ブロードチャーチ ~殺意の町~ シーズン1のドラマ情報・感想・評価・動画配信

「ブロードチャーチ ~殺意の町~ シーズン1」に投稿された感想・評価

inside山

inside山の感想・評価

5.0
0
今まで見たドラマの中で1番ハラハラしたし、こんなに最後まで犯人がわからない、みんな怪しい、その緊張感が一切緩まないドラマ初めてだった。デイヴィッドテナントと、オリヴィアコールマンをはじめとする役者陣の確かな演技力に圧倒されました。
HopeKN

HopeKNの感想・評価

4.6
0
豪華キャスト陣の素晴らしい演技👏👏👏👏👏
David TennantのScottish accentがたまらない。イギリスの刑事ドラマの雰囲気大好き。
被害者の父親ほんとクズなんだけど。別れて欲しい。
ブリジャートン家のAnthonyが出てる!!
Sat

Satの感想・評価

5.0
0
Those 2 are magnificent. Love it
ロアー

ロアーの感想・評価

4.5
0
英国版「ツイン・ピークス」と言われている「ブロードチャーチ」観ました。デヴィテナ出てるからずっと観たかったし、ようやく「ツイン・ピークス」もS1観たので。

ドラマの始まりは、浜辺で発見された少年の遺体。小さな街で起きた殺人事件・・・次々と判明する住民たちの怪しい過去や関係・・・この辺が英国版「ツイン・ピークス」と言われる所以かと思いますが、本家「ツイン・ピークス」が半分夢の中みたいな世界だったり、あの音楽みたいにユーモアや軽快さあるのに対し、「ブロードチャーチ」はとにかく現実的でシリアスで重かった。

犯人最後まで分からなかった・・・というか知りたくなかった。
久々にずんと来る終わり方でちょっと引きずりました。
最悪。辛い。かわいそう。辛い。あの一言も重い。
後々思い返すと端々にヒントがあったし、最初から「知らない方がいい」って、幽霊の声が聴ける人が忠告してたのに・・・

でも、全8話ながらも見ごたえがあったし、ミステリー好きとしては間違いなく大好きなお話で満足感もたっぷりでした。犯人が分からなくて翻弄される感じとか、後味の悪さとか何となく関テレの「トライアングル」観た時と似てる。

デヴィテナは始終厳しい顔してたけど、犯人判明した後、途端に目がホンット優しくなっててびっくりしました(あとPC見る時だけメガネかけてたので俺得でした)
今作、アメリカで「グレースポイント」って名前でリメイクもされて(でもS1で打ち切り)、そこでもデヴィテナが主演なので、ちょっとそっちも観たい。観た過ぎる。

でもその前に、肝心の今作の続編―――こんな小さな街だし事件解決しちゃってどうするの?って思ったら、まだS1の事件引きずるみたいですね。もう絶対辛いの決定。
アマプラにレンタルあったのでまた一気観したいです。
mimotoxmimoto

mimotoxmimotoの感想・評価

3.5
0
最初は『トゥルー・ディテクティブ』S1みたいな田舎のやだみ系かなと思ってたんだけど、人は何人たりとも他人の心のうちを知ることはできないし、知ったところで幸せにもなれるわけないというやつだった。
知ったつもりだった人の知らない顔を見せつけられる痛みが尋常ならざるヘヴィーな後味を遺す。

それにしても、オリヴィア・コールマンの演技って、ものすっごくシリアスで心が圧死するようなベタな場面でも、独特の乾いた雰囲気でシーンを圧倒するから、なんだか見たことのないものを見てる気持ちになる。
テナントさんもよかったな〜。

でもこの続きは特に見たい感じはしないかな〜
所謂田舎の村の闇モノだけど、思わせぶりな住人のヤツらたちとか俳優陣の力で引き込まれつつは観られる。
ただ、終盤に向かうにつれて結構致命的だと思う夫婦の亀裂意外とあっさり修復された感あるなとかやたらめったら無能な警察(殺人なんて起こらない田舎なのでそうなんです、ということかもしれませんが)とかでそんな無能警察なので事態の解明は特に警察の尽力·捜査力ではなく向こうから勝手にやってくる感じとか本筋の周りがやたら気になるな、ってところがあった。
あと、「スロー映像+いい感じの音楽」って演出が多用されるのがやはり後半になるにつれてうんざりしてくる。

と文句ばっかり書いたけれども、幹である「犯人誰なの?」と俳優陣の演技力·魅力で観せ切る力はあると思う。

このレビューはネタバレを含みます

重くて暗いが見応えがあるし、自分の放った言葉が自分に返ってくるのもウッてなりました
あーびん

あーびんの感想・評価

4.1
0
イギリス版『ツイン・ピークス』との呼び声に納得。
重いよ~ しんどいよ~ せつないよ~

海辺の田舎町で起こった11歳の少年の殺人事件。
昨日まではよき隣人だったはずの町の人々の秘密や
悲しい過去が次々と暴かれていく...

地元のおばちゃん刑事を演じる
オリヴィア・コールマンが普段のほほんとしているのに
犯人と対面したときにみせた様々な感情の噴出っぷりに
オスカー女優の実力を感じた。

偏屈な上司アレックを演じるデヴィッド・テナントの
たまに見せるさりげない気づかいに胸キュン。顔がいい。
でもあんなにファーストネーム呼びを嫌がったのにそこで呼ぶの...
Hanae

Hanaeの感想・評価

5.0
0

このレビューはネタバレを含みます

普段刑事ものは観ないけど、これは一気に観ちゃった。デイヴィッドテナントきっかけだったけど、観て良かったと心から思えた。あれだけ引っ張っておいて悪意のない殺人だったのが意外すぎたけど。それにしてもイギリスやっぱいいな
テナントさん目当てで見たけど、すごい良作だった

観光業がメインの田舎の小さな街で地元の少年が殺され、地元の刑事ミラーと他所から異動してきた刑事ハーディーの二人がメインで犯人を探していく

平和な街で起きた悲惨な事件に戸惑う中、ミラーは知っていたはずの街の人間の知らない面に直面し疑い捜査することに慣れていく
一方ハーディーはミラーの上司として捜査を指揮する一方で自身にも秘密があり表面的には無愛想ながらもどこか影がある

街の人間の関係性や過去、秘密が徐々に暴かれていくストーリーにのめり込んでしまった

そのストーリーに合った海と聳え立つ大きな崖というローケーションを背景にしたオープニングタイトルが本当に美しいし、エンディングの音楽も解決しない事件の不安感と見えない重さを感じてすごくよい

次シーズンも絶対見たい!!
>|