それでも、生きてゆくのドラマ情報・感想・評価

「それでも、生きてゆく」に投稿された感想・評価

k

kの感想・評価

5.0
0
今まで見た中でベスト
今後もこれ以上の作品はないのではないかな
・文哉と大竹しのぶが対峙するシーン
・文哉に何を言っても通用しないと、洋貴がさとったシーン
・双葉と洋貴のお祭りのシーン
・カップ焼きそばのくだり
・届かない手紙をお互いが書いてるシーン

この作品以降、ちゃんとドラマを見るのやめた
ぱに夫

ぱに夫の感想・評価

4.9
0
坂元裕二さん脚本の最高傑作。俳優陣の演技力あってこそだけど、暗く重いテーマをナチュラルなトーンで鮮やかに描いてると思う。映画ではなくドラマじゃないと描ききれないボリューム。連続ドラマ作品である必然性を感じます。
いつまでも胸に残る作品であること間違いなし。被害者家族に傷や拭えぬ過去があってそれを一生「背負わされ」て生きていかなければいけない。加害者家族も一生「背負って」生きていかなければならない。背負う、背負われると言い換えられるはずが、見ているうちにそれが均されていく感覚があった。だからこそ全員が「それでも、生きてゆく」しかないのだなと。
lilybelly

lilybellyの感想・評価

5.0
0
数年ぶりにもう1度みた。
いつみても心が苦しくなるドラマ。

このドラマに出てくる人達は、常に自分の中で1番辛い選択肢を選んでいる気がする。それは加害者家族にしても被害者家族にしてもそう。
もっと楽に生きればいいのに、自分の人生を自分のために生きればいいのに。

自分が苦しむことでしか、自分を許すことができなくて、自分を認めることができなくて、なんだか不器用な人たち。
とてつもない悲しみやどん底を味わうと、そうなってしまうのだろうか。

果てしなく希望のない話だが、最後はとても美しい。瑛太と満島ひかりの愛だけがとても美しかった。遠く離れても相手の幸せを願っている。なんの見返りもなく。
こんなに悲しい物語が、現実世界に生まれないことをただただ願うばかりです。
コージー

コージーの感想・評価

5.0
0
事件によって、一家離散したり、住む場所を追われたりしてその後も苦しみ続けてきた人たちを描いているから、シリアスで重たい感じもあるのだけど、爆笑するわけではないのだが、なんだか皮膚の裏側をくすぐられているようなほっこりとするシーンもあったりする。特に主人公やヒロインの不器用さの演技(や、それを表現するための脚本や演出)。面白いし可愛らしいとも思ってしまう。
主人公、ヒロインを見ていると「お前ら幸せになれよ!」と言ってやりたくなる。
今まで観た中で最も重いテーマを扱ったドラマ。多くの場合殺人を扱ったドラマは被害者家族のみフィーチャーされがちだが、このドラマの見所は加害者家族側の心情にも当てたところだろう。キャスト陣の配役も素晴らしく、とりわけ満島ひかりの幸薄さがベストマッチしている。
mochi

mochiの感想・評価

4.5
0
「好きでした」って書いた紙ナプキンでうっかり口を拭いちゃうところで100回泣いた。
kazco

kazcoの感想・評価

4.4
0
ドラマとして今観てもかなり攻めた作品だと思う。
実際の事件をベースに作られているとは描き方とてもリアルで、被害者家族と加害者家族のどちらにも肩入れせず、どちらの苦しみも同じように並行して描いているのは本当にすごい。
それだけに登場人物の感情のレイヤーが何重にも重なり観ているとしんどくなる、それに加え少年A(風間俊介)の感情のあるのかないのかわからない演技も、観ているらだけで怖く、そして不快。
時折、小休止的に入る瑛太と満島ひかりのボタンのかけ違いの様な掛け合いが唯一心の休まる時だった。
映画でもドラマでも、こういうテーマの作品は罪を犯した人が多少なりとも構成されていく話が進んでいくものだと思うけど、今作に限っては最後まで事件を起こしたあの日からの進歩が1mmも感じられない。
最後まで観終わった時に、ここに少しの希望はあるのか、あると信じたい、がそれよりも辛い現実が眼前に以前横たわったままで、本当に「それでも、生きてゆく」しかないよな…、て なる。
皮肉な運命、加害者と被害者、どうして出会ってしまったのか。
風間くんの激ヤバの演技を超えてくる、大竹しのぶの長ゼリフは名シーン❗
mamamoo

mamamooの感想・評価

5.0
0

このレビューはネタバレを含みます

殺人犯の妹である満島ひかりと、その被害者の兄の瑛太。加害者家族と被害者家族の話。

本当にこのドラマに会えて良かった。
ネットで評判が良かったから視聴してみた。
問題が問題なだけにずっとシリアス、だけどこの監督ならではのシュールな笑いが良い感じに入ってる。こういう雰囲気が好きな人にとっては最高のドラマ。
もちろん皆に見てほしい所ではあるけど、もう毎話内容が詰まりまくって重い、考えさせられすぎて頭がパンクしそうになるw
被害者の母親の大竹しのぶと、殺人犯の風間俊介の掛け合いが凄すぎて忘れられない。
満島ひかりと瑛太の絶妙な掛け合いも、被害家族の柄本明と大竹しのぶ、加害者家族の時任三郎と風吹ジュンの葛藤も。
風間俊介の犯罪者の演技も、満島ひかりの妹・福田麻由子の演技もすごく良かった。
このドラマ見てからドラマを見るハードルが上がって、面白いと思えるドラマがなかなか最近見つからないw
>|