赤鼻のセンセイのドラマ情報・感想・評価・動画配信

「赤鼻のセンセイ」に投稿された感想・評価

ももこ

ももこの感想・評価

-
0
日本版パッチアダムス。
結構好きだった。

このドラマを観ながら、母に映画『パッチ・アダムス/トゥルー・ストーリー』の存在を教えてもらって、好きな作品が増えたので、自分の中では印象深いドラマだった☺︎

パッチアダムスはロビン・ウィリアムズを好きになったきっかけの映画🎞
病院のクラウンの話やね。
パッチアダムやね。
院長が昔
同じようなことしてはったってね。
大泉洋の惚けた感じよかったね。
なつは

なつはの感想・評価

4.0
0
神木くんと須賀くん、がっつり共演してたんだー!!!と驚き。リアルタイムで見てなかったのなんでだろ…

大泉洋は、大泉洋らしさ全開で、面白いけどちゃんと医療ものっぽさもありつつ、問題提起的な部分もありつつ、なによりもhappy endなのが最高です

っていうか大好きな2人が出てるから最高です

このレビューはネタバレを含みます

神木隆之介、で検索したら、大泉洋のドラマだった。神木隆之介が、声変わりしてるのかしてないのか分からないのがいい。同じ院内学級の、男の子が、うわ誰?見たことある?!と思ったら、学校のカイダンの生徒会の子でしたね。須賀健太くん。またどこかで出会いたい。たなっちも、この年代にしかない可愛らしさ。悪いやつかと思ったら上川隆也がまじでいい院長(代理?)すぎた。
光石研さん、平岩紙ちゃん、尾美としのり。好きな人ばっかり出てる。新しく好きになったのは、香椎由宇。頑なな小児科医という役どころが自然に受け止められた。
大泉洋のうざいくらいのテンションに、
小林聡美のマイペースをぶつけたのが良かった。なんかこう、欧州リーグで活躍するサッカー選手と、歌舞伎役者を対談させるEテレの番組のような豪華さ、とでも言おうか。
院内学級は実情を言えば、こんなに笑ってはいられないのかもしれない。でも、物心ついた時から病院にいる子が学校や学ぶこと、友だちと過ごすことを求めて、救われていることを、このドラマは教えてくれる。そのテンポの良さがいい。タメにためて、ラスト、抱き合う2人に泣き笑い。このシーンのためだけに見た甲斐あったと思っている。
そして、
人は笑うために生きてる。

そうかもしれない。
yukko

yukkoの感想・評価

3.7
0
過去鑑賞。
神木隆之介目当て。
まだあどけなくて、でもすでに演技巧い!
RITA

RITAの感想・評価

3.1
0
院内学級を舞台にしたドラマということで、
悲しい結末しか想像できず、一気見を躊躇してたドラマ。
でもストーリーはそれぞれの人間模様に重点をおいていて、人を思うがゆえの苦しみや優しさ、葛藤や嘘といった人間関係に一喜一憂して視聴しました。
空気を読まない底抜けな明るさをもつ主人公の赤鼻の先生は、大泉洋さんにピッタリでした。
「必要なのは笑い」それぞれの変化や成長に心温まりました。
絶対ありえないことだけど、底抜けに明るい赤鼻の先生が好き。この時の神木くん超かっこいい
shiraei

shiraeiの感想・評価

3.5
0
常に死の隣で生きている小児患者や医師、看護師、教師と対照的な役の大泉洋が良い"空気の読めなさ"を演じていて、その間にあるもどかしさや不甲斐なさをあえてライトに、でも包み込むような、優しいトーンで演出していて最近の医療ドラマにはあまりない、平成らしいドラマだった。大泉洋のキャラクターを際立たせる"静"のキャラクターとして小林聡美や神木隆之介、須賀健太がとにかく上手い。思春期の、子供と大人の中間であることがひしひし伝わった。
よいち

よいちの感想・評価

5.0
0
院内学級を舞台にしたドラマ


若い頃の大泉洋さんもやっぱり面白い!


権田先生と西森先生のやりとりに毎回笑う


医療ドラマでも学園ドラマでも無い「命のドラマ」!!
gaku723

gaku723の感想・評価

4.5
0
大泉洋は多くのドラマで同じキャラクターになっている。それでも安心感があり、楽しめた。
>|