夏来

大統領の陰謀の夏来のレビュー・感想・評価

大統領の陰謀(1976年製作の映画)
3.7
ウォーターゲート事件について調査したワシントン・ポストの記者二人による手記をもとにした映画。ダスティン・ホフマン、ロバート・レッドフォード主演。

BGMなどの余計な装飾の一切省かれたシンプルな場面展開でありながら、ストーリーのスピード感でぐいぐい引き込まれる。
セリフに込められた意味の多さにかなりの集中力は必要とされるが、しっかり見ていくと、ラスト30分で胃液がせりあがってくるほどの緊迫感を味わえる。

監督は「ソフィーの選択」のアラン・J・パクラ。