Joeyさんのドラマレビュー・感想・評価

  • Filmarks
  • Joeyさんの鑑賞したドラマ
Joey

Joey

映画(196)
ドラマ(108)
アニメ(0)

魔法のリノベ(2022年製作のドラマ)

4.5

まさかや〜的なダークホースで、あまり期待していなかったけど、今期、トップ3に入る面白さ。これは波瑠のキャラによるところが大きくて、なぜか間宮祥太朗も、金子大地も、吉野北斗も、SUMIREも、憎めない面>>続きを読む

0

ユニコーンに乗って(2022年製作のドラマ)

3.0

まさか、小鳥さんと佐奈が?と心配したりもして、「私の家政夫ナギサさん」のような結末は望まんとハラハラしながら観た次第。どうして、オードリー・ヘップバーン的な歳の差ラブストーリーを期待させるのだろうか?>>続きを読む

0

石子と羽男―そんなコトで訴えます?―(2022年製作のドラマ)

4.0

毎週「突然ですが占ってもいいですか?」を観ている。占いなんて信じていない筈なんだけど、なぜか気になる。この先、何が起こるかなんてどうでも良い。自分が何者なのかが知りたい。なぜ、自分は、石子のように全て>>続きを読む

2

オクトー~感情捜査官 心野朱梨~(2022年製作のドラマ)

3.5

「プルチックの感情の輪」という理論があるらしく、あるゆる感情は8つの基本感情が混ざり合って生まれるとのこと。喜び、信頼、恐れ、驚き、悲しみ、嫌悪、怒り、期待が感情の基本。喜びと信頼が愛を、恐れと驚きが>>続きを読む

0

村井の恋(2022年製作のドラマ)

4.0

髙橋ひかる、やりよるわい・・・と、結構、持っていかれた感じなのである。バラエティなんかで見る彼女から想像すると、これが素に近いのかもしれない。「青野くん・・・」とは真逆な感じが新鮮だった。関西出身と言>>続きを読む

0

アイドル(2022年製作のドラマ)

3.5

私にとってアイドルとはテレビの中の人達で、まさしく偶像でしかなかった。握手どころか、近くに寄ることなんて想像すら出来なかった。スターは滅多にテレビには出ない。でもアイドルは毎日のようにテレビに出ている>>続きを読む

0

妖怪シェアハウスー帰ってきたん怪ー(2022年製作のドラマ)

4.0

確かに、この世は呪いに支配されている。闇落ちしている人が沢山いて、妖怪だって闇落ちしたくなる。もはや、妖怪と人の区別も付かなくなっていて、妖怪みたいな人は数え切れないほどいる。そもそも神と妖怪は表裏一>>続きを読む

0

17才の帝国(2022年製作のドラマ)

3.5

思い描く理想の街は、やっぱり、こんな感じで何だかホッとする。誰もが、いがみ合うことなく楽しく暮らせる街。警察も軍隊も要らない国。空も海も蒼く、自然は緑色に輝く星。そんな理想郷が創れるならば、誰がAIに>>続きを読む

0

青野くんに触りたいから死にたい(2021年製作のドラマ)

4.0

学園ドラマが好きだ。最近の学園ドラマには出演者の年齢制限が無いところが良い。20代後半は当たり前。それでも、何となく高校生に見えるからスゴイ。金八先生のような感動リアリティードラマじゃないところも良い>>続きを読む

0

家出娘(2022年製作のドラマ)

5.0

全てを失ったような気がして、何もかもが悪意に満ちているような気がして、もう誰も助けてなんてくれなくて、だから、死にたくなる事があるかもしれない。そんな時はこのドラマを観て欲しい。自死は何も生まない。>>続きを読む

0

雪国 -SNOW COUNTRY-(2022年製作のドラマ)

5.0

不条理で冷酷な日常から逃れ、男は夢のような世界を探し求めていたのだろうか。
謎に満ちていて、愛にも満ちている駒子が迎えてくれる世界に憧れない人は居ないだろう。でも、どこの世界にも魔の手は忍び寄っていて
>>続きを読む

3

ミステリと言う勿れ(2022年製作のドラマ)

