武蔵 MUSASHIのドラマ情報・感想・評価

「武蔵 MUSASHI」に投稿された感想・評価

はる

はるの感想・評価

5.0
0

このレビューはネタバレを含みます

2003年 NHK大河ドラマ「武蔵」
武蔵は海老蔵さん(その頃は7代目市川新之助)

キャスティングみた時からピッタリやん!!!と喜んでいたのです

フィクションであり史実に基づいてはいるもの、違う解釈や演出なども興味深く
武蔵の史実を調べたり
あらためて大河も観たいなと思ったら

……この大河、

かなりの問題作でDVD化されておらずお蔵入りらしい。

ヒロインのレイプシーンや濡れ場、虐殺シー、虐殺シーンなど、激しい描写で問題視されたり
訴えられたり争ったり、、あらゆるトラブルがあった様子。

そもそも
大河「武蔵」をずっとみてなくて、ちょっとしか観てなかったので
あらためて全て通して観たかったのに…残念すぎます

たまたま観たのが、最高のシーンでした

武蔵の幼なじみで親友の、本位田又八役に堤真一さん。
その母役に中村玉緒さん。

又八は、頼りなく、武蔵にコンプレックスを抱いています
母は、又八を溺愛し、それゆえ武蔵に冷たい態度をとります

又八が、その母を背負って歩いている時
母が死んだことに気づいた又八は

「ばばあ、死んじまったか~」と
笑って歩き続けるのです

その涙一滴も流さない笑顔になんともいえない哀しみが溢れていて…
素晴らしいんです、堤真一さん。

随分前に、一度観たっきりなので記憶が正しいかどうかは微妙ではありますが

泣かずに泣かせる
コレ最高。
『バガボンド』や黒澤明『七人の侍』『用心棒』等を堂々とパクった為に未DVD化。
かくいう私もよく見てない。
そもそも宮本武蔵を一年もやる事自体無理なのでは。
なので『バガボンド』は凄いと思う。
途中で変に高尚な物にしようとして長期休載ですが。
後半は武蔵と全く関係ない豊臣末期の大阪城のアレコレを水増しの為にやるので意味不明。
しかし武蔵に関するアレコレを読むと武蔵が倒した筈の吉岡一門、吉岡清十郎・伝七郎兄弟が、徳川との最終決戦時に豊臣の呼応に大阪城に入城したとの記録があり、之が本当だとすると武蔵の吉岡一門を壊滅させたって話は嘘になる。
この辺の虚々実々をメタ的に描いた作品がまだないと思うので武蔵の「嘘」と史実(とされるもの)を絡めた話しをやったら面白いと思う。
確か最終回辺りで大阪城落城の中を海老蔵が米倉涼子の手引っ張って逃げるのを見た記憶がある。
何やってんだコイツら関係ないのにバカか?
と怪獣の足元にわざわざ自分から来て「アーッ」とか言ってるマヌケに見えたのを覚えてる。
ゆう

ゆうの感想・評価

3.5
0
おかんがこんな女優さん知らんでって言うてたんが今の米倉涼子さんでした。
大河ドラマを釘付けで観たのは初めてでした。
武蔵演じる市川海老蔵の眼力が半端なかったのは覚えてる。
キャストもよかったのでずっと観ていられた。
M少佐

M少佐の感想・評価

-
0
 NHK が臆面もなく「バガボンド」をパクった作品。
勝新の奥さんの名演が…嫌だ。