健一

アラジンの健一のレビュー・感想・評価

アラジン(1992年製作の映画)
-
金ローにて再鑑賞。

'92年 公開時に劇場鑑賞して以来なので、27年ぶり! 自分でもビックリ。

公開当時の'92年頃は 3D も IMAXも4DXなども当然無かったが、
銀座や渋谷などの大きな映画館などには 客席のど真ん中 つまり一番観やすい席は 指定席 として料金が2500円だった。

今、冷静に考えると超ボッタクリ。 ただ位置がど真ん中なだけですよ。

当時、まだまだ "ガキんちょ"だった私は、大好きだった女の子とどうしても 初デートで、指定席で、アラジンを渋谷で観たくて 必死にお金を貯めていました。

少年ジャンプは拾い読み、お菓子 ジュースは禁止、2カ月位買い物をしませんでした。

そしてやっと貯めた5000円。彼女を誘い、渋東シネタワーに電話予約して劇場にて本作を堪能しました。

そんなほろ苦い昔のことを27年ぶりに思い出してしまった。


これは私の 超個人的な意見です。批判しているわけではありません。

ミュージカルの吹替版って どうしても抵抗がある。オリジナルの素晴らしさが全く伝わってこないというか。
歌詞も強引に曲に乗せてる部分もあるし、

やっぱりジーニーはロビン・ウィリアムス でしょう!

金ローでアラジンを観るまで実写版を観るのを控えていた。
やっと劇場に行ける!