ヴォイス~命なき者の声~のドラマ情報・感想・評価

「ヴォイス~命なき者の声~」に投稿された感想・評価

そーた

そーたの感想・評価

1.9
0
他の石原さとみ法医学ドラマに比べて、「その死防げただろ」「プライド大事にしても死んだら意味ないだろ」と思うこと多くて、そんな死を肯定するのは良くないなと思った。
Lilie

Lilieの感想・評価

4.2
0

このレビューはネタバレを含みます

第4話
「検死台の上の親友」を視聴。

法医学の学生たちが出てくるドラマは珍しいのでは。
瑛太が主人公で、ガリレオ(同じフジで2007年開始だからこっちが先だね)や刑事ゼロみたいに今までのやり取りや見たことを思い出して「閃く」。そして真実を掴み取る。

しかし瑛太変わらないな!
他のみんなは若いな!と思うんだけど、瑛太だけそのままな気がする(実際はそれなりに歳取ってるけどさ)。携帯がもちろんスマホではなく、携帯で。スライド式のとか、友だちが持っていたなと懐かしく見てしまう。

第4話は主人公と同じゼミの亮介(生田斗真)が検死に行くとそこにはかつての親友である富士夫(田中圭)が横たわっていたというもの。

生田斗真と田中圭は実際にも仲が良く、プラスアクトのインタビューで田中圭は自分の周りにいるかっこいい人として、事務所の先輩小栗旬と生田斗真をあげている。

なので、現実とドラマが交差するような感じ。生田斗真の気持ちの入りようが違うのではと思ってしまう。
回想しているときの表情、やさぐれ出る時の表情、まさにそれだ。

あらすじは割愛するが、やっぱり切なくて、あそこまでできるなら大怪我してでも逃げて欲しかったと思ってしまう。
でも若い時って自分の居場所ってもうそこしかないと思いがちだ。
自分はもう抜け出せないからせめて、か。

バイクと焚き火のシーン、心から一緒に歌い、これからの人生を語る。実に楽しそうで、このあとで死んでしまうのだと分かっているから余計に切なく、涙が止まらない。
いつも洗濯もの畳みながらドラマとか見ること多いんだけど、さすがにこれは正座して見た(苦笑)ハンカチ用意しておけばよかった。ティッシュで涙を拭った。

アレルギーというのは本当に苦しい。
わたしもかつて卵、牛乳、大豆の食べ物のアレルギー持っていて(子どもの頃からで、子どもの頃のは治ることもあり、今は完治している)、忘れもしない旅行先で大丈夫だろうと油断してグラタンを食べたら、息苦しくなり喘鳴が止まらなかったことがある。息がわずかにしかできない。薬をとりに車に戻って、吸入して治るまで、どんなにか長く感じたことか。死ぬかと思った。
富士夫が苦しむところを見て久しぶりにそれを思い出した。それくらい苦しそうだった。ひゅーひゅーという音が聞こえないけど、聞こえそう。喉が炎症で細くなって呼吸ができない窒息感。おそらく未体験であろうことなのに苦しむ田中圭すごい。

(ちなみに、私は小学生高学年で治ったが、当時はアレルギーは珍しく、学校で1人2人くらい。珍しがられ、理解は低かった。だからあの描き方はわかるんだけど、エビフライって人気のメニューだよね?むしろ食べないならおれ食べる!ってならない?これを食べないくらいなら、ほんとにアレルギーなのねってならない?そこがいじめられてたということなのかな?むむ。)

最後まで今の自分を知られたくないとプライドかけてそれを守り、おそらく名簿の上の方に掲載されていた親友を守り、厳しくも尊敬していた父を守り、それを決意した目、公園で悟られまいとちゃかし、笑い、ときにまぶしそうに親友を見る翳った目、田中圭の目の演技に引き込まれたし、なんなら検死台の上に乗っている時は痛々しいのに神々しくあった。

書いていて、朝ドラで知ったジャガーズの「君に会いたい」の歌詞が頭におりてきた。
『若さゆえ苦しみ 若さゆえ悩み…忘れえぬあの日…』

これからの長い人生を思い、自分はそれを生きていくんだと信じて疑わなかったあの若き日。ある日それは突然奪われ、もう悩むことも苦しむこともできない人がいる。
私にも若くして亡くなった友がいた。病気や事故で。
彼らに恥じない生き方をしてこれたかな。
ラストの亮介の決意にまた涙する。
後を押してもらったんだね。恥ずかしいない生き方をしたいと。
そして周りの友人たちもまた亮介を守ろうとするのが素晴らしい。

命なき者の声を聞く
法医学って素晴らしいなと思った。データがあったらから閃きもあって真実にたどり着いた。

たかがドラマ、というかもしれない。
でも数十分の中に描き出される役者さんたちの人生に真実を感じ、自分を投影し、感動する。
役者さん同士の実際の関係性を知ってるからこそ受ける感動もある。

