Joey

やっぱりおしい刑事のJoeyのレビュー・感想・評価

やっぱりおしい刑事(2021年製作のドラマ)
3.5
風間俊介を見ると「それでも、生きてゆく」の三崎文哉を思い出してしまう。あまりにも強烈なキャラクターで、脳裏に焼き付いてしまった。衝動を抑えるために自室でもがく姿や人を人とは思わない冷酷な目付き。母親から言われた一言が、こんなにも恐ろしい狂人を作り出したのかとゾッとした。実際に起こった事件をモチーフにしていたことも、それに輪をかけたように思う。

最近は「監察医朝顔」の印象が強いようだけど、あのドラマはイカン。時任三郎も出演しているもんだから、頭の中がパニックになってドラマに入り込めない。

という事もあって、押井刑事に馴染むまで時間が掛かったけど、文哉とは真逆のキャラなので、何とか受け入れる事が出来ました。と言っても、真逆にも程があるけどね。