まめまめまめちゃん

秘密の森のまめまめまめちゃんのレビュー・感想・評価

秘密の森(2017年製作のドラマ)
4.2
「インサイダーズ/内部者たち」で検事役を好演していたチョ・スンウと、「私の少女」ペ・ドゥナが共演する検察と警察の物語。韓国ドラマは見たことなかったのだけど、これは見ようと思ってました。

チョ・スンウの現場の状況を一瞬で把握するキレキレ頭脳と社会病質者的性格はまるでシャーロック・ホームズ(ベネディクト・カンバーバッチのほうね)のよう。ぺ・ドゥナは真に相棒を理解してるジョン・ワトソン(マーティン・フリーマンのほう)みたいな存在だった。検察と警察って立場は違うけど、これまでの韓国ノワール作品のように警察は無能で検察に全権委ねられてる的ではなく、検察の汚職を共に暴く意味ではリアルでした。また現場を脳内で検証する際に、その場に本人いるかのような演技が入るのも楽しかったです。

アイツとコイツが悪いヤツでしょってのは最初からわかるんだけども、引っ張って引っ張って拗らせましたねぇ。友情を育てる時間があるのはドラマのいいとこだけど、週末に一気見したいけど平日はガッツリ仕事だし〜みたいな時間ない人には長すぎるかも。

チョ・スンウの笑顔が見れて良かった!感情が徐々に芽生えて社会性が育っていく過程が上手に描かれていて、やはりこの作品はドラマで正解。脚本が素晴らしかったと思います。