ファーストラヴのドラマ情報・感想・評価・動画配信

ファーストラヴ2020年製作のドラマ)

公開日: 2020年02月22日

製作国:

ジャンル:

3.5

あらすじ

「ファーストラヴ」に投稿された感想・評価

mtoto

mtotoの感想・評価

2.6
0
島本さん原作だから観てみようと思った。

いやー、なんか…暗かった。観た時間帯かなぁ(夕方)。その前に観たものの影響かなぁ(深夜食堂)。とにかく暗い気分になるドラマだった。

上白石さんてこんな役もやるのねって思いました。お姉さんの方は元々こんな感じなのかな?何か歌が得意ってイメージしかなかったけれど。

セクハラがようやくマジメに取り沙汰されるようになった昨今だからこその内容だったように思う。
自分を守る為に、マシな思い出にしようと記憶に色をつけるというところ、グサッときた。

これ、わかる。私もやってしまってた。
セクハラに遭った人で、これやってしまった人っているんじゃないかな。
自嘲と、状況の可笑しさと、悲劇を認めたくないのと、そもそもの非現実さで、笑ってしまったりするんだよなー。
でもそれって男の人にはわかんないみたい。
「見た時は笑ってたから良くない状況だと思わなかった」って言われたの思い出した。

真木よう子、良い役だった。泣き笑いが綺麗だった。
夫の我聞さん、素敵だな。
イヤ、弟が平岡くんって時点で神々しいご家庭なのだけど…(しかも元彼。真木よう子の美貌なしに成立せず)

世の中ジェンダレスになって来ました。
女性も男性も、「目線」や「状況」「圧」でセクハラやトラウマを植え付けるということを心して(特におっさん!)、人に接するようにしたいですね。

説教臭くなったけどドラマ観ればこういうこと言う理由がわかると思います…
●島田課長が殺されました...
内容は結構重たいが、さすが直木賞と思えるような作品でした。

只、主演女優の迫真の演技を観ると没入していた気持ちがどこかに飛んでいってしまいます。

この気持ちを何と表現したらいいのか分からなかったのですが、武田鉄矢さんが的確に言っておられます。
タイトル
「島田課長が殺されました」
https://youtu.be/kgYFm6mr5m0
siohitotumami

siohitotumamiの感想・評価

4.0
0
録画してたのをさらっと流し見しようと思ってたけど、作業の手を止めて見入ってしまった。
親に愛されたい子どもは愛されるために親が求める子どもを演じる。(それは見方を変えれば親を喜ばせようとしている無邪気な子どもとして写る)
親は子どもが決して演技をしているなんて思わないし思いたくない。もしかしたらそうやって家族は平穏を保っているのかもしれない。


『女の子の周りには偽物の神様がたくさんいるからね』
そんなの悲しすぎないか。
分からないフリをして気づかなかったフリをして、初恋と読んだ関係が脆くも崩れ去る瞬間。
完璧な大人だと思っていた母が父が、そうではないと悟った瞬間。
手を差し伸べる偽物をどうやって見分けたらいいのか。
強くなれと自分を守れと、震える少女に(あるいは少年に)簡単に言うのは酷だ。


✳︎

女子アナ試験のカメラテストを、子どもの頃の心理的虐待シーン(デッサンモデル)と重ね合わせて「観察」「不快な視線」「セクハラ」としたのは痛快だった。
(しかも面接会場は渋谷!)
kanegone

kanegoneの感想・評価

3.3
4
やっぱり、真木よう子は棒演技だなぁ…
話はいい話なんだろうけど、茶番劇に見えるのがもったいない。

大事なセリフも、いまいち白々しい。
原作で読むべきだったか…!
黒木瞳は相変わらず可愛かった。
原作授賞直後に面白くてスラスラ
読破した凄く好きな小説
環奈は橋本環奈ちゃんで脳内再生してた
けど上白石萌歌ちゃんの環奈も中々◎

『あなたの あなたしか感じる事の出来ない
気持ちを あなたが話さずに 誰が話すの』

『その傷は あなたが それだけ 辛い思いに
耐えて 生き抜いてきた証なんです』

『女の子の周りには偽物の神様が
たくさん居るからね』

期待を上回る面白さ谷田部可愛かった
元恋人、初恋の相手役も凄く良いキャスト

景子ちゃん主演の映画版も楽しみ
そして橋本環奈ちゃんだと嬉しいなぁ!
アリサ

アリサの感想・評価

-
0
原作は未読。
文字にすると薄っぺらくなってしまうけれど、すごく重くてつらい話だった。
ナラタージュもそうだけど、富山でロケしたのか〜!となった。
りりこ

りりこの感想・評価

4.1
0
男性の視線によるセクハラという、女性なら多かれ少なかれ経験してきた心理を丁寧に描いたのはさすが。カメラがまさに男性視点で彼女たちの姿を映した点にポイント。「やっと怒った」が突破口だったのはわかるが、台詞になるとしらける。2時間ドラマでは仕方ないかなあ。
きんきん

きんきんの感想・評価

2.2
0
原作未読
上白石萌歌の役、とても難しい
最後の笑みの意味を深読みしてしまったけどそれは違うのかな?
真木よう子と平岡祐太のお互いの蟠りの解決がアッサリし過ぎ
黒木瞳のリスカの理由は明かさないのか…
映画の方は堤幸彦監督か…さてどうなるのかしら
PSYCHE

PSYCHEの感想・評価

1.9
0
黒木瞳さんしか印象に残らなかった。
真木よう子さんのまつげにばかり目が行く(悪魔の手毬唄同様)
上白石さんじゃない方が良かったかなぁ(皆さん絶賛だけれども)
楽しみにしてたのだが、ピンとこなかった。期待し過ぎたか。映画だとまた違うのかな。でも映画だと北川景子。2人とも綺麗過ぎん?
myjstyle

myjstyleの感想・評価

-
0
DVによる心の傷はとても深い。家庭の平和を保とうとする言動の取り繕いの積み重ねは子供を歪めてしまう。DVの後遺症が生む悲劇が切ない。そして、真木よう子さんがお美しい。
>|