雨が降ると君は優しいのネタバレ・内容・結末

「雨が降ると君は優しい」に投稿されたネタバレ・内容・結末

性依存ってテーマを目当てに観るとかなりの肩透かしを食らう。全体としてツッコミどころ多すぎ。We're all aloneなんか使うからより安っぽさが際立つ。対象年齢中学生なの?
お綺麗な文学でもあるまいし、ここまで視聴者を置いていくオナニープレイ正直需要無いと思う。
ただこの安っぽさが逆にリアルだと言われれば、まあ、そうなのかもしれない。
面白かった。好き。
前田公輝お目当てで観たけどいつの間にか普通にストーリーにハマってた。そして忘れた頃に前田公輝がめちゃめちゃ可愛い人畜無害ムーブするから参った。

毎度エンディングで曲がかかるタイミングが天才的。

最終話の志保の「ギブアンドテイク。人間関係はそれが壊れたら終わり。どちらかが与えすぎても、貰いすぎても、いつか相手に絶望する」って台詞があまりにも良かったな。
玉山鉄二かっこよ〜って軽い気持ちだけで見始めたら内容が深い深い 
見始めたら暗い気持ちになるけど見たい気持ちがとまらなくて見終わった後もウワ〜....しか残らないこの何というんだろう。残尿感(?)しか言葉が出ない
みんなのレビューみたらすっきりした、引用させていただいたくには申し訳ないくらい私が思っていることを言葉にしていてわざわざ書くまでもないくらい、、
妄想の中の新人に気付けなかったのも受け身で映画見てるからだろうと少し反省。
人工授精のくだりは現実の世界仰天ニュースか何かで見た覚えがあってゾッとした。
全体的にフワフワしていたけど惹きつける何かがあって飽きなかった。
重いドラマほど視聴者を飽きさせない作品作るのって大変だろうから凄いとただただ感心していました、、、
後から知ったけど野島伸司の作品だった 運命
最後まで一気に観てしまいました。役柄が合っていたのか、佐々木希の演技は全く気にならず。近年の若手俳優にありがちな「演技ってこういうものでしょ」感がなく、ナチュラルで良かったです。
主人公のノブは、奇妙な男だと思いました。清廉潔白で妻しか興味がなく、作ったような笑顔で、全部本心なのか、それともずっと抑圧しているのか…食卓のシーン含め、「これは本当に楽しくて笑ってる?」と勘ぐりながら観てしまいました。
一方の妻アヤは、いつも表裏がない感じ。自分の感情の赴くままで、顔にもすぐ出るし行動にもすぐ出る。なので、2人は愛し合ってるといえなんかチグハグで正反対な気がしていました。
いつも本心が分からないノブの気持ちを推察しながら観ていましたが、結局最後まで分かったような分からないような。妻を愛しているんだろうし、共依存しているんだろうけど、最後まで笑顔も泣き顔も嘘くさいんだよなぁ。
ちなみに、新人作家のシーンは結構最初の段階でノブの妄想だとは気付いていました。毎回行く度にノブの事情を知り過ぎていたのが何か違和感で。モチダを連れて行った時はあれ?違った?と思いましたが。
「救いがない」のアソート。底無しの闇。
普段ドラマはあまり見ないのだけれど、佐々木希が色気があってかわいいというレビューを見てこれを見た。でももう佐々木希が可愛いとか玉山鉄二がかっこいいとかそれどころじゃない。強いて言うならアホかわいい前田公輝だけが癒し。
余計な世話を焼きたがる人が集まる職場、アヤのどうしようもなさ、何もかもが主人公を不幸に陥れているようでただただ可哀想。正常な判断をできる人間があまり出てこないので見ていてイライラした。いや、このドラマにおいては正常な判断をできない人間を描きたかったのかもしれないが、どれも中途半端に匂わせてなにもスッキリしないまま終わる。依存がテーマだとしても、依存大肯定って感じなの?依存に救いはありませんよ、自己責任でどうにかやってくれや、ということを描きたいなら納得。

それから二人は幸せに暮らしましたとさ。笑