SHERLOCK/シャーロックのネタバレ・内容・結末

「SHERLOCK/シャーロック」に投稿されたネタバレ・内容・結末

ベネディクトカンバーバッチは静かにドキドキワクワクさせてくれる。
ジョンの心因性のアクセントもよい。
めっちゃミステリーというよりはシャーロックの突っ走りになるほど〜となる話。
話には聞いていた現代のロンドンに
シャーロックが生きていたら、というドラマ

反対に小説としてのホームズが存在しない世界
ということになる

実を言うとしっかり原作のホームズは見たことはなく
自分にとっての初めてのホームズは
宮崎駿の連続アニメでアニマルなホームズだった
その後ロバートダウニーのホームズや
コナンなど他作品に出てくるホームズの断片的知識の寄せ集めなんだが

それでも、なんとなく
偏屈で変わり者って印象を持っている

これをベネディクトさんが演じてるのがたまらなく似合う笑
またイギリスの街並みや服装のお洒落な感じ
というか個人的に好きなんだブリティッシュ風

と、ホームズの見る世界を表した独特な表現が興味深い

推理ものとしても面白いんだが
珍しいドラマで1話1話がふつうのドラマ2話分あり
各シーズン話数もほぼ3話のみ
短く、密度濃いドラマとなっているわけだが
セリフ量が多く、天才同士の応酬になると
会話が時々スピードが速く

時々集中力を要することがある
モリアーティとマイクロフトのミスリードが憎い笑
そしてモリアーティも早々に出てくる
この先も話数少ないのでガンガン見ていきたい

01.連続自殺殺人、2人の出会いと初の協力
02.中国密輸団、ありえない侵入殺人
03.推理パズルゲーム、モリアーティ登場
何度も見返してしまう面白さ。
特にシーズン1のカンバーバッチの若さ、美しさ!wikiの原作比較ページを読みながら鑑賞すると面白さ倍増!
① 余命僅かのタクシー運転手こどもへの送金&天才の証明のため命懸けのゲーム💊戦場の復帰を求めるワトソン君と自身の証明のため命懸けゲームに挑もうとしちゃうホームズ。危険なふたり。早口で喋り倒す。

② これも観てたな笑 バーコード読み取れないカード使えないワトソン君w 中国の密輸組織。黒い蓮のタトゥー。暗号は数字→ロンドンマップのページと最初の単語 首絞められても何事も無かった風wワトソン君のデートに同行するホームズww

③ シーズン1完走!モリアーティあんな感じなの?!面白い事件がないと退屈なホームズ。ゲームに即乗っかる。早口で遺体から情報を取り出してくカンバーバッチ◎ 「燃えてきた!」のワトソン君の後ろ姿歩き方よ笑
p.s. カンバーバッチの「 ヒーローなど存在しない、なりたくない 」は流石にニヤケちゃうわ笑 ( 後のドクターストレンジと思うとね... 笑 )
※全シーズン見終えてのレビュー。
あまり海外ドラマ見たことなかったこともあり、演出・脚本・音楽・演技が物凄く洗練されててびっくりでした。製作費、日本のドラマとは比べ物にないんだろうなと素人ながら思います。

さて本題の感想です。私にとってこの作品の一番見どころは、シャーロック・ホームズとジョン・ワトソンの関係性でした。捻りのあるバディ物として最高に面白かったです。最初の頃のシャーロックは天才的な頭脳はあるにしても、全く好感を持たれない主人公です。極めて自己中かつ変人(自称:高機能ソシオパス)です。したがって、シャーロックとジョンの2人もバディ感は当初皆無。(ジョンの一目惚れからの片想い?) シャーロックのワトソンに対する扱いが雑すぎて酷いです(笑) シャーロック・ホームズの(ここらへん「聖典」と比べるとどうなんでしょうかね?)
しかし、そんな2人が、ときに衝突しながら徐々に、互いを大事に思い合う関係になるのが、この作品の熱いところ。シーズン2の3話〜シーズン3の2話は、それぞれの立場で感極まるシーンが多かったです。特にシーズン3の2話、シャーロックのスピーチシーンは感動でした。ジョンのおかげで変わったなあ、良かったなあと。成長を見届けた気がしてもの凄く彼を愛おしく感じました。

