてイマイチついていけてないかなと思ったけど、面白い!

登場人物はステレオタイプなようでいてそれぞれが良いところも悪いところもあって複雑な人間味を出してる。戦争や近代化によって貴族の没落というか格差社会が縮小していく時代の変化がとてもよく分かる。

イギリス人ならでは?の皮肉っぽい会話やジョークも面白い。

大きなお屋敷だけど今みたいに技術的にも考え方もプライバシーにうるさくないし、常に第三者が聞き耳を立てているいることで監視される辛さもあるが、悪事の芽を小さいうちに摘むこともできる。古き良き時代なのかも。

室内装飾や、衣装、景色は美しく見応えあり。
am

amの感想・評価

3.2
0
デイジー応援してる。メインでいい話があったらいいな。
すごく気になる終わり方だった。次のシーズンも楽しみ。
MelClearwater

MelClearwaterの感想・評価

5.0
0
ダウントンアビーは美しい舞台や衣装に目がいきがちだけど、ストーリーもしっかり面白い。
登場人物もみんな個性的で意外とすぐ覚えられる。

このドラマを観るまではイギリスの貴族について全然知らなかった。イギリスに興味を持つきっかけになったのは、このドラマのおかげ。

堅苦しいイメージがあって手を出せない人がいるのなら「大丈夫だよ」と伝えたい☺️🇬🇧
ねむ

ねむの感想・評価

4.5
0

このレビューはネタバレを含みます

マシューが死ぬのはさすがに御都合主義が過ぎないか?黒髪イケメン冷酷執事が実はゲイって最高にセクシーだ。
mudskipper

mudskipperの感想・評価

4.8
0
ダウントンアビーはシーズン1が一番おもしろい。マシューカムバック
Linus

Linusの感想・評価

-
0
デイジーとパットモアのやりとりだけ、吹き替えにしたい。おもしろい。

『日の名残り』と重なる部分があって、それをより広い視野で見せてくれる感じ。人気な理由がわかる。
第一次世界大戦開戦直前頃の時代、イギリス貴族の日常と人間関係のドラマ。

毎回複数の問題が同時に進み、解決したりこじれたりしながら次へ次へと繋がっていく。ついつい次をみたくなるように上手に作られているので、いつのまにかハマってしまう。

イギリスドラマらしく、じれったかったり、いやらしかったりするのだけど、所々コミカルでもあったりホッコリする所もありで、嫌な気分になるだけでないのが良い。おばあ様のマギースミスがいい感じの道化役を担っている。

お気に入りは、やはりウィリアムですっ💕


シーズン1は一気に観てしまった。

どんどん次いこー!
>|