同期のサクラのドラマ情報・感想・評価(ネタバレなし)

「同期のサクラ」に投稿された感想・評価

Abe

Abeの感想・評価

5.0
0
おじいちゃんの名言が全て心に響いた。
さくらのように、自分の思っていることをしっかり言える人はかっこいい。
久しぶりに名作だと思えた!
Summer

Summerの感想・評価

4.8
0
めっちゃいいドラマなのに、後半の同期がなんか残念だったので4.8
みお

みおの感想・評価

3.5
0
前半が主におもしろかった。じーちゃん死んじゃったら立ち直れないよなー。
お隣さんの成長もよかった。
maro

maroの感想・評価

4.0
0
いい。
ひじょーーーにいいドラマだった。・゜・(ノД`)・゜・。

毎週泣いたも。
全エピソード泣いたのは、1996年にフジテレビで放映されていた岸谷五朗が教師役の『みにくいアヒルの子』以来かな。。。

これは、北野サクラ(高畑充希)とその同期4人による社会人生活11年に及ぶ物語。
2009年4月入社組の設定なので、ほぼ自分と同期みたいなもん。

サクラは憧れの花村建設に入社するものの、空気は読まずに正論をズケズケ言うマイペースな性格だから、とにかくまわりから煙たがれる。

そのせいで、異動や出向を繰り返すハメになるんだけれど、それだけにとどまらず、幼い頃に両親を亡くした彼女にとって親代わりだった最愛の祖父も亡くし、夢だった故郷の島に橋をかける事業もなくなり、事故で寝たきりになり、その間に会社も解雇され、こんなに踏んだり蹴ったりな主人公久しぶりってぐらい苦境に陥ってた。

でも、このドラマはそんな彼女が逆境を乗り越えるスポ根的な話ではないんだよね。
自分の身に起こったことは粛々と受け入れる反面、人の心を読む優しさや、思ったことをそのまま言う素直さがあり、それがまわりの人たちを変えるきっかけとなっていく。

会社の方針や自分のキャリアに悩む同期はもちろんのこと、シングルマザーで大変な想いをする先輩にも、彼女らの短所を諭し、長所を伸ばす接し方が彼女の最大の魅力だったように思う。

それもこれも、彼女のじーちゃんが毎週FAXで人間の本質を突いた格言のようなものを送ってくるのがヒントになってたから、サクラの中におけるじーちゃんの存在はものすごく大きかったんだよね。
彼女が同期と仲良くなれたのも、まさにじーちゃんのおかげ。

そういった背景があるから、じーちゃんが死んだときのサクラの燃え尽きた感は半端なかったし、それこそ『ワンピース』でエースを失ったルフィ、『るろうに剣心』で薫を失った剣心とまったく同じ状態に陥っていた。

このドラマは、多くの会社務めしているサラリーマンが抱えるであろう悩み、ぶつかるであろう壁の最大公約数的なところをうまく抽出して綺麗に物語にできていたと思うんだけど、それを実現した脚本家の遊川和彦さんの手腕はすごいと思う。

なので、どのエピソードも共感できるところが多く、毎週涙がボロボロ出てきて、泣くことが習慣化しちゃった(笑)
もうね、森山直太朗が「ぼ~」って歌った瞬間にパブロフの犬のように涙が出てくる。。。(泣)

ただ、物語としては9話でほとんど終わっている気がしたから、最終回はこれまでのエピソードと比べるとちょっと弱いと感じたかなー。
「私の力は仲間です」ってルフィかよってwww

ちょいちょい『過保護のカホコ』のキャストも出ていたし、いいドラマだった。
ひじょーーーにいいドラマだった。
ジッポ

ジッポの感想・評価

3.5
0
毎話毎話テーマがしっかりあってそのテーマを解決してゆく過程が面白かった。北野桜は変人キャラだけど言う時はビシッと言ってくれる言葉が物凄く心に響く。前半の同期達の問題を解決して同期との輪が深まって桜が昏睡状態になっても声をかけ続けてくれるなんて本当に良いよな。桜のおじいちゃんのファックスは本当に毎回毎回泣ける。
毎週欠かさず観てた。

中学の卒業式後の最後のホームルームで1人1人前に出て喋るタイミングで生徒会長が独唱した「さくら(独唱)」が気持ちこもってるし上手いしで先生、保護者、クラスメイトが感動の涙に包まれていたらその後で順番が回ってきたR.K君が「僕もさくらを歌う予定だったんですけど、皆さん2回も同じ歌を聴きたくないと思うのでやめておきます。」って言ってそのまま席に戻っていったのには腹ちぎれた。あいつ今何してんだろう。
mika

mikaの感想・評価

3.5
0
じぃちゃんの言葉が、心に沁みるドラマだった。

最も都会に馴染めないような性格の女の子。
こういう難しそうな役柄、高畑充希ちゃんは、上手にこなすよね。
グッチ

グッチの感想・評価

1.3
0
社会人1年目。入社して1年目の頃のドラマ。おじいちゃんからのファックスが素敵だった👴
あっきー

あっきーの感想・評価

4.0
0
橋本愛の怒りの演技が怖すぎて、衝撃だった笑 怒ってる演技見て、怖いって思ったの初めてだったかもしれない。
3話が神回でした。サクラの百合に対する熱すぎる思いに感動したし、百合が会社の入口で「なんで足が前に進まないの...?」って号泣し始めて、私も涙が我慢出来なくなった。

じいちゃんの、「大人になるとは自分の弱さを認めること」っていう言葉が心に残った。
小山

小山の感想・評価

-
0
良いお仕事ドラマ。新卒の成長と、その他悲喜交々を描くので世界観に自分をハメやすい。途中からすごい民放ではなかなか珍し展開が発生し、見応えある。
橋本愛はやっぱりちゃんと仕事選んでるので、同世代の星
>|

あなたにおすすめの記事