5.0

モテない菅田将暉、オドオドした伊藤沙莉、家柄を感じさせない尾上松也、なんか可愛いヒロイン門脇麦、飄飄としていない永山瑛太、みんな真逆な感じだけど、みんな良い味を出している。
冷静に考えると「なるほど!
>>続きを読む

4

妻、小学生になる。(2022年製作のドラマ)

4.5

死後、こんな風に彷徨うのは、あまりにも辛い事だと思う。残された家族がゾンビのように暮らしていたら、なんとか背中を押したいと思うだろう。やり残したことが沢山あって、なぜ今まで上手くいかなかったのかが、死>>続きを読む

2

恋せぬふたり(2022年製作のドラマ)

4.0

昔は会社に行くのは嫌ではなくて、朝は辛くて遅刻の常習犯だったけど、何だか大学の研究室の延長線という感じが心地良かった。でも、いつしか結果が厳しく評価してされ、果てしない成果が求められるようになった。も>>続きを読む

0

にんげんこわい(2022年製作のドラマ)

4.0

東京の人達は、いつから味気ない標準語とやらになったのか。この江戸言葉だったら関西弁にも負けない。多分、日本全国から人が集まって、色々と混ざり合って、個性の無い言葉になったのだろう。それは英語が英国から>>続きを読む

0

神木隆之介の撮休(2022年製作のドラマ)

5.0

それは「風のガーデン」の頃だったと思う。実は神木隆之介の第一印象はそれほど良くはなく、芸達者気取りの若者って感じが鼻について拭えなかった。でも、ここ最近、なんかイイ感じ。力が抜けた感じが心地良い。子役>>続きを読む

0

青天を衝け(2021年製作のドラマ)

5.0

現在の国会議員の中に、民間企業での就労経験がある政治家は何人いるのだろうか。かなり割合は低いと思う。多分、二世、三世議員の方が多いだろう。政治家が職業になってしまっている。何の本職も持たずに、実りない>>続きを読む

2

幕末相棒伝(2022年製作のドラマ)

5.0

大河ドラマ「新選組!」の再放送があって、象山先生と一緒に黒船を見に行ったメンバーは、近藤勇、土方歳三、桂小五郎、坂本龍馬。これが史実とは思えないけど、誰もが夢見るオールスターキャストなのであ〜る。この>>続きを読む

0

いりびと-異邦人-(2021年製作のドラマ)

5.0

久しぶりに美術館に行った。福岡市美術館だ。ダリ、シャガール、ミロ、バスキア、ウォーホールなどがあって、鼻が触れるぐらいの距離で見つめる事ができる。そんな中で藤田嗣治が好きだ。裸婦は有名だけれど、自画像>>続きを読む

2

JKからやり直すシルバープラン(2021年製作のドラマ)

3.5

お金の話しには聞き入ってしまった。確かに投資信託は右肩上がりなので、財産の預け場所としては第一候補です。リスクが小さい債権から始めるのは良いのかもしれないし、バフェット推奨のインデックスならば手数料は>>続きを読む

0

お茶にごす。(2021年製作のドラマ)

4.0

第一話でヘンなおじさんが出てきて、全く理解出来なかったのだけれど、傘と共に退場してからは何とか気持ちが落ち着いたのである。そして、カシザワなんて奴が出てきて、コイツもすぐに消えるのかと思ったら、ずっと>>続きを読む

0

おいしい給食 season2(2021年製作のドラマ)

4.0

シュールさが半端ない。土村芳は不思議な魅力を発しているし、生徒達は皆愛らしい。でも、このドラマ、どこかヘン。それは甘利田こと市原隼人の存在が異常なほど際立っているから。こんな学園ドラマは他に類は無い。>>続きを読む

0

東京放置食堂(2021年製作のドラマ)

3.5

毎クール出没する飯テロドラマではなく、これは人情酒場系ドラマである。小林薫じゃなくて、片桐はいりなのである。しかも国民的美少女グランプリの工藤綾乃は恐ろしく足が長い。テレビでは臭わないくさやはとても美>>続きを読む

0

古見さんは、コミュ症です。(2021年製作のドラマ)

