てなもんや東海道の作品情報・感想・評価

「てなもんや東海道」に投稿された感想・評価

mitakosama

mitakosamaの感想・評価

2.8
東宝版てなもんや三度笠の映画第一弾。初見は浅草東宝オールナイト。

おなじみ、あんかけの時次郎と珍念。
清水次郎長伝を絡めたストーリーで、次郎長をハナ肇が演じる。同年公開のクレイジーの無責任清水港とのリンクを感じさせるラインナップだね。
クレイジーからは植木等と桜井センリ以外が出演。でも無責任清水港とはハナ以外のキャスティングは違うんだよな。谷啓は森の石松から別の侠客に。
犬塚弘は吉良の仁吉。安田伸・石橋エータローも出演。どうせならキャスティングは揃えて欲しかったな。大政も平田昭彦から藤木悠に変わってるし。

旅の途中で、珍念が寺に住職として入り、時次郎とは別れ離れに。
伴淳三郎演じるやくざの親分と、次郎長側とでいざこざが起きる。
各々で間に立ち争いを止めようとする時次郎と珍念が奮闘する。

次郎長側には、小政になべおさみ。
バンジュン側の子分には、漫画トリオ。横山ノックにまだ横山パンチだった頃の上岡龍太郎。
ヒロインに、梓みちよと浜美枝。チョイ役の瓦版売りに加藤茶。
他にもゲストが大勢でとても豪華。
丹下左膳のパロディキャラとか見所も多いわ

しかし、前半のインチキ宗教の施設に殴り込むシーン、いる???
おもしろいけど本編に全然絡まないエピソードなんだよなぁ。
おかげで途中で中だるみする印象がある。
テレビシリーズレギュラーの鼠小僧も出てくる。でも次郎長とは若干時代が違うんじゃないのん???てなもんやの時代設定がイマイチわからん。

時次郎ってキャラに似合わず結構腕が立つ。植木等の追分の三五郎と違い真っ向勝負で斬り合って勝っちゃう。割と見せ場もあるんだよね。

ギャグも、掛け合いもとっても切れてる。
スットントロリコ スチャラカチャンチャン