悲しいけれど、ふと自分これでいいのかなと思ったときに見たくなる「親友」の姿だった。(了)
めい

めいの感想・評価

-
0
話の内容はほぼ覚えてないけど、
主題歌がGReeeeNだったことは
なんでか覚えてる。

このレビューはネタバレを含みます

「ルービックキューブは一面を揃えようと思うと他の面も変わってしまう。自分の起こしたアクションが周りにどう影響を及ぼすのか。そのことに気づくかどうかで大きく変わってしまうんだよ。」的なニュアンスの時任さんのセリフが印象的だった。


ポケットの中のゴミを捨てる時、ポケットの中が綺麗になると捉えるか、街が汚れたと考えるか。このドラマの中で1番心にドンってきたセリフ。

TV放送時にオンタイムで観てたけど、アンナチュラルや朝顔を観てからもう一回観るとまた少し違う印象を受けるし、日本は他国に比べてすごく法医学が遅れているというのは初めて知った。

火事で亡くなった男の子を防火性のあるカーペットで包んであげて亡くなった男性の話が最初に見た時から印象的だった。

オープニングの曲も、エンディングのGreeeenの刹那もどちらもこのドラマにぴったりで音楽も秀逸。
あと生田斗真くんがおぼっちゃま大学生だけど自分の意思をすごく持ってて頑張っているという役どころにすごくあっていた。
1話完結型で話もサクサクって進んでいってとても面白かった。しかも毎回のように感動させられる。。。

法医学の話には興味あったので、このドラマを見つけられてよかったです✨
主題歌のGReeeeNの刹那もここで使われてたんだ!って思って懐かしくなりました
雨音

雨音の感想・評価

4.0
0

このレビューはネタバレを含みます


第4話 ヴォイス・命なき者の声
「解剖台の上の親友」


亮介の親友、富士夫役の圭さん。
そう…解剖台の上の親友役。
という事は、初めから死後の姿で現れる悲しい役。
しかも部屋に薬物が残っていた為、薬物疑惑を訴える人も…

解剖台の上で横たわる富士夫くんの姿は痛々しい。
解剖台に寝かされる役、他のドラマでもあったよね(みんなに囲まれて裸を見つめられるのってどんな気持ちなんだろう。)

亮介を演じる生田斗真くんとはプライベートも仲良しということから…2人の回想シーンにはホッコリする✨

教えてもらった情報だけれど、親友の富士夫役は圭さんが良いと斗真君も思っていて、配役が決まった時には、喜んで圭さんに電話をしてきたとか(胸熱エピソード。こういうの好き。)

2人がブランコに乗っているシーン。
足が長くてブランコを絶対こげないような体勢になっている姿が良い。

2人のナチュラルな会話。
富士夫くんの笑顔は儚くて、消えてしまいそうな透明感がある。

バイクで2人乗りの卒業旅行。
2人の歌声が可愛くて楽しそうで仲の良さが伝わる。
焚き火をしながら将来のことを語るシーンでは、気が弱そうで優しく、でも芯がしっかしている富士夫くんの人となりが短いシーンに凝縮されている。

だからこそ、彼が死んだ理由を聞いて胸が苦しくなる。
どうしても譲れないプライドを守るために…
富士夫が、最後に見た写真は亮介だった。

男らしくて、プライド持って、最後まで生きた富士夫くんの最後の手紙。
もうここで涙腺崩壊です。
回想シーンが霞んで見えません。

若き圭さんは、こういう儚い役どころがよく似合う。
出番は少ないけれど僅かな出演シーンで、物凄くいい演技をするので、余韻の中で彼の人となりが膨らんで「いい奴だったのになぁ〜」って泣けてくる。

こういう脳裏に焼きつく演技が圭さんのオファーが途切れない理由なのかもしれない。

だって…短いシーンの中の表情で富士夫くんの全てが伝わるんだもん。
だから泣けるんだもん。
本当にいい奴だったんだもん。

涙活にはもってこいのドラマです。
イトウ

イトウの感想・評価

3.5
0
ゲオにて間違えてレンタル。
けど面白かった。
法医学の作品はいくつか観てきたけど大学生たちが主人公なのは新鮮。
でもだからこそ説教臭くならずに纏まっていて良かったと思う。
犬四郎

犬四郎の感想・評価

4.8
0
毎回泣きながら見てました.
ミステリーのようにドライな死ではなく,人間の温かみを感じられる作品でした.
かといって,大学生視点からストーリーが進むことで,重たくなり過ぎず,とてもいいバランスだなと感じます.
はるか

はるかの感想・評価

4.4
0
小学生の時、大好きだった。
現実的じゃない展開かもしれないけど、
とても優しいドラマ。

伝えきれなかった想いが、
とてつもなく切なくて毎話泣いてた。
珉

珉の感想・評価

4.0
0
めっちゃ見てた……!解剖医大生の話ね…!切ない話多くてしんどくなるのも会ったけど結構好きだったなあ

最近また見たけどみんな若いね…。