13の理由 シーズン1のドラマ情報・感想・評価

13の理由 シーズン12017年製作のドラマ)

13 Reasons Why Season 1

製作国:

4.1

あらすじ

高校生のクレイ·ジェンセン (ディラン·ミネット) がある日、自分宛ての謎めいた箱を見つける。箱の中にあったのは、2週間前に命を絶ったクラスメート、ハンナ·ベイカー (キャサリン·ラングフォード) が録音したカセットテープ。そこには彼女が自殺に至った“13の理由”が録音されていた。2人の視点を通して明かされていく衝撃の秘密と真実。

原作

  • ジェイ・アッシャー

脚本

  • ブライアン・ヨーキー

出演者

  • ディラン・ミネット
  • キャサリン・ラングフォード
  • ケイト・ウォルシュ
  • Ke'Mari Moore
  • Michele Selene Ang
  • ジョゼフ・C・フィリップス
  • マイルズ・ハイザー

「13の理由 シーズン1」に投稿された感想・評価

HIBIKU

HIBIKUの感想・評価

3.5
0
ティーン世代に蔓延る問題のフルコース、という風に描かれているけど
たくさんの小さな点が繋がって(良くも悪くも)大きな結果を生むって、よくあることですよね。
TAMKEN

TAMKENの感想・評価

4.2
0
内容は重い話では有るけれど、凄く面白い。次の話が気になり過ぎて睡眠不足になりました。笑
110

110の感想・評価

-
0
最初の忠告を観たにも関わらずどうして私は大丈夫と思ってしまったのだろう。私は観るべきではなかったのかもしれない、心臓のドキドキが止まらなくて苦しい。私もハンナのように問題が立て続けに起こって自殺しようと首に紐をかけようとしたことがある。でもハンナと違うところは自殺する前に誰かに相談していないこと。ハンナは自分に起こった問題の中で特に言いたくなかったことを抽象的ではあったが打ち明けた、でもそれは受け入れてもらえなかった。私はどうすればいいのだろう。言いたくないことを言って受け入れてもらえなかったらハンナの道を辿ってしまう。でもこのまま打ち明けなかったら、このような作品を見る度に苦しめられることになる。
ちひろ

ちひろの感想・評価

4.5
0
後半につれてかなりかなり重い話だけどとても見やすいし面白かった!Hannaの自殺シーンは流石に辛かったけど、、

ClayとHannaの関係好きだったんだけどなあ、、、😭
Clayがだんだんかっこよくなっていってる気がするのは気のせい🤔?
ま

まの感想・評価

5.0
0
海外ドラマには爽快感といったようなストレス発散的なものを求めて鑑賞している部分があったが、13の理由には現実世界の問題部分を切り取ってそのまま放送したかのようなリアリティを感じた。ここまで思春期の感情を映像化できてるものなんだなって思った。
とも子

とも子の感想・評価

4.5
0
ついつい先が気になって一気に観てしまいました。自殺の原因は?って聞かれてこれって言えるものはないんだな、と。小さなダメージがひとつひとつ積み重なって最後にバーンって爆発しちゃう。でもだからこそそのどこかで誰かが気づいて手を差し伸べられたら助けられるんじゃないかと思いました。
シーズン2も見ます。
ピアス&タトゥー盛り盛りのパンクな女の子・スカイを演じたソジー・ベーコンは、ケヴィン・ベーコンの娘さんで、パパによく似ていて (でも父親似か母親似かというとジョシュ・ブローリンに激似)、何かやっぱり異彩を放っていた。これからも色んな作品で見たい。
似てると言えば、主人公クレイを演じた俳優さんもJGLの青年時代と重なって見えた。魅力的な俳優さんにいっぱい出会えて幸。
あと、彼らがたびたび話し合いに利用する「モネ」というカフェが素敵。モネの睡蓮が壁面に大きくプリントされていたり、不揃いのマグカップが陳列されていたりしてオシャレ。
シズニ子

シズニ子の感想・評価

4.0
0
最初はつまらないなと思ったけど、観る度に引き込まれて行きました。いまシーズン2を観ていますがとても面白いです。
Kimiko

Kimikoの感想・評価

3.8
0
メッセージ性の強い作品。
現代のいじめ、暴力、レイプ、LGBT、飲酒ドラッグ等の問題がリアルに描かれている。
"小さな嫌な事"の積み重ねが人を自殺に追い込むということ。
たとえ裁判に勝っても、真実を暴き出しても、好きだったと嘆いても死んでしまったあとでは遅すぎる
単なるフィクションではなく現実に起きている現状があるということを考えさせられる
Yuho

Yuhoの感想・評価

4.0
0
自殺したハンナ・ベイカー(キャサリン・ラングフォード)が生前に録音したテープには、自殺の13の理由が吹き込まれていた。果たして彼女が自殺した理由とは?


ハンナの追体験みたいな感じでドラマが進んでいきます。一人一人に焦点を当てていくため、登場人物のキャラは把握しやすいです。ちょっと人多いけど。
些細なきっかけで人は死を選ぶのかもしれませんね。一つ一つは小さな事件でも、それが積み重なり、最後何かが引き金を引く。本作については12番目のテープが決定的だったんだと思います。そして13番目。もうここまで来ると誰が止められたんだろうって思います。誰も信用できなくなる…。ハンナの自殺のシーンは直視できなかったです。でも内容は重いながらも是非大人に直視してもらいたいものでした。学生だけじゃなくて、学生を救える立場の人は一人でも多く観てほしい。

それからカメラワークがすごいです。過去と現在の切り替えも自然で、ワンカットで流れるようにシーンが変わるところが多くて気に入りました。おおぉ!って1話に2,3回は絶対なってました笑
>|