伊藤くん A to Eのネタバレ・内容・結末

「伊藤くん A to E」に投稿されたネタバレ・内容・結末

原作読んでないからわからないけど、中村倫也が不憫でしんどかった。
中村倫也がかっこいいので観た価値はあったが話がところどころよく分からなかった。

最初の女はなぜ伊藤にそこまで固執しているのか、主人公の浴槽の下りはなんだったのか‥等々。AとB、CとDが絡み合っているが全体の時系列もいまいちわかりにくい。1話が20分強と短いので仕方ないが、各女の背景が分からず一つの出来事だけを掘り下げられているため誰の感情もわからずもらっとしてしまった。話の流れは面白かったのでもう少し長い尺で見てみたい。
誰にも共感できなかった。


A.ぞんざいに扱われる女
伊藤との出会いなどが描かれていないので、何故こんな男に入れ込んでしまうようになったのかが全く分からない。
ここまで尽くしてきたのだから今更引けないというプライドというが、ただの都合の良い女になり下がっていることに対してのプライドはないのか。

B.自分の殻に閉じこもる女
非恋愛体質だから〜って自分で言っちゃう人って、彼氏ができないことの言い訳にしてるように思う。(本当にそういう体質の人もいるとは思うけど)
自分では何もしないくせに、いい結果を期待するのは虫が良すぎるのでは。
あと伊藤が気持ち悪すぎる。

C.愛されたい女
隙を与えて男に言い寄らせ、モテてる、愛されてると勘違いしてる女、いる、いた。
この類の女、嫌いだった。
こんな簡単に引っかかるやつなんて漏れなくカラダ目的で、付き合っても虚しくなるだけって分かってるのに何でやめられないんだろうね。

D.高学歴の鉄壁女
好きな男に処女は重いって言われたからって、違う人で捨てようとする意味が分からない。
処女が重いとかいう考えが出てくる時点でそいつには責任をもつ気なんて更々ないのだから、仮に処女を捨てたところで何も変わらないし、何したって無駄。
3年も片想いするに至った経緯は何なんだろう。
普通に面白かったけど、最終的には岡田将生やのに、田中圭とかに置き換えてる?のがややこしかった
お風呂のやつもよくわからんかった
映画を見てから少し経ってからの伊藤くんA to EドラマをNetflixにて一気見。

ああ、そうだったこういう話だった。
出てくる登場人物は皆弱い自分との葛藤をしている。決して美しくはないが、自分と重ねてその姿を愛しく思う。

彼女らの葛藤の先が正しいのか、それは伊藤くんが望んでいる姿なのか。かき混ぜている伊藤は葛藤すらしていない。他人の及ぼす影響は思っているよりも大きい。

よくある恋愛ドラマとは違った展開が楽しめる作品でもあり、表現をするという事を考えて自分を見つめ直せる作品。
出てるキャストが全員良かった!
田中圭イケメンすぎ、、、クズ男もバリバリ仕事マンも似合うよ〜〜木村文乃もとても素敵煙草吸ってる女の人こんなにかっこいいと思ったの初めて🚬
バスタブの中に覚悟を閉じ込める描写が深い
映画も見よ!
めっちゃ好き!!!!美女たちが演じるダメ女のリアリティがすごくいい。複数の女の子が出てくるオムニバス形式の恋愛もの、好きです。そしてなんといってもクズケン最高!!!(夏帆とのいちゃいちゃシーンが好きすぎる)伊藤のサイコパスな演技も素晴らしい。俳優陣が素晴らしい作品でした。原作も気になります。
伊藤に振り回され、かっこ悪くても必死に生きてる女達を客観的に分析しているようで、実は自分もそんな女の1人だった。というオチ…なんだけど、最後の終わり方がえ?これで終わり?って感じだった。

伊藤くんが同一人物で、しかも最後まで本人が出てこない所が新感覚で面白かった。

ところどころ今の自分の状況と同じで、刺さるセリフがあって心動かされた。

映画を先に見たのは間違いだったな。
ドラマを見た上で映画を見ると最初から(岡田将生の伊藤で)答え合わせが出来るし、矢崎莉桜の話もちゃんと終わるし、より楽しめたかもしれない。セットで見るべき。

それにしても岡田将生の伊藤がやっぱり1番クレイジーで似合ってた。

手ブレしてるところがどうしても酔ってしまって見るのが辛いカットがあった。

なんで画面を2分割や3分割にしたのか気になった。

クズケン好き、最高。
個人的には映画みないとまとまんないなーって印象。面白くなってきた…?ってとこで終わっちゃう。なので2.5くらいで。
どの役もイライラしてあんまり好きじゃないんだけど(笑)池田エライザの役はわりとすきだな…友達が上手くいくのが憎いっていうより、クソみたいな男に大好きな親友をとられてしまうのが嫌だったのが大きいんじゃと思っている。やり方は間違ってるけど可愛げがあるな~と。
あと、映画の主演が岡田将生って知っている状態でドラマを観てしまったので、伊藤=岡田将生が先入観としてあって、あんまり楽しめなかったのかも。どんなやつなんだろう、気になる!って気持ちがゼロの状態でみちゃダメだったなー。
木村文乃のこういう感じ、よくドラマの設定ではあるよね。元売れっ子女脚本家。

伊藤くんを巡る女性たちの話はそれぞれ面白かった。木村文乃が煽るのも良い。

そして伊藤くんは岡田将生か…
もはやこの人はヒールの方が似合う。

でもここから映画に展開するほどの新鮮味あるの?