Joeさんのドラマレビュー・感想・評価

  • Filmarks
  • Joeさんの鑑賞したドラマ
Joe

Joe

また観たくなるような
お気に入りの作品だけを集めています。

映画(45)
ドラマ(13)

凪のお暇(2019年製作のドラマ)

4.5

実は、高橋一生演じる我聞慎二に共感を覚えている。そう簡単には本音は言えない。言えるのは強がりだけ。そんな自分を分かって欲しい。凪だけには分かっていて欲しかった。ゴンなんかに取られてたまるか!でも、一人>>続きを読む

0

Heaven?~ご苦楽レストラン~(2019年製作のドラマ)

3.5

主役の魅力だけで1クール引っ張れるのは、今、石原さとみしか居ないんじゃないだろうか。こんなドラマがあっていい。いや、これぞ、テレビドラマだ。テレビの前が華やかになる。楽しい気持ちのまま1日を終えること>>続きを読む

0

淋しいのはお前だけじゃない(1982年製作のドラマ)

5.0

市川森一が逝ってから、かなりの年月が経ったような気がする。淋しいのはお前だけじゃないとは、言わないでくれ。もう誰も、あんな本を書く人が居なくなったじゃないか。どうしたら、いいんだ!

市川森一の作品は
>>続きを読む

0

透明なゆりかご(2018年製作のドラマ)

5.0

朝ドラ「なつぞら」を観ていたら清原果那が出ていた。ドラマの雰囲気が一変した。圧倒的な存在感だった。無性に「透明なゆりかご」が観たくなった。来月、再放送されるらしい。また、楽しみが一つ増えた。

昔、あ
>>続きを読む

0

北の国から(1981年製作のドラマ)

5.0

富良野のラベンダーの香りは、あまりも切なく、あの頃の思いが一瞬で蘇る。時をかける少女の如く、時空を彷徨うような感覚に陥る。さらに、さだまさしの歌声が聞こえてきたら、完璧に意識が飛んでしまう。北の国から>>続きを読む

0

探偵物語(1979年製作のドラマ)

5.0

あの頃、皆、松田優作に憧れていた。大人になったら、すべて真似しようと思っていた。ベスパに乗って、キャメルに火を付け、もちろんライターの火力は最大。シェリー酒と牛乳を愛飲し、コーヒーはブラックで一気飲み>>続きを読む

0

北の国から '87初恋(1987年製作のドラマ)

5.0

3月、卒業シーズンになると、このドラマを思い出す。北海道から上京するという感覚は特別なものだ。海を越えるという事が、そんな思いにさせるのかもしれない。飛行機に乗ってしまえば、海なんて関係ないのだけれど>>続きを読む

0

いだてん~東京オリムピック噺~(2019年製作のドラマ)

5.0

本気になったNHKはスゴイ。視聴率など気にせず、自分達の信じるまま、突っ走っているのだろう。国営放送だから出来る事などと言うなかれ。このプロデュース力は半端ない。同じ役者でも、NHKのドラマの中の彼ら>>続きを読む

0

デジタル・タトゥー(2019年製作のドラマ)

4.0

高橋さん、カッコイイじゃないか。ハードボイルドしているじゃないか。グッディとかやっているのが、またイイじゃないか。男はつらいのだ。

ネットを落書きレベルまで引き下げている輩がいれば、自らの正義がどこ
>>続きを読む

0

それでも、生きてゆく(2011年製作のドラマ)

5.0

2011年夏の記憶は殆ど無い。何をしていたのか、何を考えていたのか、思い出せない。仮設住宅に居た訳ではない。被災は免れ自宅に居た。余震に怯えていた訳でもない。そんな時、このドラマは放映されていた。この>>続きを読む

0

ふぞろいの林檎たち(1983年製作のドラマ)

5.0

山田太一と寺山修司は、大学時代、親友だった。寺山が余命短いと悟った時、高橋ひとみを山田に託した。東北出身の寺山にとって高橋ひとみは都会の象徴。だから、このドラマの中で、高橋ひとみの周りだけ寺山の匂いが>>続きを読む

0

青い鳥(1997年製作のドラマ)

5.0

この作品の後、野沢尚は謎解きドラマの執筆に没頭してしまう。「眠たくなるような不倫話」と、この作品は批判されたのだろう。しかし、満を持して書いたサスペンスでの世間の論調は、犯人はすぐに分かったとか何とか>>続きを読む

0

世紀末の詩(1998年製作のドラマ)

5.0

ジョン・レノンのStand by Meで始まって、山崎努がこんなセリフで締める。

「愛は唯一のもの。それを失うという事は、全てを失うという事。親父が逝った時、お袋は泣かなかった。気が触れたよ。それが
>>続きを読む

0