ペリー・メイスンのドラマ情報・感想・評価・動画配信

「ペリー・メイスン」に投稿された感想・評価

non

nonの感想・評価

4.0
0
RDJらによるリメイクに惹かれ鑑賞。4月からHBOドラマがたくさんU-NEXTで観れるようになったので途中まで観ていたこちらを最終話まで。

マシュー・リスが渋くて人間臭くていい。EBが早々に自殺してしまってえ?となったらなるほどペリーが弁護士のドラマなのか!!弁護士事務所のデラが最高にいい人だし、出演者みんなうまい!!そういえば、EB役のジョン・リスゴーさん「ザ・クラウン」でウィンストン・チャーチル首相役でしたね。

エニスも所詮コマでしかなかったようなラスト。シーズン2が楽しみ。
ESR

ESRの感想・評価

3.9
0
1930年代、戦争で傷を負い、妻子と別れ一人暮らす、しがない探偵のペリー・メイスン。
E・S・ガードナーの推理小説が原作でこれまでに映画化、ドラマ化されている同シリーズ。今回はHBOの下、製作総指揮にロバート・ダウニー・Jrらが加わっている。

冒頭、ドッドソン夫妻の息子チャーリーが誘拐され、身代金を支払ったにも関わらず、まぶたを糸で縫い付けられた無惨な姿で夫妻に発見される。
当初、富豪の隠し子である夫マシューに嫌疑がかかり、拘束されるが、すぐに釈放され、妻エミリーが不倫相手と共謀して実行したとして逮捕される。
メイスンは担当弁護士であるEBとの繋がりで事件に関わっていく。

前半はスローテンポで進み、中盤のある出来事を文字通り引き金に物語は大きく動いていく。
そして、カルト教団、警察・検察、メイスン陣営それぞれの思惑が交錯し、市民を巻き込んで尻上がりに盛り上がりを見せる。
白人至上主義の警察組織の問題、女性に投げつけられる言葉の数々など、1930年代を描きながら、現代を射程に入れる。

リミテッドシリーズではなく次シーズンもあるそうなので、そこからが本番か。
KUBO

KUBOの感想・評価

4.0
0
ジャズが流れる渋〜いハードボイルドがいいですね〜。冒頭からそのムードに引き込まれた。

かつて『弁護士ペリー・メイスン』という人気ドラマがあったことは知っているが、古すぎて見たことはない。本作はその名作ドラマをロバート・ダウニーJr. が製作総指揮でリメイクしたドラマだ。

見始めて「ん? ペリー・メイスンが弁護士じゃなくて探偵だぞ?」と思ったら、これはペリー・メイスンが弁護士になるまでの前日譚なのね。

主演が『幸せのまわり道』のマシュー・リスなんだが、これがいい! ちょっと泣きそうな孤独な表情に味がある。

重厚な演技、時代考証に則った衣装や美術、ドラマ全編に流れるジャズまで、ドラマの域を超えたまさに映画並みの高水準。

ただ、1つの事件に8話8時間は長すぎる。終盤3話はかなり盛り上がったし、4話程度にまとめてほしかったな。

それと、渋いのはいいけど、渋すぎる。裁判劇はスッキリ勝って終わらせてもらいたい。

これ、シリーズ化するのかな? したらまた続き見たいぞ。
peco

pecoの感想・評価

2.5
0
スターチャンネル吹替

雰囲気は好きなんだけど、途中からごちゃごちゃして来て置いてけぼりくらった感じ。
ペリー・メイスンの前日譚だそうで昔のシリーズを観ていると凄く楽しめそう。
ミーハー

ミーハーの感想・評価

4.0
0

このレビューはネタバレを含みます

私好みのクライムサスペンス!良作!

ゴシップ追いかけて薄汚く稼いでる哀愁漂う探偵。そこに悲惨な赤ん坊殺害事件が舞い込む。
探偵は頼りない部分を持ちながら、芯は根っからの正義を持ち合わせてて、どんどんかっこよくなるかと思いきやちょいちょいこれまでの生き様のしっぺ返しが来る。ラストはスーツでこれまでとは違う様に。
事件に謎の宗教絡んでくる感じもHBOらしくて好き。
メイスンの戦争のトラウマに関しては最後にはなんだったのかと思う程度で深く絡んでこなかった。
恋人未満な相手はどこが魅力なのか謎なまま。
相棒がすごく良かった。ラストは違う道へ。
シーズン2がみたいけど、探偵としては続けられないしどうなのか。
kana

kanaの感想・評価

-
0
1つの事件のみで8話なので長いしちょっと飽きてきてしまうけど、ストーリーはめっちゃ作り込まれてるなと思った。とりあえず暗い。

そしてマシュー・リスにジ・アメリカンズのイメージが付きすぎて、殴られるシーンとかで、あれ?こんな弱かったっけ?って思ってしまった笑
ヒロシー

ヒロシーの感想・評価

4.0
0
今年の海外ドラマで「優等生枠」を捧げたい。基本に実直で、ハイ・クオリティで、昔のドラマシリーズを今にリブートするに際して抜群のキャラ設定とキャスティング。様々な攻めたドラマを作り続けて、少なくともTVシリーズのクオリティではNetflixに確実に勝っているHBOが、逆に真っ直ぐなドラマを作り上げた結果の傑作。探偵が弁護士になるという物語で、何故そうなったか、そして結果どうなるか、出発点と着地点が見事。

キャスト陣は本当に凄い人しかいません。マシュー・リスはこの手のやさぐれだ演技をさせれば右に出る者はいない。気がついたら殴られているし、何かあると物に当たる、その姿が映える。ジョン・リスゴーはまた違った名演で、4話はほとんど彼の一人舞台だった。そしてシェー・ウィガムがヤバい! イケオジ!
しめさば

しめさばの感想・評価

3.6
0
往年と言われるだけあって渋くじっとり
不完全燃焼感が凄いけれどそこが魅力なのかな続くようですが、5話目くらいからやっと面白くなったけど少々疲れが溜まる。
悪の本質は似てるけれど正義は人によって異なるから纏まるのが難しいとはこの事だな。
だだ、全裸死体の登場がやたらと多く毎回ボカシ入ってたのはめちゃくちゃ気が散りました!
marev

marevの感想・評価

3.7
0
スタチャンex。

探偵から始まって、弁護士に。
リスの他はリスゴーとかロバート・パトリックとかタチアナちゃんとか豪華キャスト。

結末がなんか微妙。
弁護士になったとたんに偉ぶるメイスンは嫌な感じ。
シスターは楽しませてもらったがw
mtoto

mtotoの感想・評価

2.4
0
吹き替えで観た。録画でそうなってたので。

ロバートダウニーJr.ということで録画リストに入れた。
ラリー。

うーん大人向けですね。
赤子の目蓋縫い付ける殺人とかガッツリ映す…。
各種セックスシーンも旺盛ですね。
ちょっとビックリしましたわ。
一人で観てて良かった。

どうもシリーズみたいですねぇ。
まぁ、続きは今のところいいかな。
>|