明日への誓いのドラマ情報・感想・評価

「明日への誓い」に投稿された感想・評価

FURU

FURUの感想・評価

5.0
0

このレビューはネタバレを含みます

ショーケン、生きてれば
今年のお誕生日、7月26日で古希のお祝いでした✨
翌日、CSでは、「宣告」という作品が放送されましたが、かなり重い作品で…しばらく寝かせておきたくて、こちらの作品を見直すことにしました。
ショーケンが企画を手掛けた最後の主演作品。
ショーケンのかっこよさ、だけでなく、キュートなかわいさ、温かさ、ユーモアの要素もあって、とてもよかったです。
ドラマのストーリーとしては、ベタな展開が多かったかもしれないけれど……ショーケンを愛でるという意味では十分満足できました。
後半の全力疾走………
70近い年齢になってから、ああいうことに挑戦してくれるショーケンの魂がうれしくなるじゃーないですか。
おまえさん。という言い方も好きだなぁ。
晩年、「人生いつからでもやり直せる!」という言葉、よく言っていたような気がしますねー。
このドラマでもテーマになってましたね。
竹中直人さんは、「不惑のスクラム」にも出演してくださってたけど、この作品でも、参加してくださったのが、ほんとありがたい。
娘のお父さん、を、赤ちゃんのお父さんと勘違いしてしまうなんて……
ショーケンそんなに若く見えますかね?!?!
最後にほっこりする場面を作ってくれてました。
ありがとうございました!!

これからも、ショーケン作品のレビューを書き残していくことを自分の糧にしていこうと、心に誓います!!
いつも心にショーケンを💕💕

ショーケン古希のお誕生日
おめでとうございました✨
阿呆

阿呆の感想・評価

5.0
0
多分ショーケン企画の最後の作品。本放送では見逃していました。ショーケン亡き後すごく見たくなり、運良く再放送してくれた。
折しもファミリー劇場で「太陽にほえろ!」再放送中。ショーケンが亡くなった翌月にマカロニ殉職回が放送され、先日はマカロニを刺した犯人が発覚する回が放送された。
自分はこの「明日への誓い」で、ショーケン演じる初老の元刑事を"もしもマカロニが生きていたら"のつもりで楽しませて頂いた。
短気で人情家。過去に冷たく接してしまった人への後悔。人生を踏み外した男から向けられる刃物。ベテランならではの若い人へのアドバイス。神妙な場面から一転ひょうきんな面を見せるなど、マカロニがこの歳になったらこんな風になっていたかもと思わせる。否、もしかしたらこの刑事はショーケンそのものなのでは?なんかイメージが本人とダブるんですよね。自身で企画しただけあって、自身をモデルにしたのかも。
そう考えると、惜しまれて早逝したマカロニ=ショーケンの延長上を見せて貰えた様で嬉しかった。そして改めて、ショーケンという俳優がいかに魅力的であったかを再認識出来た。ファンにはたまらない作品となりました。ありがとう。早見淳・萩原健一さんの御冥福を。
daiyuuki

daiyuukiの感想・評価

4.7
0
 神谷将太郎(萩原健一)は刑事を辞め、亡き妻の実家である教会を継いで牧師となった男。彼が刑事を辞したのは、村田慎一(村上淳)という殺人容疑者の逮捕がきっかけだった。村田はリストラされて自暴自棄となり、面識のないサラリーマンを無差別に刺殺した容疑がかけられていた。取り調べに当たった将太郎は、身勝手な言い分を繰り返すだけの村田に半ば憎しみすら感じながら送検したのだった。
 ところが1年後、驚くべき事実が発覚した…! 被害者の妻・小宮紗季(河井青葉)と村田は事件の前から頻繁に会っていたことがわかったのだ。DVに悩んでいた紗季が村田に頼んで夫を殺してもらったものと思われたが、立件できるほどの証拠はなかった。村田への憎しみから捜査を見誤った自分への悔恨もあり、将太郎は獄中の村田を訪ねて「お前を助けたい。出所したら俺を訪ねてこい」と語りかけ、その直後に警察を去ったのだった。
 それから10年――。牧師の仕事も板についてきた将太郎の前に、あのときの約束どおり、出所した村田がひょっこり現れた。故郷に帰りたいが母親に会うのが怖いという村田は、将太郎についてきてほしいと頼み込む。
 村田の願いを聞き入れ、同行を快諾した将太郎。村田が運転してきた車の調子が悪く、将太郎の愛車に乗りかえて、2人は出発する。将太郎は、検事として働く娘の玲子(笛木優子)に「古い友人と旅に出ます」とだけメールを残して…。 その頃、玲子の夫・篠原幹夫(田中幸太朗)の在籍する警視庁捜査一課は、朝に発生した3億円強奪事件の捜査で立て込んでいた。強盗犯が乗り捨てた逃走車両が発見された場所を聞き、幹夫は耳を疑う。なんとそこは将太郎の教会の駐車場だったのだ…! 将太郎は事件に巻き込まれたのか、それとも強盗に関与しているのか、捜査一課も騒然となるが…!?
萩原健一が原案主演を手掛けたサスペンスドラマ。
犯人への憎しみが眼を曇らせ真相究明出来なかった悔いを抱えた元刑事の牧師神谷と前科者の村田の、人生の落とし前をつけるための旅を、ユーモラスなニューシネマタッチで描かれ、人生でいろいろあった萩原健一の心情が垣間見えるユニークなサスペンスコメディドラマ。