13の理由 シーズン1のネタバレ・内容・結末

13の理由 シーズン12017年製作のドラマ)

13 Reasons Why Season 1 

製作国:

4.1

あらすじ

高校生のクレイ·ジェンセン (ディラン·ミネット) がある日、自分宛ての謎めいた箱を見つける。箱の中にあったのは、2週間前に命を絶ったクラスメート、ハンナ·ベイカー (キャサリン·ラングフォード) が録音したカセットテープ。そこには彼女が自殺に至った“13の理由”が録音されていた。2人の視点を通して明かされていく衝撃の秘密と真実。

原作

  • ジェイ・アッシャー

脚本

  • ブライアン・ヨーキー

出演者

  • ディラン・ミネット
  • キャサリン・ラングフォード
  • ケイト・ウォルシュ
  • Ke'Mari Moore
  • Michele Selene Ang
  • ジョゼフ・C・フィリップス

「13の理由 シーズン1」に投稿されたネタバレ・内容・結末

1周目観た時は、これは泣く
自殺シーンがめっちゃくちゃ胸が痛かった
クレイの回から13話目までの展開がとても印象的。

主要男子のほとんどがハンナに気があった。ハンナは美人過ぎたんだ。

理由の中には些細な事もあるけど連続するとたしかにキツイ。
誰の立場に立って見るかで変わってくる。理解出来なかった事も理解できるように。

クレイのキレっぷりとハンナとの関係性の初々しさに唯一救われる。

この作品でも「Only You」を聴くことになるとは思わなかった。
もうこれめちゃめちゃに期待してみてたし
ワクワクしてみてたけど
全然響かなかった、
こんなことを言ったら人の心がないとかっていう人がいるかも知れないけど
終始イライラしてしまって、
主人公のテープの回で辞めてしまった

すごい話題作だし
多くの人の心を動かしている作品なのもなんとなく理解できるつもりだが

デリケートな問題だとすごく丁重に説明しているけど
もっとわたしのなかにグッサリ刺さって抜けない映画がたくさんあるし、言葉も曲も、たくさんあった
ぬるい、と言いたいわけじゃないけど
ドラマであるために1時間1時間間延びしてしまう感が否めない

このドラマはモデルが高校生なだけあって、
こどもっぽいところがとてもある
だから少し冷たくなってみてしまうし

もどかしさやイライラを
ぶつける場所がないし見ていて煮え切らない点が多くある。
それを飲み込めばなるほど青年のもがきだなとか冷静に見れるのかもしれないけど、
わたしはまだ解せないしもしこんな学校だったら端で静かに暮らしたい。
ハンナとも友達にはなりたくない
出てきた人たちとは友達になりたくない。

めちゃめちゃ評価されているだけに
批判やすごい作品だー!意外のコメントが少なくて肩身がせまい気持ちだが
同じ気持ちで見るのを辞めてしまった人などがいたら是非喋りたい
こんなドラマがあるなんて

辛いなぁ
色んな感情が溢れてきて
全くまとめれない

自分が学生の時に見たかった


ジェフが何度も出てくるのに
ハンナがいない世界では
全くいなかったからナゾだったけど
そういう事だったんだね


アクションでもホラーとかでもないのに
こんなに早く続きが気になる!って思った作品に久しぶりに出会えてよかった
ハンナベイカーが素晴らしく可愛い...。ファッションもナイス。
後半に行くにつれぐんぐん重くなりうぅ...うぅ...ってなったとこにあのラストだから凄くぐうぅ...ってなった。
今まで顧みなかったり逃げ続けてきた他者の気持ちを全てが終わった後後悔の中聞かされる時の気持ちって...。
シリアスすぎる題材をこんなに見やすくしている脚本すごい
それぞれの役が複雑に作り込まれてるし、共感できるところもあったりして思っていたより見やすかった

また、これまでのアメリカのハイスクールドラマのお決まりの配役(「チアリーダーのトップはブロンドの意地悪な女の子」「ゲイはひとりいるけど、絶対いじめられる側」とかね)を意図的にひっくり返してるのが良かった

レイプのシーンとハンナの最期があんなに生々しく描写されると思わなくてつい目を背けてしまった

シリーズ1をすべて見た後はキャストやセレーナ・ゴメスも含めた製作陣がドラマと現代社会が抱える闇について話すビデオも見るべきだと思う。
どうしても演出で説教くさくなってしまう。死んだ女の子がドヤ顔で現れるのが個人的に苦手なのかも…。13の理由というよりか、レイプ 一発案件がデカすぎるだろとも思ってしまう。このやり切れなさ加減としてはダンサーインザダークと類似してる気がする。
自殺した女子高生のハンナ。彼女は自殺前、自殺するまでに至った13個の理由をカセットテープに録音する。ハンナと映画館でアルバイトをしていたクレイという男子高校生にもそのテープが回ってくる。なぜ彼女は自殺してしまったのか、止めることは出来なかったのか。

