満願のドラマ情報・感想・評価・動画配信

満願2018年製作のドラマ)

公開日:2018年08月14日

製作国:

再生時間:59分

3.8

「満願」に投稿された感想・評価

恐ろしく救いようのない重厚なミステリーが心にずしんと響きました。3作とも素晴らしかったです。
フィクションの世界と比べると、現実の人間は嘘をつくのが上手だなと思います。まるで本当のことを言っているみたいにさらっと嘘がつける。この作品はその辺りがすごくリアルで怖かったです。人間は思っているより歪んでいるし、人生は思いどおりに進まない。その残酷さがとても魅力的なドラマでした。あと、第二夜の「夜警」というタイトルは秀逸だと思いました。
俳優陣がとにかく実力派揃い、渋くて最高!さすがでした。
林檎

林檎の感想・評価

4.5
0
3話全部観ました。良かったです!
もともと小説は先に読んでいて全話面白い(ミステリーですが)。

キャストも合っていて熱演。
3話ともライトめな社会派ミステリー、
中でも安田顕さんの「夜警」はリアルでした。
ゆうこ

ゆうこの感想・評価

4.0
0
2話目の『夜警』が断トツに良かった。原作も読んだけど、原作よりも良かったかも。
Mrsフロイ

Mrsフロイの感想・評価

3.2
0
NHKのミステリードラマスペシャル、三夜連続放送。
お盆の時期に放送されたとの事。う〜ん、その時期リアルタイムに観たかったー!きっと受けとるものが違ったことだろう。

第一話の西島秀俊演じる東南アジアの資源開発に奔走する、やり手商社マン。彼の陥いる熱気と罠は高度経済成長期の日本の姿を活写しているよう。

第二話はミステリーとしてピカイチ。安田顕の警察官が勤務する町の小さな交番が、リアリティをもって迫って来る。謎が謎を呼び込む展開が終盤まで惹き付ける。

第三話のタイトルの「満願」は、太宰治の同名短編小説を意識したものだろう。米澤穂信のドラマの原作小説は未読だが、この映像を観る限りそう感じる。
ただ、昭和の設定にしてはテイッシュペーパーの箱や携帯電話が登場するのがどうにも気になる。私の見間違い?
それと畳屋の女房役の市川実日子の着物姿がシックリ来ない。普段着物を着慣れた人とは到底見えない!
何故彼女をキャステイングしたのか。。

ネット上の青空文庫で太宰治の「満願」は読む事が出来る。
白桃

白桃の感想・評価

3.8
0
NHKオンデマンドでふと気になって観たら映画並みに良く作られたドラマでとっても満足感。
キャストも豪華。独特な暗さもめちゃくちゃ好みです。

三話それぞれ舞台もシチュエーションも全く違って面白い。

個人的には満願が好きだったかなあ。浴衣姿が昔の日本映画のようで眼福でした。
高良健吾も学生時代からベテラン弁護士、父親にと変わっていく演じ分けが凄…って思った。
ただ、結局何が言いたいのか分からなくて、ネタバレブログをググってしまった笑。
daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

4.7
0
米澤穂信の短編を3夜連続ドラマ化。
第1夜「万灯」。
東南アジアでガス油田開発に携わる商社マン・伊丹(西島秀俊)は、土地の買収が地元民の反対で頓挫し、窮地に追い込まれていた。ある日、伊丹は地元の長老らに呼び出される。金が欲しい長老らは土地を買収してほしいと考えており、反対派のリーダーを殺すよう伊丹らへ要求する。
スペシャルドラマの第2夜「夜警」。
警察官・柳岡(安田顕)の部下・川藤(馬場徹)が刃傷沙汰になった夫婦げんかに巻き込まれ殉職する。夫から身を呈して妻を守った川藤の行動は世間から賞賛されるが、柳岡は川藤に違和感を覚える。そして、事件当日、交番近くの工事現場で不審な事故があったことを思い出す。
スペシャルドラマの最終夜「満願」。
弁護士・藤井(高良健吾)は学生時代に世話になった下宿のおかみ・妙子(市川実日子)の弁護を担当。夫の借金で家計に窮する妙子は、ある日返済を強要する金貸しを殺害したという。恩人である妙子のために奮闘する藤井だが、妙子は突然、裁判の控訴を取り下げると言いだす。

ガス油田開発のために、手を汚す出世欲に狂った商社マン伊丹の強欲と保身。
刑事としては優れているが、後進の指導が上手くいかない柳岡の哀愁。
妙子が、殺人を犯しても叶えたかった願い。
それぞれのエピソードは、簡単に白黒つけられない人間の複雑な深淵が描かれていて、安田顕や高良健吾や市川実日子の演技が見応えあるヒューマンサスペンスミステリードラマ。
runedoll

runedollの感想・評価

4.0
0
ミステリーだから三話とも重い。
見応えがありました。
最後、主人公の三人より、和服の市川実日子さんに持ってかれた。
yamadakaba

yamadakabaの感想・評価

2.0
0
米澤穂信「満願」が原作。

第2夜「夜警」
映像の作り込み、安田顕の演技はNHKドラマらしく見応えあり。
サスペンスを作るなら、川藤の死に際に謎やサスペンスがあって、その真相が明るみになる構造の方が面白そうかと思った。
りんりん

りんりんの感想・評価

3.0
0

このレビューはネタバレを含みます

「夜警」のみ鑑賞。話がどこに向かっているかまったく検討がつかず不安な気持ちで見てました。面白かったんだけど一点だけ気になったことが。主人公の推理通りだったとしたら銃声の回数と弾の数が違ったってことですよね。録画してなかったので確かめられない…そして現場にいた警察官は銃声の回数を数えてなかったのかな?
つきかげ

つきかげの感想・評価

4.0
0
各話1時間とは思えない程濃密な内容だった。
西島秀俊の仕事一徹故の暴走。新人警察官の狂気。市川実日子のギリギリのラインでのしたたかさ。
どの話も注意をテレビから逸らすと意味がわかんなくなるという恐ろしさがあった。
原作も読んでみたい。
>|

あなたにおすすめの記事