尾根のかなたに~父と息子の日航機墜落事故~のドラマ情報・感想・評価

「尾根のかなたに~父と息子の日航機墜落事故~」に投稿された感想・評価

リサ

リサの感想・評価

3.7
0
観たのは2012、3年ごろ。WOWOWで。

まだ小学生だった私にはこの作品はあまりにも衝撃的で、とにかくショックだったのを覚えている。しかし被害者の中には自分よりも幼い子もいて、その子は現場でもっと怖い思いをしたのだと考えると最後まで観ようと思ったのだ。
本当に大きな影響を与えられていて、自分の死生観とか、突然の別れの存在について考えるきっかけになった。
もう何年も前に観たのに今でも細かい描写を鮮明に覚えている。
特に濱田龍臣の演技が忘れられない。

忘れてはいけない出来事だからこそ、定期的に観たい作品。
ひとみ

ひとみの感想・評価

5.0
0
この事故のことを知らない世代ですが、知らない世代だからこそ見なければならないと思った
nomyas

nomyasの感想・評価

3.6
0
Amazonプライム、急に観られなくなった( ; ; )前後編3時間の作品であと1時間ほどだったのに残念
ブルース

ブルースの感想・評価

4.0
0
静けさが際立っていた。非言語の部分で伝わるところがいっぱいあった。不思議なドラマだった。
aco

acoの感想・評価

4.0
0
映画と観るか映画と観るか 、
観た矢先の大麻で逮捕 、

大麻が悪いとは思わない 、
大麻をしてでも自分を保ち
役者さんとして素敵なものを
私たちの与えてくれている 。

それでも犯罪は犯罪 、罪は罪 。

素敵な俳優さんだったなぁ 、と 。記録 。
lily

lilyの感想・評価

5.0
0
圧倒的な没入感。
観ながら、終始、涙がこぼれた。

キャストの皆さんのひとつひとつの表情が重い。もちろん、テーマがテーマなので、こちらが身構えてみてしまうという点もあると思うのだが、それに負けないほど、表情ですべてを物語るような作品だった。
ても

てもの感想・評価

3.9
0
門田隆将さん原作のフィクションドラマ。
これまた頭痛くなるほど泣いた。

このレビューはネタバレを含みます

群馬出身ということもあり、自分が生まれる前ですが以前から日航機123便事故について興味があり、飯塚訓さんの「墜落遺体」など読みました。

WOWOWのオリジナルドラマでキャストの演技も構成も素晴らしく大変良作でした。
事故にあった三家族を、事故前から事故後どうやって家族が悲しみを乗り越えていくのかを追っていく作品で、当たり前の日常が事故によって一変しそれぞれの家族のカタチまで変えてしまう切なさを丁寧に描いています。

どの家族の悲しみにも涙しましたが、特に緒形直人と石田ゆり子の家族には涙腺崩壊。
自分が母親になったこともあり、石田ゆり子に感情移入しまくってしまいました。
家族4人であんなに幸せそうだったのに、緒形直人を失ってからの石田ゆり子の憔悴っぷり、子供への感情のぶつけ方なんてすごくリアルで…。
旦那に託された子供たちを立派に育てなきゃならない責任感と、「私はそこまで強くなれない」という1人の女性としての現実感のある弱さが際立っていて泣ける泣ける…。

事故の一報から遺体確認までの航空機事故の絶望感が凄まじいのですが、そこから支え合って再生していくそれぞれの家族の物語でラストは希望に満ちた終わり方で、人間の強さを感じられる作品でした。
べりす

べりすの感想・評価

3.6
0
日本航空の墜落事故という過去にあった実話だそうです。たまにこの事件の再現とかテレビで見るのと「ジャニーさんが乗る予定だった」みたいなネット記事は読んだことが。
めちゃ長くて終わったと思ってえ?ここで?って思ったら前編だった。
これはすごい大作だと思いました。
ただ、前編、後篇となってるので、「まだ飛行機のとこに行かない」とやめてしまった人もいたので、前編はそれぞれの家庭の墜落までをじっくりして墜落、後篇は墜落後の時系列に各々の家族って感じです。
9歳のとき父親を亡くした少年が10年後「父親といた年より父親がいなくなってからのが長くなってしまった」みたいなこと言ったときとても泣きそうになりました。
マルタク

マルタクの感想・評価

3.5
0
この事件のこと初めて知ったときから、
日常の一瞬一瞬が大切なんやなって気づいた
それがすごく伝わるドラマだった

こんな悲惨な事故が一生起こらないことを祈ります
>|