また、兄マイクロフトとシャーロックの関係性もすごく好きです。兄も、弟ほど壊滅的でないにしても、人付き合いは得意でなく、超高圧的で基本嫌なヤツです(笑) でも中盤から、危険が迫ったシャーロックに素直な本音を漏らしてしまうあたりから、マイクロフトも愛おしいキャラになりました。口ではいろいろ理由をつけるけど、本心では弟のことが大好きで心配してるという。初めはシャーロックを凌駕する大物感があったのに、いつのまにかブラコンなヘタレ兄に変貌していて(笑)。(国家システム使って弟を監視って、ね…笑)

シーズン4まであるけれど、基本1話完結なので、1シーズンが3話ほどなのでドラマにしては見やすいほうなのかなと。1話90分なので、映画1本見る気持ちで見るのがちょうどよい気がします。内容も映画1本くらいのカロリーあります。(集中して見ないと置いていかれます)

シーズン4の最後は綺麗に終わってるけど、まだまだSHERLOCKの世界を見たい!シーズン5待ってますっ
【舞台を21世紀のイギリスに置き換え、自称「コンサルタント探偵」であるシャーロック・ホームズがスマートフォンやインターネットといった最新機器を駆使して事件を解決する様を描いたドラマ】

超記憶!
超嗅覚!!
超高速推理!!!

ホームズが推理中、何を考えているか…
映像表現が上手い!!

"ベネディクト・カンバーバッチ"の、流れる様なセリフ回しも観ていて気持ちいい(^^)

すごい所で終わったので、続きが気になります!!


case1 「ピンク色の研究」
・連続自殺事件
・タクシー運転手
・死のゲーム

case2「死を呼ぶ暗号」
・蘇州碼字の暗号 「ロンドン地図」
・中国の犯罪組織「黒い蓮」 クモ男
・900万ポンドの土産

case3「大いなるゲーム」
・vsモリアーティ
・4+1の事件の推理ゲーム
・ゲイ
面白い!犯人の動機というか思考も面白いし
何よりシャーロック・ホームズのキャラがたっている。カンバーバッジの声がいいので字幕版おすすめ。
画面構成はオシャレ。テンポは丁度いい見やすい
キャラが良い!
ストーリーはシンプルではないが難しくはない
やっぱ好きだわSHERLOCK
シーズン1は初期感あっていい
2人ともイケメンだし推理の演出も良い
ラストのプール対決はいつ見ても緊張感あるし、モリアーティのいかれ具合も好き
シャーロック・ホームズは全巻原作を読んでて
ドラマもシーズン1,2あたりは面白いよと聞いてたので、ずっと見たかった!!
ネトフリにあったので視聴。

以前つたやで借りたけど1話が映画くらいの長さで見るの間に合わなくて返したんだよな笑

カンバーバッチさんわっっか!!
私知ってるのイミテーション・ゲーム(2014)とドクター・ストレンジ(2016)以降だったからシャーロック2010ってことはちょっと前なのか……
やっぱ頭の良い変人似合う……笑(ストレンジ先生は変人ではないけど……)

メールあるの新鮮ww
舞台が現代で携帯電話など現代のものも取り込んだ上でホームズっぽくて面白い

ホームズのキャラが、ぽい!事件だって喜んで飛び上がっちゃうところとか「は?まだわかんないの?」とイライラしてるところとか観察してベラベラしゃべるところとか、笑
映画のホームズ(ロバートダウニーJr.さんの)は「こんなにおマヌケじゃないー!!」って思っちゃったけど、ドラマのホームズさんは原作に近い気がするな

お兄さん(マイクロフト)もう出てくるんだ!!てっきりwwモリアーティかとww

ホームズの脳内がわかるの面白い、観察している最中に白い文字がさーって出てきて思考を辿れる。

モリアーティまさかの!!こいつか!予想してなかった、、モブかと、、。
シーズン1の3話の終わり方、えええここで終わり!?続きが気になるーー!!ってなったからシーズン2の1話も見た
とりあえずシーズン2は見ようかな!
「死にそうな人は病院にもいる。
同情が役に立つか?」

現代版アレンジ。パソコンとか携帯とかが普通に存在する。
ベイカー街遊撃隊は!?と思ったらエピソード3にらしき人が1人だけ出てきた。
ホームズの思考中の手の描写はところどころで出てくるけど説明はしない感じが好きだった。そこを知ってるという優越感を突く感じが原作ファンの性質をよく理解してる。
エピソード1とか犯人の動機が弱すぎて「?」ってなったけど、それを見せる過程が上手すぎるから冷めはしなかった。
>|

あなたにおすすめの記事