このドラマを見て、「なんでハンナが自殺してしまうのかわからない」とか「これくらいのことで」って思う声って、少なからずあると思う。そう思ってしまうのも、自然なことかもしれない。ただ、同じことをされても、感じ方とかって本当に人それぞれだし、キャパだって人によって違う。たったそれだけのことって思える人もいれば、立ち直れないくらい心に傷を負ってしまう人もいる。そして、ハンナはされたことの酷さに関係なく、いろんなことが重なっていって、傷付いて、もう耐えきれなくなって自分で命を絶つ道を選んだ。他に方法があったのかもしれないけど、その時のハンナには、他の道ってのを考えれなかったからそうなったわけで。大人にしてみれば、大人になってみれば、学校なんてちっぽけなものだなんて思えるし、狭いところで悩む必要なんかないんだよって思うけど、そんなの当事者の学生にとってみたら的外れもいいところ。学校に通ってる彼らにとっては、本当にそこでの存在が全てというか、学校での生活が中心なんだから、変な噂が立ったり、権力のある人に嫌われてしまったり、そういう大人からしたら大したことないのにって思うことが、とんでもない事になるんだなーって思った。

アメリカの高校が舞台ってだけあって、パーティとかはあんまり現実味なかったけど、SNSとか、男子学生の投票とか、男女の付き合いとか、本当そういうことで昨日までの事が一瞬で変わったりするんだよねーと。

いじめって、ドラマでよくあるような、トイレに閉じ込められてバケツの水をかけられたりとか、体操服を盗まれたりとか、そういうものだけじゃないよなーとも感じた。

シーズン1ではハンナの目線で書かれてるけど、みんながみんな悪い人ってわけでもない。アレックスとかザックとか、確かにハンナを傷つけてしまったけど、彼らがカッとなってそういう態度をとってしまったのも、思春期にはありえる事だとは思う。

あー書けば書くほどまとまらないけど、このドラマ見ててすっごいむかつくんだよね。本当。主人公のクレイも、テープ聴かずにキレるから「早く聞けよ!」って思ったり、周りのみんなも、人が1人死んでるっていうのに、ここまで保身に走るか!?って思ってしまうのもあった。個人的た1番イラついたのは、11話くらいで、アレックスとザックは本当のことを話そうとしてる中で、コートニーとかマーカスは自分を守る事ばっかりだったとこ。優等生2人のそういうところは見ていて本当にイラついてしまった〜。ジャスティンの母親とかも頭おかしいし、クレイの母親もちょい過保護でなんだかなぁとか。ハンナもなんでブライスの家のパーティに踏み込んじゃうのとかプール入らないでよーとか思ったし、見ていて本当、あの選択をしなければ、あの発言がなければ、っていう後悔ばっかり。そして、たった1人でも、優しさとか思いやりがある人がいれば救われた命だったと思う反面、周りが与える少しずつの傷が、尊い命を奪うことにもなりえるっていうのが痛いくらいわかるドラマだった。

注意喚起から始まるドラマだし、本国ではかなり物議を醸してるだけあって、見た人がいろんなことを感じるメッセージ性強すぎなドラマ。精神衛生上、相当ダメージ食らう人もいると思うけど、こういう社会的なドラマも見ておいた方がいいなーと思った。
胸が痛くなるドラマだった。
鈍くて繊細な10代のリアルなドラマ。
最終話、アレックスがなんで?確かに彼のパパも支配的だったから、彼がそれを選択するのも理解は出来るけど…タイラーが何か企んでるのかな?でもそういうドラマじゃなさそうだし。2で何が語られるのか気になる。
ジャスティンの家庭が悲しい。それを言うならブライスも。
ただ子どもたちの揉め事を映してるだけじゃなくて、どうしてそういう行動を取るのか、その背景にある家庭環境をきちんと描いているから、感情移入し易かった。
評価高いの納得。
一足早く中国で鑑賞。前半眠くなりそうになったけど、ファルコン号登場でようやく眼が覚める。ただ、最後の最後で重大な矛盾がある気がする。スターウォーズ本編のエピソード3と4の間のストーリーという事なのに、なんでダースモール出てくるの?エピソード1でクワイガン倒した後、若きオビワンに殺されたよね???続編ありそうな終わり方だったのでキッチリ矛盾を解決して欲しい。
>|