3.5

この高校、平均年齢、高くない? しかも、彼等の心の声は高橋克実が代弁しているって、どんだけ老化が進んでいるんだ! 主演の只野くんの実年齢は35だし、それなのに美形女子に囲まれ、幼馴染は女装男子。羨まし>>続きを読む

0

おかえりモネ(2021年製作のドラマ)

5.0

「俺は立ち直りたくはない」という新次の言葉が突き刺さったままだ。立ち直れる筈なんてない。崩れ落ちたまま、そこで生きていくしかない。昔に戻ろうとしても、そこに彼女は居ない。だから、全く別の生き方しか選択>>続きを読む

5

正義の天秤(2021年製作のドラマ)

3.5

スローイングを見れば分かる。彼は只者ではない。かなりの上段者だ。野球は嘘を付かない。早速、ウィキってみたらシニアリーグで世界大会に投手として出場していたそうな。なんてことだ!本物だった。てっきり、チャ>>続きを読む

0

グラップラー刃牙はBLではないかと考え続けた乙女の記録ッッ(2021年製作のドラマ)

4.0

少年誌を読むことは殆どなくなり、漫画自体を読む機会が激減している。話題になった作品をスマホで読む程度。やっぱり紙媒体で購入したいけど、嵩張るしそうもいかない。少年チャンピオンと言えば、何と言っても水島>>続きを読む

0

オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ(2021年製作のドラマ)

4.0

実家には常にペットが居て、シェトランドシープドッグ(コリーの小型犬)を飼っていた時期があった。名前ははジョン。ペットにはカタカナの名前を付けるのが慣わしだったのだけれど、海外に接点のないコテコテの道産>>続きを読む

0

ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜(2021年製作のドラマ)

5.0

永野芽郁は無敵だ。戸田恵梨香が完璧な演技で圧倒したようでも、余裕の切り返しで押し返す。ムロツヨシが得意のボケをかましても、それ以上にボケまくる。三浦翔平が美しい立ち姿でコミカルにその落差を見せつけてき>>続きを読む

3

こころのフフフ(2021年製作のドラマ)

5.0

最近のWOWOWには油断ができない。もはや、山崎豊子でも、東野圭吾でもない。様々なクリエーターがしのぎを削っているのだ。

それではクイズです。以下の中に本当のフフフがあります。どれでしょうか? 全部
>>続きを読む

0

ひねくれ女のボッチ飯(2021年製作のドラマ)

4.0

田村正和は食べるところを人には見せなかったらしいけど、確かに食べるという行為は素が出てしまう。特にカレーの食べ方が難しい。昔々、よく「初デートに焼き肉はダメ」などとマニュアルに載っていたけど、カレーは>>続きを読む

0

さまよう刃(2021年製作のドラマ)

4.0

法には2種類の起源があると思う。神が創ったものと、人間が自分の都合で作ったもの。殺人という行為は、神の教えに反する行為だろう。しかし、罪人への裁きについては、神も曖昧だと思う。死後、地獄に堕ちることが>>続きを読む

0

泣くな研修医(2021年製作のドラマ)

4.0

こんなにも木南晴香がカッコイイって思ったことはない。こういう佇まいの人、かなり好きです。このドラマを観て、医者を目指そうと考えている人がいるかもしれない。なんと羨ましいことか。そして、高橋和也も良い味>>続きを読む

0

コタローは1人暮らし(2021年製作のドラマ)

4.0

「わらわ」って女性が使う言葉では?これってコタローのお母さんが言っていたのかと深読みしていたんだけど、単にコタローが敬愛するアニメの主人公が使っていたようで、殿様って「わらわ」って言うかな?と未だに半>>続きを読む

0

着飾る恋には理由があって(2021年製作のドラマ)

5.0

勝手に「まどろみ演出」と名付けている。眠たい演出という意味ではありません。なんか夢心地って感じで、居心地が良い。そこには絶妙な間があって、その間を色鮮やかな表情で埋めている。台本では表現できないであろ>>続きを読む

0

コントが始まる(2021年製作のドラマ)

4.0

夢が破れて違う道に進む3人を見ていると、悲しいという感情でもなければ、清々しいというのとは全然違うし、何とも言えない感情に襲われる。これは失恋した時の感情だろうか、それとも怪我をして部活から引退した時>>続きを読む

3
>|