トラベラーズ シーズン1のネタバレ・内容・結末

「トラベラーズ シーズン1」に投稿されたネタバレ・内容・結末

吹替で。

2021年に見ると正直もういろんな描写が古い、そのことにびっくりするんだけど、SFあるあるブチ込みドラマとしてわりと面白く見た、『TENET』後、コロナ後に見ると味わい深い…な。記憶と人格にまつわる話『攻殻機動隊』なんかも連想できて良かったよ。

ターリーの描写が足りなかったよな、典型的な“怒れる黒人女性”、短絡的で暴力的な描写はあまりにも酷い扱い…ジェフリーのシーズン3での顛末といい、黒人の身体をなんだと思ってんだという脚本の雑さ、2016年から2018年のドラマっぽい。

良い人の権化としてのデヴィット、社会福祉士が知的障害者と交際する倫理的まずさを緩和するためにかシーズン2後半でマーシーの過去について明らかになったけど、やっぱり倫理的にどうなのか、

知的障害のある美人な女の子が強くて賢いFBI専属医者だったら交際相手として最高なのに、という最低最悪な話にしかなっていない気もする、知的障害者への性暴力の現実を考えると無邪気すぎる気もして、デビットの葛藤や他の先天的ないし後天的知的障害者に関するエピソードについてももうちょっと描いてほしかった気がする、

21世紀にロボトミー手術を行ってる病院のヤバさ、001によって人為的に人格が破壊されてしまった看護師、最低最悪なエピソードについて、もうちょっと言及があってもよかったんじゃないか? エピローグにもウーン。

グレースがわりと好きなキャラクターだったんだけど、司令官はどういう…AI=病床で老衰寸前の各国の指導者=老賢者・長老たちの集合体のイメージ、面白かったんだけど、グレースが払った犠牲についてうまく汲み取れなかったな、司令官=彼女が尊敬する親というか老師たちのイメージ=あのビジュアルなのか、とにかくシーズン2のあの描写は新鮮だったかも。

しかし幕切れ、司令官=AIの目的は結局人類の滅亡だったということ? 見た瞬間はおおっと思ったけど、よくよく考えるとウーン、もっと簡単に息の根止められたんじゃないのかとか。最後の最後にメッセンジャーが現れて「プロトコルオメガは中止、過去へは行くな」と言ったら済んだことなんじゃないかと思うけど、司令官は21世紀のことを正確に感知できてないのか、設定がガバなんだよなあ。良くも悪くも。

『17分』ループする世界のエピソードは面白かったけど、司令を伝達するトラベラーズが毎回あんな命懸けで投入されてるの気の毒すぎるし、主人公チームがやっぱりノンキすぎてヒクな、あれくらい「ピクニック気分」だったからプラスに働いたと好意的に見ようにも…なあ。

ボイドが便利なお助けキャラになっていったのは苦笑、もう1シーズンくらい見たかった気がするけど…なあ。

他にも気になるエピソードいくつかあったのであとでちゃんとメモしたい。
今年最初の。
設定が好きだったっていうのと、
未来人の本当の姿がほぼ分からないからこその元の現代人の周りの環境とか性格とのギャップが感じ取れて面白かった。

マーシーが元どおりになっちゃったのは悲しかったな、、、デビッド振り回されちゃって何が何か全く分かんないよね2人が上手くいきますように

カーリーも辛いのは分かる、、けど上手く21世紀に適応出来ていない感じ。夫とマクラーレンと、、、ちゃんと向き合えればいいなー

チームで笑いあってるとこほぼなくて辛い

レビューみるとシーズン進むにつれて微妙な評価なので期待せずに見たい。
エイリアン、霊能者、超能力、Android、
Supernatural(シェイプシフター)等々、
成りすまし、乗っ取り題材は昔からありますね。

意識だけでやってくる
本作の未来人設定も嫌いじゃないです。

ただ、アプローチとして
脚本の手腕が問われるのは必然で
失敗すればツッコミ所満載な
作品になってしまうのが
SFドラマの恐ろしい所です。

1シーズン完走はしましたが、
個人的に残念だったのは、
何といってもメンバーが頼りない。

未来人らしからぬ始まり、
各々何かしら尾を引きながら
リスクに直面している。

この足枷が全て明るみに見える点で
派生しながら予測可能に勃発する展開は見ていて、
言わんこっちゃない的な没入感、
さらにいえば爽快感がありません。
ドラマ中の開始キャラ同様に落胆です。

また過去にトリップする上で、
見慣れぬ苛酷な環境下に配備され
チームプレイに不可欠なもの、
本来ならチームを統括し率いるトップが頼もしくあるべきで
任務達成のためにメンバーの士気を高める意味でも
そうであって欲しかったのですが…
基本設定の器となる代償が大きいのか阻害され、足を引っ張り、
そこにドラマ性を見いだす作りであるが故にテンポも崩れ、
結果、21世紀で世界を救う壮大なミッションに赴く
未来人の割に危険予測ができてない、
スペック不足と戦略の粗が目につきすぎて、
リーダーの適性・資質問わずドラマ全体として
フラストレーションが溜まる仕上がりに
なっていたのが一番残念でした。

EP毎でみれば、とりわけ、
5話の拉致、救出までが間延びしすぎて
1話まるごと使って軸となる話しが進まない、
終盤10話トップの生還に重点を置いているので
肝心の反対派の敵は引き延ばしという時間荒稼ぎ。
ファイナル手前11ep、これもその1つですが、
子持ちの宿主といい、大概、各キャラが墓穴を掘って
その修正に立ち回る自業自得展開が主軸で、
核心の本題は30分過ぎてからという時間配分。
最終エピでは最後にようやく、
主役側の指揮官劣勢どうたら反対勢力が動き出し
チームリーダーに至ってはep1から、
ずるずる未来からそのまま付き合っていた
チームメンバーでもある彼女に別れようと
今さら規律を持ち出し恋仲の決別宣言。
障害者の器を動かしているマーシーも
一般人巻き込んで大概に酷いですね。
起きうる事態など容易に想像つくのに
相手の私情を上手く利用して取り込む。
チーム連携バラバラで次シーズンに続くわけですが…。
展開的に都合が悪くなると降臨して乗っ取り仕掛けで
解決みたいな横暴手段に頼る描写もダメでした。

同カナダのSFドラマ、未来人女性が主役の
Continuumはs4で打ち切られましたけど
多少強引にでも纏めていたので、
此方はどうなるのか興味深いです。

あなたにおすすめの記事