じゃじゃ馬ならしのドラマ情報・感想・評価

じゃじゃ馬ならし1993年製作のドラマ)

公開日: 1993年07月05日

製作国:

3.4

「じゃじゃ馬ならし」に投稿された感想・評価

海賊K

海賊Kの感想・評価

4.3
0
僕たちのドラマシリーズめちゃハマってた。

青春って人生の中で最も残酷で儚い。
だから鍛えられて磨かれる。
はっち

はっちの感想・評価

-
0
観月ありさが美少女!
ラクロスが出てくるやつだっけ?
子供の頃再放送で見た
Relishi

Relishiの感想・評価

4.2
0

このレビューはネタバレを含みます

最終話だけ観ることができていませんが、非常に好きな作品です。
星護の演出が際立っていて、コミカルさが演劇的。誇張された動きや表情が笑いを誘います。
親娘の関係から、恋心に変わっていく夏美と隆一郎の揺れ動く姿が切なく、とても良いです。

個人的に好きなシーン。
恋が実らないことを確信し、実の父親とアメリカへ発つ決意をする夏美。
2人はどうしようもなくすれ違い、夏美はひどく冷たい態度を隆一郎に向け続け、隆一郎もまたそのことを真に受けて、夏美が実の父親とアメリカへ行くことを祝福していたが、どこか自分の心の中にある衝動に駆られ、空港へ駆けつける。

そして、夏美に向かい「おいで、パパだよ」と大きく手を広げる。
ずっと素っ気ない素振りを取り続けた夏美が、もう一瞬で、まるで小さな子どものように、嬉しさで泣きじゃくって、隆一郎の胸の中に飛び込む、このシーンは何度観ても良い。

いつかどこかで再放送して欲しい。
最終話のことが知りたい。